巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

カンボジアで天使に出会った話 第6話 ~気が付けば○○~

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









ホテルに戻って暇だなと感じた俺。(いや、仮眠しろよ)





おもむろに取り出したるは、






スマートフォ~ン!(普通だな、おい)




1050321848342





スマホを取り出して開いたのは、愛用している出会い系アプリだ。
そこで適当にカンボジア人の写真を確認しながらペラペラとめくっていき、マッチがあればメッセージを送るという作業をしていたところ、何も反応が無かったら寝るかーと思った矢先に、こちらが送ったメッセージへの返信があった。
こういう早い反応は売春婦からの営業である可能性が高いのだが、初返信だったのでとりあえず様子を探ろうとメッセージをさらに返信してみた。




どうやらもうすぐ仕事が終わるらしい。




ということで、ここで一旦素人だと認定しておく。
ここからはあの手この手で会えるように誘いをかけるのが俺の常道だ。



仕事が終わったら何するの?などと他愛のない質問をし、彼女に特に予定が無い事を確認すると、「時間があったらコーヒーでも飲もう」と誘い、ホテルまで来てもらった。
ホテルの前で女の子と合流する。名前は「J」としておこう。

が、俺が出会い系のサイトで見ていた顔と全く違い、そこにいたのはただのカンボジア人のおばさんである。
確かにプロフィールには35歳と書いてあったが、写真はばっちりメイクをして目鼻立ちがはっきりしている美人系の顔だったのだ。




ん、J?



そうよ、どうかした?




写真を見せながら「これ、本人?」という意図で尋ねても特に驚いた様子もないことから、メイクをすると大化けするタイプなのだろうと察した。
そして、俺の前にいるのはちょっと疲れた感じのおばさんなのだが、わざわざ来てもらったからにはせめてコーヒーぐらいごちそうしないと申し訳ないと思い、





じゃあ、コーヒーでも飲みに行く?





と打診した。

すると、





んー、別にコーヒー飲まなくても良いよ。

この後、ちょっとしたらいとこに会いに行かないといけないし、あなたの部屋でゆっくりしましょう。






と言うではないか。



・・・これは俺に抱かれに来たのか?(おい)





images






と勝手な勘違いを抱き、目の前のおばさんに欲情し始める俺。
諸事情があって、プノンペンに来る1週間程前からオナニーすら出来ない状況だったので、ちょっとでもスパンのチャンスがあれば猛烈に欲情してしまう発情期だったのだ。





・・・じゃ、じゃあ、俺の部屋に行くか。(※声は上ずり気味)






とホテルに入り、俺の部屋に向かおうとすると、レセプションから女の子のIDを預けていけと言われる。





が、なぜかこのおばさんはIDを携帯しておらず、「IDが無いと入れない」と断られてしまった。
しかし、おばさんがクメール語であれこれと伝えて、何かを見せたことによってOKが出たので、俺たちは部屋へと向かった。



が、いかに発情期と言えども、「このおばさんに欲情していいのか、俺」と自問自答をするぐらいの冷静さは保てていたので、部屋に入ってからもいきなりパンツを脱いでチンコをデーン!と出すような事は無く、極めて普通にお喋りを始めた。







・・・のだが、気が付けばなぜかオッパイを揉んでいた。






・・・そして、気が付けばなぜかクンニクバスターを発動していた。






・・・さらに、気が付けばなぜか昇天させていた。






・・・どこでどうなったのか、気が付けばなぜかフェラーリをされていた。






意外にもおばさんのフェラーリは気持ちよく、溜まっていたものが暴発しそうになる。







こ、これではいかんっ!!






と気持ちを切り替えてスパンに持ち込もうとすると、そこで断られてしまった。


a560907e






今日初めてメッセージのやり取りをして、さっき会ったばかりなのにスパンなんて出来ないわっ!!




てなことをのたまう。
そして、それは大いに正しい。

しかし、しっかりフェラーリをし、クンニクバスターで昇天もしているという矛盾に気が付いていないのか、お互いに全裸になっている状態でのこのセリフである。





そして、チンコだけは断固として拒否る。


a560907e




しょうがないので、そのしばらくおばさんの巧みなフェラーリテクを堪能し、未発射のまま終了した。
どうやらお別れの時間が来たようだ。





おばさんは恥ずかしそうに帰っていった。
そしてしばらくして「私はとてもシャイだから・・・ごめんね。でも明日もし会えたら続きをしましょう。」とメッセージを送ってきたのだ。









ケッキョク、ヤリタイノカ((+_+))







理性を抑えて立ち去ったものの、彼女のマンコが主張する性欲の部分には未練のようなものがあったのかも知れない。
しかし、旅先での時間の浪費は非常に好ましくないので、俺はたとえスパンが約束されていたとしてもJと会うつもりはなかった。








そうだね、時間があったら会おう。






0dbf1cf825d84d2fb73de86b3c6fa9b3






と、当たり障りのない返信をして、1時間程の仮眠を取った。












 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 



 

 

カンボジアで天使に出会った話 第5話 ~ハッピーK島のゲイ疑惑~

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設





★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






2日目。





コンコンコンコンコン!!!!!!


コンコンコンコンコン!!!!!!




ハウスキーピングです!!!!










と騒がしい声で目が覚める。
休日の目覚め方としては最悪な部類の方だろう。


とりあえずうるさいので、パンツ一枚で寝ていた俺はベッドから身を起こして腰にタオルを巻いて扉を開けた。




ガチャ





25歳ぐらいの若めの女子が清掃員の服装をして立っていた。
そして、上半身裸で腰タオル状態の俺を見ると、恥ずかしそうに顔を逸らせながら「へ、部屋の掃除なんですがっ!な、何時からにしますかっ?」と聞いてくる。
起きたばかりで時計も見ずに扉を開けたので、何時かも分かっていないのだが、「とりあえず30分後でお願いします。」と告げると、「わ、分かりました!」と一目散に立ち去った。







・・・そんなに俺って気持ち悪いのか?






と軽くショックを受けるほどの立ち去りっぷりだったので、そこで一気に目が覚めた。
気を取り直して時計を見ると、なんと朝の8時45分。
朝早めにハウスキーパーに起こされる事はこれまでにもあったが、朝9時よりも前に起こされる事は稀だと思う。
そして、時間が分かったと同時に、俺の愚息も「おはようございます!!!!!」と爽やかな目覚めをしていた事に気が付いた。



ああ、これか・・・・

このバカ息子めっ!!(てへ)



前日の夜に帰宅したのが夜中の2時ぐらいだったはずなので、寝不足気味な起床を強制させられた事になるが、起きてしまったので仕方なくシャワーを浴びてから朝食を取るべく部屋を出ると、そこには先ほどの清掃員がいた。
ちゃんと服を着ている俺を見て、ニコニコと微笑みながら「もう掃除してもいいの?」と声をかけてきたので、「うん、お願いします。」と伝えて立ち去った。



最上階にあるテラスがある朝食スペースで朝食を摂りながら、掃除が終わるのを待つことにしたのだが、ここの朝食がまた不味い。
一見普通に見えるフランスパンですら不味い。


2020-01-26 09.45.51



高層ビルが少ないプノンペンの空は広いのだが・・・

2020-01-26 09.45.49




あれこれ試してみたが、まともなのはコーヒーとシリアル(with 牛乳)ぐらいのもので、あとは正直食べなくても良いレベルだ。
たかだか3500円ぐらいの宿泊費に朝食が無料で付いてきているのだからえらそうな事は言えないのだが、ここで無理に食べてお腹を膨らませようとするぐらいなら、コーヒーだけサクッと飲んで外に出かけて2ドルぐらいの適当な飯を食うのが良い気がする。



あまりに不味いので食べるのを止めて近所を散歩しようかと考えていた時に、K島氏から連絡がきた。





おはようございます!
何してますか?





朝から起こされてしまったので、上で朝食を食べてます。

来ます?





はい、行きます!





という会話の後、K島氏はすぐに上に上がってきた。
そして俺が「ここの朝飯、クソ不味いっすよ」と言うと、全く手を付けようとしなくなった。
リスクテイクの基準が非常に極端な御仁なので、飯が不味いというと手を付けないだろうと予想はしていたが、徹底的に手を付けないあたりはさすがである。
一方で、謎の抹茶ピザにはガンガン手を出すので、極端なのである。


俺たちはそこで「今から何しましょう?」という会話をした後に、その辺をとりあえずうろうろしてみようという話になり、特に目的も無く歩き始めた。
道中、かわいい子犬や寺院を見つけて写真を撮り、カンボジア旅行をしているというアリバイ作りに努めていた。


2020-01-26 10.33.57

2020-01-26 10.34.02

2020-01-26 10.41.55





その道中、







あ、こんなところにもマッサージ屋があるな!

あとで行こうかな!!ホテルからも近いし!!






と、K島氏が唐突に叫んだ。

どれどれと俺が看板を見て見ると、



BGAY




・「パラダイスマッサージ」という名前
・ロゴにムキムキマッチョな男性と虹の意匠
・看板の端になぜか上半身裸の男性の写真




以上の点から、このマッサージ屋はゲイ向けのマッサージ屋だと判断した。

K島氏にそれを伝えずに黙って行かせるのも面白いと思ったのだが、知らずに入ってお尻を掘られてしまって歩けなくなってしまっても困るので、一応俺の見解を伝えておいた。








ここ、ゲイ向けのお店っすよ、たぶん。








それを聞いて、K島氏は驚いている。








えー!えー!そんな店があるんですか!?

うわー!






・・・喜んでいるようにも見えるのだが、そこの細やかな描写は省略し、とりあえずこの写真を見てもらって読者の皆さんに判断して頂こうと思う。





B2020-01-26 11.03.53







それからまた少し歩いてホテルの近くに戻ってきた際に、軽く飲みながらちょっとつまみましょうと近くの食堂のような店に入った。
焼きそばのようなメニューがあり、それが2ドルぐらいだった気がするが、俺は不味い朝食を食べたばかりでほとんどお腹も空いてなかったこともあり、とりあえずその焼きそばもどきをツマミにビールを飲む事にした。





2020-01-26 11.15.48











が、これも不味い。






ビールはどこでも同じ味だが、この一品がツマミにならないぐらいに不味い。
俺達はほんの少しだけ手を付けて、あとはひたすらビールを飲んでいた。

そして、「さっきのはたまたま不味いものを注文してしまっただけだろう!もう一品頼んでみよう!」と別の品を頼んでみたところ、





2020-01-26 12.35.06




やっぱり不味い。
ただの炒め物でこんなに不味く作れるのかーというレベルでだ。
もう飲むしかなくなってしまったので、俺たちは不味い飯に手を付ける事無く飲み続けた。








しかし、まだ朝の11時である。









午前中からほろ酔いになった俺は、二度寝しようと部屋に戻った。
あれから1時間半も過ぎているので当然部屋の掃除も終わっていたのだが、部屋に入ってちょっと驚いた。




2020-01-26 11.52.38





チップとして置いておいた1ドル紙幣が、きれいにベッドの上に置かれていた。




あれ?カンボジアってチップの習慣無いのか?




とか思ったが、習慣があろうがなかろうが1ドルぐらいは感謝の気持ちとして払っても良いと思っていたので、部屋の外に出てハウスキーピングの女性を探して、見つけたら「ありがとう」と手渡そうと思ったのだが、既に別の階に行ってしまったのか、もう見当たらなかった。
1ドルのチップも受け取らないのはなんだかくすぐったい感じがするのだが、とりあえず明日も試してみたいと思う。









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 





 

このページのトップヘ

見出し画像
×