巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設





★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★
 







深圳から昆明に入ってから更新を忘れていた。







あまりにも色々とあったからだ。





昆明へ向かう飛行機の中では、さっそくトラブルが発生。
搭乗開始時刻よりも早く搭乗手続きが開始されていたのは褒めるべき点だとして、その後がひどい。

人民達の群れに紛れて飛行機の中に入り、チケットに書かれている自分の席を探して突き進む。









16D、だよな。









案の定、俺の席には見知らぬブサイクが座っていた。
よくある事なので、もう驚かないが・・・

3列シートをジジババとブサイクが占拠している。



窓)ババア ー ジジイ - ブサイク(通路



と、こんな感じだ。










そこ、俺の席なんで、どいてもらえますか?









と、普通に話しかける。
ここまではごく当たり前の光景だろう。







が、次の瞬間、見知らぬブサイクは俺が手に持っていたチケットをものすごい形相と共に奪い取り、そのチケットが偽物ではないかと疑わんばかりの勢いで凝視し始め、さらにはこう言い放つ。










後ろの方の空いてる席に座ったらいいじゃない












・・・テメーコノヤロ(# ゚Д゚)











と思ったが、俺は冷静に「どいてくれ」と繰り返す。

すると、後ろがつかえないようにと気を遣っていたCAが大声で俺を叱りとばす。








後ろが詰まってるので進んでください!!







俺は後ろの人がなるべく進めるようにとスペースを作っていたが、どう見ても機内持ち込み不可なサイズの荷物を持った奴が俺の後ろで通り抜けられずに文句を言っていた。








・・・テメーコノヤロ(# ゚Д゚)







段々とカオスな状況が進行してきたところで、見かねたCAが介入してきた。
CAは席を譲らないブサイクに対して大声を張り上げ、チケットを見せるように命令した。
「ここは私の席だ!」と譲らないブサイクだったが、CAの命令に渋々従い、チケットを手渡した。







・・・あなたの席はその隣よ。








CAが言う。

そして、その瞬間に隣の席に座ってたジジババがうろたえ始める。









私たちは二人で並んで座りたいの!!!











・・・テメーコノヤロ(# ゚Д゚)










軽く殺意を抱いたが、ジジババもCAの命令に従ってチケットを手渡し、無事にブサイクの隣にしれっと座っていたジジイが、3列シートの真ん中の席から別の席に移動する事になった。





窓)ババア ー 空席 - ブサイク(通路





晴れて一件落着に見えたが、カオスはまだ続く。

ブサイクが占拠している通路側の席が俺の席で、真ん中の席がブサイクの席である。
ジジイが移動して空いた真ん中の席にブサイクがそのままスライドすれば、スムーズに片付くのだが、ここでブサイクがしれっと通路側の席に居座ったまま動かない。








・・・空いたから、そっちに移ってもらえますか?







俺が話しかけると聞こえないフリをかますブサイク。










・・・テメーコノヤロ(# ゚Д゚)










俺の怒りが爆発しそうになる直前で、このカオスを取り仕切っていたCAが命令する。









移動しなさい(キッパリ









ブサイクは渋々移動した。
俺は晴れて自分の席に座る事が出来たのだが、このやり取りが当たり前のように発生するのが中国の飛行機である。




飛行機は珍しく30分早く昆明へ到着し、俺は鉄道の駅へ移動する時間に余裕を持つ事が出来た。



 




前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その3~】深圳空港なう
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1061599836.html
  



 

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その3~】深圳空港なう

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設




7時過ぎの便で昆明に向かう為、朝4時に起きた俺。

昨日の仕事と徘徊の疲れはあったが、どちらかというとこういうハードスケジュールも特に気にならないタイプなので、4時半過ぎにはホテルをチェックアウトした。



image




中国の空港はかなり混雑するので、早めに行くべきだと思い込んでいた俺だが、予想に反して人が居ない。

いや、それなりに人はいるのだが、俺が想像してた「人民の群れがウワァーっといる感じ」ではない。



image





というわけで、結果的に「早く着きすぎて暇」よという状態な今である。
搭乗時刻までまだ45分はあるのだが、どこも開いてないのでただただボーッと過ごすしか無いが、久し振りに利用する深圳宝安机场だったので、用心に越した事は無かっただろうと、不満は無い。

ギリギリに行って焦ってしまい、大きなストレスを感じてしまうよりも、「早く着き過ぎちゃった、てへ」とかやってる方が気が楽でいい。



image





早起きは三文の得という言葉の通り、疲れて寝てしまっている少女のパンチラ(腰のところから見えるやつ)も頂いた。



image




中国の空港は保安検査が厳しくなっており、X線検査器を通過した後に、金属探知機を使って全身を再度チェックされる。

が、女性検査官に公衆の面前で全身をまさぐられるという辱めを受けるという、何とも言えない特典付きである。
そういうプレイがお好きな御仁には堪らないだろう。



ちまちまスマホでブログを書いていたら、いつの間にか目の前のカフェがオープンした。



image




腹が減ったので朝食を摂る。
コーヒーも頼む。



image






店員がかわいい( ゚д゚ )クワッ!!




image





搭乗時刻までここでノンビリしよう。





このページのトップヘ

見出し画像
×