巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その42~】ドンドンドンッ!!!!

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★





 


無事に銀行に到着。
ここは外銀なので、英語が完璧に通じる。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (585)



というわけで、俺はお目当てのカウンターに行き、使えなくなっている口座が使えるように手続きを行い、ついでなので現金をそこから引き出す事にした。

ベトナムの通貨ベトナムドンは、とにかくゼロが多い。
インターネットバンキング経由での残高照会は行えていたので、何となく残高は把握していたが、数年前に口座を開いた際に置いておいた定期預金がそのままになっており、気が付けば残高が9桁になっている。






130,000,000 ドンッ!!!





って、いくらやねん!!!!( ゚Д゚)












改めて言うと、「1億3千万ドンッ!!!」だ。











い、いち・・・1億だとぉぉぉぉΣ(゚Д゚)









とアタフタしそうものだが、実際には65万円ぐらいでしかない。(1VND=0.005円ぐらい)

口座開設した際に50万円ぐらいをベトナムドンに両替し、使う目的も無かったので全額定期預金にして放置しておいたのだが、当時は定期預金で10%を超える金利がついていたので、数年経ったところで残高がグングン増えていたのだった。






というわけで、今回のスパン代は全部金利で賄えたという事になるのである( ̄ー ̄)ニヤリ









とはいえ、銀行口座が凍結されたままだと、その潤沢な資金も引き出す事が出来ない。
ということで、カウンター越しに銀行員のおじさんと英語で会話。







ワシの口座が凍結されとるんじゃが、どうにかならんかのぉ?( ゚Д゚)







おじさんは俺のブロークンな適当イングリッシュを良く汲み取ってくれて、難なく口座凍結を解除し、続けて1000万ドン程度の現金を口座から引き出す事が出来た。

結果オーライ棚ぼたホクホク予算を手に入れた俺は、エロい事をしようかと考えたのだが、ガラガラとスーツケースを引きずりながらエロい店を探す訳にもいかず、とりあえず近くの観光地を経由しながらバックパッカーが集いそうなエリアで宿を探す事にした。




とはいっても、とりあえず腹が減ったので道すがら何か食おうと考え、銀行のレセプションにいたお姉さんに声をかけた。



昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (583)







この近くに何かおいしいものを食べられる店を知りませんか?






お姉さんは暇そうだったので、気さくに答えてくれる。







近くにフォーのおいしい店があるから行ってみたら?







と、簡単な地図と、ベトナム語で店の住所と名前を書いてくれたメモをくれた。
ついでにお姉さんの電話番号も、、、と言いたかったが、そんなにかわいくもなかったので、空腹解消を最優先とした。


近くに病院があるという事だったので、その病院をGoogle Mapsで検索してもらい、そこまでのルートをなぞるように歩く事にしたのだが、教えてもらった場所に行ったものの、店が開いてない。

困ったなーとスマホの画面と周りを見比べたりしていたところ、後ろから英語で声をかけられた。





どうしたの?何か探してるの?





親切な若者(男)が手助けを申し出てくれたのだ。
彼にフォー屋の話をしたところ、「今日は休みだ」という回答があり、困ったなーと思っていたら、その若者がいた場所はバインミー屋だった。(※バインミー:ベトナム風サンドイッチ)

俺はこれも何かの縁だろうと若者の隣に席を見つけ、バインミーを注文してから、お礼を言うと共に世間話に花を咲かせた。


■バインミー屋

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (618)


■地図&ストリートビュー











サクサクとトーストされたフランスパンに、甘酸っぱい独特のタレに浸された野菜と、ジューシーな鶏肉が挟みこまれており、それを豪快に端っこからかぶりつく幸せ。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (601)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (603)



周りを見渡すと、何とも東南アジア然とした穏やかな光景が目に映る。
路上で行われる個人取引や、特に何をするでもなくただ座り込んでる人々、原始的なパイプのようなものを吸っている半裸の男性、店の軒先に吊るされた鳥かご、など。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (611)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (613)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (615)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (617)





当初は「とりあえず銀行に寄って、あとはコーヒー飲んでダラダラしてればいいやー」程度にしか考えていなかったのだが、自分が一人で異国の地にいる事を再認識し、さらに現地の人に助けられて、その人から話を聞いていると、今ここにいる自分が「旅人」であるという思いが俄然強まった。

旅人であるという感覚から、何となく身体に付きまとっていた倦怠感が一気に吹き飛び、俺は初めてのハノイを観光してみようと思い立つ。




その直後に思いついた風景・・・、それは池だ。







「ハノイ = 池」って、お前の頭ん中はどないなっとんねん!!






というツッコミもありそうだが、俺の中では「ハノイ = 池」だった。
いつだったかハノイについて調べていた時に、「伝説の池がある」という話を見つけ、その池についての伝承などを調べて興味を抱いていた。






ホアンキエム湖である。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (605)






俺がさっきまでいたPacific Palaceからホアンキエム湖までは、テクテク歩くと20分程度。
そして、フォー屋を探して既に少し歩いてきているので、あと15分程度で目的地に到着できるだろうという距離にいる。








ベトナムという国は、いわゆる発展途上国なんだろうと思う。
それなりの社会インフラはあるが、裏路地に入ると野ざらしになった散髪台を使って理髪店を営む人がいたりして、そして実際にそこで調髪をしている人がいる。
最近は中国でも見かけなくなった光景ではあるが、まだベトナムには残っている。

一方で、1887年から1954年の間は「仏印」と呼ばれたフランス統治下での生活があった為、いたる所でフランス文化が現地化して今も根付いており、いたる所でフランス風建築など、その名残を目にすることが出来る。
分かりやすい例で言えば、俺がさっき食べたバインミーや、市街地に残る教会やオペラハウスなどは最も代表的な例ではないだろうか。

歴史的に見れば太平洋戦争時に日本軍がベトナムへ進駐しており、終戦間際には「明号作戦」と発動してベトナム帝国の独立に成功したという関与もあり、そして終戦後に力を失った日本軍の弱体化を受けてホー・チ・ミン率いるベトミンが八月革命を起こし、ベトナム民主共和国として独立するという歴史が節目に関わる大きな存在となったのは言うまでもない。

大日本帝国と大東亜共栄圏構想の主たる目的についてはここで語らないが、僅か70年前には多くの日本人が海を渡り、西はビルマ(今のミャンマー)までを欧米諸国の植民地支配から解放し、自国領土としていた歴史と事実は信じがたい


■大日本帝国最大版図の地図(1942年)

nihon_saidaihanto1








大きく話が逸れたが、ホアンキエム湖を目指す事にした。











前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その41~】ハノイへと向かう
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1068556420.html

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その41~】ハノイへと向かう

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★





ATM探索の際に撮った写真が残っていたので、追加でUpしておく。
ドローカルエリアの市場のような場所と、そこを通りがかったベトナム美女だ。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (460)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (462)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (470)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (463)


素朴な感じがたまらない。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (464)



あと、食えるのかどうか分からないような果物のようなものもたくさん置いてあった。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (467)





というわけで、幻岬で散々スパンして満足した俺は、ハノイに向かう決心をした。



一夜明けて、俺は荷物をまとめてチェックアウトを済ませた俺は、昨日と同じようにバス停に向かい、ハノイ行きのバスに乗るためにバスターミナルを目指す事になった。

バスに乗り込んで車掌に乗車賃を払うと、ほどなくしてバスは出発した。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (527)



窓から見るドーソンの景色をカメラに収めながら、ドーソンから離れていく寂しさを感じていた。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (529)


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (531)







しかし、ドーソンという土地に未練はない。








次なる目的を果たすべく、俺は一路ハノイを目指す。

目的とは、数年前にノリでとある銀行で口座を開設し、そのメンテナンスをしなくてはいけないという今回のエロ旅行の主旨からはかけ離れた内容ではあるが、久々の訪越だったのでやっておかなければならないと考えていた。
ハノイを訪れたことが無かったので、ついでに観光も楽しもうという目的もあったのだが、ハノイ⇒バンコクの移動が控えていた為、ハノイは一泊限りの滞在予定しか組んでいない。(と言っても、ホテルは現地で探すという雑な予定)

俺が目指す銀行は、ハノイ駅近くのPacific Palaceにあるのは事前に調べて確認が取れていたので、ハイフォンのバスターミナルからハノイに行くバスに乗ってハノイへ向かわなければならない。
ドーソンから出ているバスの車掌に「ハノイ行きのバスに乗りたい。バスターミナルまで行くか?」と尋ね、車掌の若いにーちゃんは「分かった、着いたら教えるから黙って乗ってろ」と言わんばかりの笑顔を見せながら、指でOKサインを作ってみせた。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (535)



やや不安に思いながらも、俺を乗せたバスは無事にドーソン少し離れたバスターミナルに到着した。
Google Mapsを確認すると、ATMを探したエリアからそんなに離れていないのだが、地元の人が「ここからハノイに行ける」と言うのだから、行けるんだろうと適当な感覚でバスを降り、ターミナルへと向かった。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (537)





■ハイフォンのバスターミナル



昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (539)




ターミナルの建物は改修中のようだったが、中央の入り口から中に入り、適当に「ハノイ、ハノイ」と連呼しながら聞きまくり、カウンターでハノイ行きのバスのチケットを購入した。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (555)



カウンターで言われた場所に行き、「HA NOI」と書かれたバスに乗り込む。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (541)



何てことないありきたりなバスの内装だ。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (543)










ほどなくしてバスは出発した。
何となく外を見ていると、ハノイからハイフォンに来た時にバスを降りた場所を通り過ぎた。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (545)





あんまり気にしてなかったが、同じバスターミナルではないという事は、細かくバスの行く先を見て行けば移動時間にかかるロスを短縮する方法があるのかも知れない。












いや、もう来ないがな( ゚Д゚)









そんなどうでも良い事を考えていると、ハノイのバスターミナルに到着した
移動時間は2時間程度だろうか、大して遠いと思わない距離なので、ハノイからだとドーソンも近い(バンコク⇔パタヤみたいなもんか)のだと実感する。

■ハノイ バスターミナル




が、このバスターミナルはハノイ中心部から直線距離で約6㎞ほど離れており、しかも途中にある河に架かる橋は自動車専用なので歩くならば大幅に遠回りを強いられ、何だかんだと20㎞程歩かされることがGoogle Mapsの検索結果で分かっている。
俺が目指すハノイ駅近くのPacific Palaceまでは到底歩ける距離ではないという事で、バスターミナルからさらにバスを乗り継ぎ、一路目印となるハノイ駅を目指す事にしたが、腹が減ったので近所で何か食べられないものかとバスターミナル周辺をウロウロしてみる。









なんも無いやんけΣ(゚Д゚)










バスターミナルの隣には溜池のようなものがあり、悪臭を放っていたので、この付近で何かを食べようという気にはなれなかった。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (591)




さらに、食べ物屋の類は若干怪しい感じがする店しかなく、どうにも入る気にならない。
何かないかとズンズン歩き続けていると、鉄道の駅を発見した。

乗る気は無かったが、とりあえず写真を撮る。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (559)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (561)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (557)










■Gia Lâm Railway Station(Ga Gia Lâm)





このままこの駅から鉄道に乗ってハノイ駅に行くか・・・


とも考えたが、そもそも何時に来るか分からないような路線だし、ハノイ駅に行くのかどうかも知らないので、元来た道を引き返し、バスターミナルへと戻った。
ちなみに食事は諦めた(-ω-)/


バスターミナルでは、またもやその辺の人に「ハノイ駅!ハノイ駅!」と聞きまくり、「01番のバスに乗れ!」と言われたのを素直に信じて、そのバスに乗り込む。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (594)



バスで移動中も、Google Mapsで現在位置を確認しつつ、最寄りの場所でバスを降りられるようにと神経を張り詰めていると、そこそこ近い所を通過するようなので降車ボタンを連打してバスを止めた。(※降車ボタンは1回押せばいいんだよ!)


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (565)









バスを降りた位置から、目指すPacific Palaceまでは徒歩で行ける。


■Pacific Palace




交通量の道路を横断しようとすると、すっと横から手が出てきて俺を制止した。








んんん?なんじゃい、われぇ!!!( ゚Д゚)









と思ったら、くそ暑いのに長袖のデニムジャケットを着て、さらにフードまで被った少女が、無謀な横断を試みた俺を見かねて、横断するタイミングを教えてくれたのだった。

車列が途切れると、少女は無言で手招きし、同じタイミングで渡るように促してきた。











て、天使か・・・(*´▽`*)











フードのせいで顔がちゃんと見えないのだが、かわいい感じがした。





ありがとう(*'▽')





と謝意を伝えるが、軽く頷いた後に少女は黙って立ち去った。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (567)



記念に後ろから写真を撮り(※根性無し)、その後に声をかけようと追いかけて行ったが、すんでのところで少女は急に方向転換をしてカフェの中へと消えて行ってしまった。

何となくバツが悪いので、俺はとぼけた顔をしてそのままカフェの前を通過し、素直に目的を果たすべく、銀行へと向かった。












前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その40~】飲みまくり、ヤリまくり
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1068365421.html

このページのトップヘ

見出し画像
×