巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

唐突だがVAPEを買った - Part2

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








前回のキモい間接チッスの「その後」だ。


かわいい香港人女子が一人で切り盛りしているVAPEショップには、俺を含めてまぁまぁキモい男子共が入り浸る場所と化しているが、それはやはり彼女の存在がそれらの男子共を呼び寄せてしまっているのだろう。
しかし、一度購入してしまうとなかなかアクセサリーなどを増やす余地もないVAPEという商品は、来店頻度を高める要因を生み出しにくく、ヘビーユーザーが周期的にジュースと呼ばれるリキッドを購入しに来るぐらいしか来店要因が無い。


というわけで、俺も彼女の顔を見に行きたいがために、追加のジュースを購入しに行き、そんなにハマる予定でも無かったVAPEという商品に関連するアイテムが、俺の机の一角のまぁまぁ大きなスペースを占有する程になってしまったというのは、致し方ない事である。

が、そんな風に金を使い続けていてもしょうがないので、堪りかねた俺は苦肉の一計を案じた。
それは、「ドストレートに「顔が見たいからお店に会いに行ってもいい?」と聞いてみる」という方法だ。






アルティメット






俺の中では最終手段とも言える手法だ。
何故なら、これで「嫌だ」とか「困る」とか言われたら、それは今後どう頑張っても脈は無く、スパンはおろか、お友達としてもいられなくなるぐらい気まずい雰囲気になってしまい、せっかく見つけたVAPEショップに行けなくなってしまうという大きなリスクを孕んでいる上に、そういう展開になる確率を何かのデータをもって測定する事が不可能なため、経済学的にはリスクと呼称出来ないただの冒険、いや、無謀な賭けでしかないからだ。

カジノで遊ぶ時に、「もうこれで最後だから」と手元のチップを全て賭けて「当たれば倍、外れればゼロ」というオールインのプレイをしたことがあるだろうか。


感覚的には、このトライもオールインに近い。
「いいよ」と言われれば、その先に期待が持てるが、「嫌だ」「困る」「死ね」とか言われたら、その子にはもう二度と会えないのである。








が、俺はチャレンジした。







もちろん、俺の中に微塵も自信が無かった訳ではない。
僅かばかりの武装で戦地に一人赴くランボーのような強靭な精神力を持っていない俺は、はなから勝ち目のない勝負が出来るような男ではないので、ある程度の勝算が見込める状況でのみ、オールインでの勝負で一気に形勢逆転させようとチャレンジする事が出来る。

※ちょっと話が逸れるが、カジノで遊ぶ時もそのようなメリハリがないと大勝は出来ないと信じている人間なので、同じ数のチップを張り続けるタイプの人とは性格が合わない事が多い。



いつものようにWhatsappで他愛のない会話をしてから、流れの中で例の言葉を送信する。







バルス




ダウンロード







滅びの言葉であるバルスを口にしたパズーのような気持ちで、俺はメッセージを送る。
(※個人的見解だが、ラピュタ王家の眷族ではないパズーが滅びの言葉を口にしたところで何の効果も無かっただろうが、あの時は雰囲気に飲まれてシータと共に大いなる決意をもって滅びの言葉を口にしたと考えている。)







顔が見たいからお店に会いに行ってもいい?












ドキドキ・・・・(;'∀')












もちろん!仕事が終わったらいつでもおいでよ!




















キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!








賭けに勝ったのである。
全てを失うか、少し前進するかという賭けにならないようなひどい内容の賭けだったが、ともあれ俺は勝利した。
こうして、俺は堂々とこの子に会いに行けるようになったのであった。


 



今週のスパン数(日~土): 3
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)


唐突だがVAPEを買った。

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★











昨日、唐突だがVAPEを買った。
VAPEとはいわゆる電子タバコの事で、決してこっちではない。



81XJuRowWGL._SY550_




俺が買ったVAPEは蚊にはよく効かないが、シーシャのようにあれこれ準備しなくても気軽に煙を吸えるところにあり、爆煙の為にトリックをしやすいというメリットがあるので、楽しそうだと思って買う事にした。
ちょっと話がずれるが、実は数年前に日本で購入し、その夜に六本木のクラブで紛失したという苦い経験を持つだけに、再び買う事に抵抗を感じていたものの、シーシャが無いような屋外のバーなどでものんびり出来る事から、これはありだと考えていた。


で、香港にもある某チェーン店に出向く事にした。
ここは何気にパンチラスポットなので、用事が無くても足繁く通う場所ではあるのだが、この日は目的がはっきりしていてパンチラなどには見向きもせずに、猫まっしぐら状態でVAPEショップへと向かった。
3畳ぐらいの小さなブースに並べられたVAPE本体とジュースと呼ばれるリキッドが並んでいるのだが、店の1/4程を占めるレジスペースにパンクなスタイルのおねーさんが胸元を露わにした格好で座っている。
スターターキットを買おうと思いながらあれこれ見比べるのだが、気が付けば視線はおねーさんの胸元へと向いてしまっていて、なかなか決まらない。



あ、あの・・・
スターターキットでなんかおすすめありますか?



もう考えられなくなってきたので、お勧めを聞いてそのまま購入しようとダメ人間の買い物方法を選択する事にした。

するとおねーさんは、



私が使ってるのと同じのがおすすめよ。
試してみる?



と、たった今自分で吸っていたVAPEを差し出し、俺に吸ってみないかと勧めてきた。







あれ?これって・・・もしかして・・・






間接チッス!?






と中学生みたいなドキドキ感が俺の脳を支配する。
とても言葉を発せられる状況ではないので、俺は精いっぱいの力を振り絞って首を縦に振った。
するとおねーさんは、ティッシュを取り出してドリップチップ(VAPEの口をつけるパーツ)を拭き拭きし、俺に手渡した。





あ・・・(ちょっと悲しい)





92f4b5345f46ab2f46638dfc71722229







何も言えずにそのまま吸ってみる俺。
思ってた以上に爆煙だったので、これを買おうと決意する俺。





・・・決意したものの、せっかくなのでしつこく間接チッスを味わう俺。





そんなわけで、あとは言われるがままにオプションやら何やらを追加し、思ってた以上の支払いになるも、黙ってクレジットカードで支払った。

そして、ここからが面白い。




帰りがけに、「お店のカードある?」と聞いたところ、店のおねーさんが「私の携帯も書いておくから、また来てね」とマジックで電話番号を書いてくれた。
別にそれぐらいは何てことないのだが、そこから「さっきはありがとう。また色々と教えてね」とメッセージを送ってみた。
本当に何も分からないので頼りにしたいという気持ちと、あわよくばあのおっぱいを揉んでみたいという素直な気持ちが入り混じってのメッセージ送信だったのだが、万に一つも可能性は無いだろうと思っていた。

そして、夜遅くに返信があった。
返信があるだけでもうれしいのだが、送られてきた内容は「仕事が終わって食事に行くの。疲れたー!」と普通のメッセージだったので、「お疲れ様!終わるの遅いんだね?」「一人で?それとも彼氏と?」と探りを入れてみた。
それに対してシンプルに「そうだよ(笑)」と返ってきたので、俺は盛り上がってたテンションを静め、友達になる作戦に出た。
「彼氏」というキーワードが出た以上、しばらくは「彼氏ネタ」をすべきではないからだ。



彼氏がいると言われても、その彼氏という存在を無視して会話を続ければよく、こちらから彼氏の存在を思い出させるようなネタを振ってはいけない。
彼氏の存在が罪悪感となって、楽しい会話をする事にネガティブになってしまう事がある為で、そこからより先に進もうとするならば彼氏の存在が気にならなくなるぐらいの期間を経過してからではなくてはならない。
敢えて彼氏の存在をプッシュするという別パターンもあるが、今回は出番が無いだろうから、また別の機会に紹介しよう。


とりあえず、しばらくは様子見だ。
 







今週のスパン数(日~土): 4
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)



このページのトップヘ

見出し画像
×