巷で有名なうちのボス「S氏」の発言がきっかけで立ち上げたブログ。
別名:おれたこ日記。

ブログ内では、タイ・マカオ・中国(東莞常平)の夜遊び・スパン(風俗)情報をお伝えしていく予定だ。

XEMarkets 口座開設
Amyのおかげで、マカオに対しての恐怖を払拭する事が出来た俺は、それまでとは変わってマカオへの興味が大きくなり、マカオに行きたいという欲求と日々戦わなくてはいけなくなった。
普通に会社勤めいをしている身分である俺が毎日マカオに行けるかと言うと、それはやはり難しい。確かに、マカオは香港からフェリーで一時間の距離にあり、そのフェリーも24時間運行しているので、やる気と金と時間があれば出来るだろう。

しかし、俺には時間も無ければ金もない。
毎日遊んでも困らない程に金があれば、文字通り毎日遊ぶ為にマカオに通うだろう。
そう、やる気はあるのだが、やはり現実から目を背けるわけにもいかない。

そうして普段は仕事をしながら、週末はマカオに遊びに行くという生活をする為にはどうすればいいかと真剣に考えることにした。
条件はこうだ。

 ・渡航ペースは月1~2回
 ・可能な限りサウナクーポンを買う
 ・さらに可能な限りサウナの外で女の子に会う


条件について少し触れておくと、渡航ペースを月に1~2回のペースにしたのは、毎週末ではなく月1~2回であれば、食費を削って遊ぶ費用を捻出する事が出来ると考えたからである。
また、マカオで遊ぶ費用は、18サウナでゆっくりする前提で考えると、最低でも1,678HKDは必要になる。このお金でクーポンを買うと、もれなく往復のフェリーチケットが付いてくるのでお得で安心なのだが、日本円に換算すると約2万円となる為、心の底から「安い」と思える金額では無いからだ。

ところが、これをサウナに行く事無く女の子と直接会う事が出来れば、フェリーの往復料金として300HKD少々+食事代(マクドなら30HKD程度)ぐらいで済んでしまう。
誰の目から見ても、ここを目標にする事のメリットが大きい事は明らかだろう。

いずれこの目標に到達するまでの経緯を、詳細にお話しする機会があるだろうが、今はその時では無いのでお待ち頂きたい。


ところで、マイタン大賞の投票がすごいことになっている。
今月末の前期分締切を目前にして、タンク将軍との一騎撃ちが俄然熱を帯びてきた。
タンク将軍の熱烈なファンによる連続投稿により、タンク将軍が現在トップとなっている。
マイタン大賞で投票数一位となると、もれなくマカオずっぽしクーポンが賞品として与えられるとあっては、スパンスパン王子としては一位を狙うのがもはや避けて通れない使命だと言えるだろう。

これを読んで頂いている皆様には、是非ともスパンスパン王子への投票をお願いしたい。
もちろん、賞品を獲得した暁には、そのクーポンを利用してマカオへ行った様子をおれたこ上でご報告することを約束する。

■マイタン大賞投票ページ
 http://goo.gl/8T3s

XEMarkets 口座開設
無抵抗な状態がどれぐらい続いたのだろうか。
Amyがこちらを眺めている時間が永遠とも感じられる程に、時間を忘れてしまっていた。

Amyがそんな俺の状態に気付いたのか、小悪魔的な笑みから穏やかで優しい笑顔へと表情を変えて、優しくほっぺたにキスをする。
その瞬間に俺は魔法が解けたかのように我に返り、Amyを見つめ直した。
Amyもその変化に気付いた様子で、優しい笑顔のまま顔を近づけて唇を重ねてくる。

この段階でようやく自分を取り戻した俺は、攻防一転し、一気にマウントポジションを取り、それまでとは逆にAmyを上から見下ろす。もちろん、悪魔的な笑顔でだ。
Amyは俺にようやく火がついた事を喜ぶかのように、横たわったまま再び小悪魔的な笑顔で俺を見上げ、かわいくウインクをした。


ここから先、その空間にいたのはただの一対の獣である。
余計なことは考えず、それがどれぐらいの時間だったのかは、もはや問題では無い程に無我夢中に、ただお互いの本能に従ってお互いを貪り合った。

そして、全ての力を出し切った俺は、俺の腕を枕にして寄り添ってくるAmyと共に、深い眠りへについた。
当初警戒していたのは何だったのかと拍子抜けするほどに、Amyに気持ちを許し、安心しきっていた俺がそこにいた。


こうして、新たなマカオでの過ごし方を発見した俺は、今後この方法こそがマカオを120%楽しむ方法であることだと確信を持ってマカオに通う事になった。

(※必ずしも安全とは言い難いため、真似をされる際には十分にご注意頂きたい。)

このページのトップヘ

見出し画像
×