巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

なんでそんなにスパンパートナーが見つかるの?

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









皆さん、スパンしてますかー?(*´▽`*)







ということで、なぜかスパンしまくりな俺。(2月13日(火)時点で48スパン)

ここ最近の先発ローテーションは、タイ人、インドネシア人、台湾人、日本人、香港人、香港/オーストラリアのMIXと多様であるわけだが、その中でも1月の最多スパン数はタイ人だった。
次いでインドネシア人。
この間タイ人が帰国してしまったので、2月に入ってからは台湾人、インドネシア人という順位となっている。



香港在住の友人から「なんでそんなにスパンパートナーが見つかるの?」と質問を受けるが、答えは「探してるから」というシンプルな答えに他ならない。
時間があればアプリを開き、めったやたらとメッセージを送り、メッセージのやり取りが始まったらそこから一気に攻勢をかけて、実際に会うところまでもっていく。
会ってからはあの手この手で自宅に誘導し、「マンコ、濡れてますか?(*´▽`*) ニコッ」と聞くわけだ。








マンコが濡れればしたくなる




ポンチが立てば入れたくなる








これは自然の摂理である。





15ab253f3e90b9bfe46e75157c073237






人間の本能に従った簡単なルールであり、人間という生き物はすべからくそうしたくなるようにと遺伝子レベルで設計されているのだから、理性という言葉を盾に抗ったとしても「無駄な抵抗」でしかないのだ。






というわけで、スパンをする事は健全な男子である証と胸を張って、堂々とスパンしまくれば良い。




先発ローテーションの中でも、インドネシア人達はスパンに貪欲であることが多く、ただ単にスパンがしたいから俺のところに来るという子が多いと断言出来る。
ただし、とびきりかわいい子とばかりスパン出来ているわけではないので、「スパン野郎め、いっつも良い思いしやがって。許さんぞ!!( ゚Д゚)」などと思わないように。




images (2)





時折・・・、というかほぼ全てのインドネシア人がそうだったが、デブであり、かわいくない。
街中で会ってもすれ違っても振り向く事が無いレベルだと言うと想像しやすいだろうか。





が、それでもスパンはする。





したくなってしまうのだから、スパンはする。
割り切ってスパンだけで良いと思えるからこそ、本能の欲求を満たす為にその行為を行い、放出する。




全ては悔いのない人生だったと、笑顔で逝けるように。



hiruruku










そろそろ、この間行った弾丸ベトナムツアーの話をまとめようと思うが、書き終えたら一気に上げるのでお待ち頂きたい。











2018年累計スパン結果: 48スパン(2018/1/12)
 

ええじゃないか、ベトナム( ゚Д゚)

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









 直近の海外渡航の目的は、ベトナム・ホーチミンである。
ホーチミン在住の日本人の方々から、





キモいから来ないでくれ( ゚Д゚)






などと言われそうだが、すいません、行かせて頂きます。









在住の方々が遊ぶようなエリアとあまり重複しないとは思うのだが、仲間内で情報を共有する為にもエロスポットの探索はしようと思っている。
しかし、2泊3日の弾丸旅行なので、実際にはどこまで遊べるかも不明という状況であり、かつ、素人嬢達との約束を積極的にこなしていく事を最優先事項とする為、エロスポット探索は非常に限定的になる予定だ。




ホーチミンがおもしろいと感じる理由がいくつかある。

・街がきれいになった
・相変わらず物価が安い
・英語が通じるようになってきた
・時折日本語を話す子に出会う
・色白、小柄、巨乳の子が多い
・なぜかNN率が高い



これらの項目に共感を覚える人もいれば、そうでない人もいるだろうが、あくまで俺の主観で判断するならばこのような基準で、ホーチミンは「アリ」なのだ。
7年前ぐらいに初めてホーチミンを訪れた際よりも、俺が場慣れしているというのは間違いないが、それを以てしても上記の項目について、「変わったな」と感じる。
そして、前回の訪問の際に、スパンしなくても夜な夜な飲んで騒げるエリアがあると知った事が大きな違いであり、アドバンテージとなっている。

夜な夜な飲んで騒げるというのは、日本人向けカラオケ店ではなく、その辺のクラブやブイビエン通りの事を指しているが、こんなハゲデブサ男な俺が街中で話しかけても、優しく話を聞いてくれるというだけで、ベトナム人の人懐こさや優しさを感じてしまう。









そんな感じでベトナムについてあれこれ考えていると、ふと、バンコクや香港との比較をしたくなったので、スパンスパン王子の主観に基づいた各都市の特徴をまとめた比較表を作ってみた。

草稿としては完成を迎えたので、明日にも公開しようと思っている。
ちなみに、前もって書いておくと、ここの文脈からも読み取れるように過度にベトナムを贔屓した内容になっているので、「いやいや、そんな事ないやろっ!!( ゚Д゚)」とツッコミどころ満載かも知れないが、あくまで俺の主観を吐き出した資料でしかないので、数多くある意見の内の一つとして受け止めて頂ければ幸いだ。



詳細は明日。














2018年累計スパン結果: 28スパン(2018/1/22)

このページのトップヘ

見出し画像
×