カテゴリ:

スパン指数考察2013年度版-中国

マカオに続いて、スパン指数考察を進めよう。


■スパン指数考察対象国
 1.タイ
 2.マカオ
 3.中国
 4.台湾
 5.香港
 6.日本


中国は言葉の問題と政治的・法律的問題から敬遠されがちだが、実は一大エロ国家でもある。
中国人という人種は、酒と女と煙草をビジネスの道具として利用する商習慣があり、接待だと言いながら夜総会へ連れて行かれる日本人も少なくない。

中国での遊びは、大きく分類すると3種類。
 1.夜総会
 2.桑拿(サウナ)
 3.置屋

他にもネット上での援助交際などもあるが、こちらは詐欺も多いので、スパン指数には組み入れずに考察を続ける。
まず、夜総会だが、こちらはもっとも有名かつ高級なジャンルの遊び方になる。
日本の風俗には無い仕組みだが、かいつまんで説明すると、巨大なキャバクラで飲み食いし、横についた女性をそのままホテルに連れて帰る事が出来るシステムだと言える。
売春が違法な中国だが、夜総会はシステムとしてこのような仕組みが出来上がっており、どこの都市に行っても夜総会に行けば女性と遊ぶことが出来る。
しかし、夜総会独特の遊び方があるので、これは事前に覚えておいた方がいいだろう。

 ・グループ毎に個室が用意される
 ・嬢達と共に酒を飲み、カラオケまたはゲームをして楽しむ
 ・盛り上がってから嬢を連れ出す

マカオの夜総会などは、この辺のプロセスをすっ飛ばしてホテルの部屋をあてがわれる事もあるが、本場の夜総会はそうではない。
むしろ、その部屋の中でのプロセスを楽しむ事に重点が置かれており、ホテルに戻ってからのスパンスパンは別の楽しみとされている。
その為、ある程度は中国語を話せないと全く楽しめず、嬢が何を考えているか分からないままにホテルで一夜を過ごす事になる。

付け加えておくが、夜総会の小姐達はマグロ嬢である事が多い。
というのも、サウナの嬢と違い、そういうトレーニングは一切受けないからだ。
見方によっては素人っぽい反応を楽しむ事が出来るので、好きな御仁にとってはたまらないのかも知れないが、風俗ならではのサービスを求める御仁には全くつまらないスパンスパンになってしまう可能性もある。
その為、全く話せなくてもコミュニケーションが取れるように、この本を持参するといいだろう。

指さし会話帳 中国語


また、最近では任天堂3DSを使って同じように会話をすることが出来るが、書籍の方が一緒に見ながら和気あいあいと楽しめるので、そちらをお勧めする。

DS版 指さし会話帳
中国語

心構えが出来たならば、次は夜総会に突入し、小姐手順を紹介しておこう。
大まかな流れは以下の要領で進める。

 1.電話で夜総会に予約を入れる
  ↓
 2.花街(顔見せ)が始まる前に入店する
  ↓
 3.花街で好みの女性を選んで、カラオケ部屋に移動
  ↓
 4.酒を飲みながらカラオケやゲームで楽しむ
  ↓
 5.盛り上がったら、会計をしてホテルへ移動
  ↓
 6.思う存分スパンスパン

夜総会の電話番号などは、WEBサイトなどで検索して調べるのが望ましいが、周りにエロい人がいればその人に聞いてみるといいだろう。

では、その夜総会などの安全性・コストパフォーマンスはどうだろうか。
安全性という面で言うと、夜総会で騒いでいる分には安全である。
というのも、そこでは「ただ女性と飲んでいるだけ」なので売春ではないからだ。
公安もその状態では問題として取り上げる事はまずないだろうが、くれぐれも気を付けておきたいのは、そこが「アウェイ」である事。
常に「敵地で遊んでいる」という感覚を持って、ハメを外しすぎないようにしておいた方が色々な面で安全であることは間違いない。
今後もしつこいぐらいに繰り返す予定だが、中国で公安に捕まると人生を棒に振る可能性があるので、危ない橋は渡らない事だ。

コストパフォーマンスについては、システムがやや複雑になるので、次回まとめよう。

更新が待ちきれないという読者の方は、上海の情報になるがこちらの書籍をお勧めする。
買って予習しておいてもらいたい。

上海夜遊び地図



2013年累計スパン結果: 集計中 (2013/3/20)