巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

本気で引退を考える

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








本日、新元号「令和」が発表された。
日本人にとっては新たな時代の到来を感じさせると共に、どこか懐かしいような気持ちすら覚えるフレーズで、個人的には好きだ。



ダウンロード




そして、実際に元号が変わる日、そう、新時代の到来があと1ヶ月に迫っている。
現実世界ではカレンダー上の表記が変わるとか、令和生まれの新生児の誕生とかそういう程度の話題が続く程度で、俺のような底辺世界に生きるクズには全くもって無縁な話ではあるが、この新時代の到来に合わせて引退を考えてもいいのでは?と考えている。


そもそも俺にとっての「引退」とは何かを定義しておく必要がある。


通常であれば、身を賭して何か物事を成すことに注力してきた事をやめるという意味となるのだが、俺の場合はスパンを辞めるという事になるのだろうか。

しかしスパンを辞めるというのは人間として本能に逆らう事にあるだけでなく、男という生物としての意義を失う事になるので、そんなことが出来るはずもない。




であれば、そう、ブログを閉じるという事になる。




俺がこれまでブログを更新してきたのは、別に俺の変態な性生活を誰かに知ってもらいたいとか、ブログを通じて興味を持ってくれる女子と知り合ってスパンしたいとか、そういう事では無かった。
ただ単に俺は自分の生活の一部であるスパンという行為を文章として記録し、俺が実体験を通じて得た知見を店舗の情報などと共に伝えることで、海外で夜遊びする人の助けになると期待したからである。

ただ、スパンヤオと出会ってからは、多少その目的が変わってきたのは事実である。
スパンヤオという読者に出会い、俺は俺の下らないブログを楽しみながら読んでくれている読者がいる事を知り、そしてその読者の存在を意識して文章を書くようになっていった。



こんな風に書くとスパンヤオが喜んでくれるんじゃないか?

スパンヤオはこんな事を知りたがってるんじゃないか?



そんな風に読者の気持ちを想像しながら文章を書き綴る日々は楽しかった。




SlbnR





そして、ここ最近ではスパンヤオがどんなことを期待しているのか、俺がスパンヤオを喜ばせる事が出来ているのかどうか、という点に疑問を抱くようになっていた。
日常では当たり前のようにスパンをしているが、それをネタに文章を書く気が起きなくなってきていたのは事実であり、その気持ちがどんどんと萎んでいっているのは正直なところだ。


モチベーションの低下、すなわち良い文章を書き残すことが出来ないという結果に繋がり、これまで読んできてくれた読者をかえって落胆させてしまうのだろう。




ea3d2c18








そう、引退だ。






ブログを止めよう。






これからもスパンはするが、それを誰かと共有する必要はなくなる。
何か物足りない気持ちが芽生えるかも知れないが、本来はそうやってみんなこっそりスパンを楽しんできているはずである。

こんな気持ちを文章につづりながら、俺の気持ちが固まった。






スパンスパン王子から、皆様に心から感謝の意を表したいと思います。

読者の皆さん、長い間ご愛読頂きましてありがとうございました。











2019年4月1日(月):エイプリルフール



【香港女子:J ~その4~】代打の神様に俺はなる

カテゴリ:
XEMarkets 口座開設



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






■前回:【香港女子:J ~その3~】思いがけないオファー



 



ねぇ・・・、私のセックスパートナーにならない?





Jの口から、まさかのセフレオファーが出た。
俺とスパンをしまくった後に、「私と付き合う気無いよね?じゃあ、もうこれ以上会わない。」と自ら距離を置いたJが、しばらく時間を空けた後にセックスパートナーとして俺を指名するという漫画のような事態が発生した。
その言葉に内心驚いたが、俺は極めて冷静を装いながら短く「いいよ」と返事をする。






え・・・?いいの??





あまりのあっさり加減に、J自身が驚いていた。
そして、満面の笑みで「うれしい!」と喜んでいた。

セフレが出来てうれしいのか、俺とまたスパンするのが楽しみなのか、その辺はなんとも言えないが、とにもかくにも俺のJの間にはセフレという関係が成立した。




が、その日はJが生理だという事もあり、俺たちは「またそのうちに(お互いがヤリたくなったら)ね。」とユルい感じでスパンアポを取る事にした。

Jが俺にコンタクトを取ってくるとすれば、また彼氏とのセックスレスの期間が出来て、彼氏の隣でオナニーするような禁断症状とも言える状態になってからだろうが、俺はそれまでにも適当に彼女と会いながら彼女の気持ちを揺さぶるつもりでいる。
だが、俺はJとはあくまでセフレの関係であるために、彼氏と別れて俺の彼女になれとは絶対に口にしないし、基本何があるかも分からないので電話をしたりすることもないだろう。



俺の中では、セフレはあくまでも「代打」である。
しかし、かつて「代打の神様」と呼ばれた阪神の八木選手のように、代打で起用されたタイミングで逆転満塁ホームランを放ってしまうような、そんないぶし銀の活躍を見せたいと思っている。
そして、出来る事ならセフレの俺としか出来ないような願望を素直に伝えてくれる、そんな関係になりたいと思う。











ああ、勃起が止まらない。(※「八木選手ハァハァ(*´Д`)」ではない。)






ーー完ーー




〇【香港女子:J 】全4話
 第一話:【香港女子:J ~その1~】唐突なDo you miss me?
 第二話:【香港女子:J ~その2~】セックスレスという悩み
 第三話:【香港女子:J ~その3~】思いがけないオファー
 第四話:【香港女子:J ~その4~】代打の神様に俺はなる



このページのトップヘ

見出し画像
×