カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★







前回のお話:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その2~






ジャグジーで身体を洗ってもらった俺たちは、ガンガンに効かされたエアコンの冷気に体温を奪われないようにと備え付けのガウンを羽織り、この後いよいよクンニクバスター講習会の開催となるという場面で、テコキングが大きな声を上げた。






スパン王子がガウン着たら、まんまAV男優じゃないですか!!!






自身もガウンを羽織っているのだが、ガウンを羽織っている俺の方を指さしながらゲラゲラと笑っている。
AV男優と言われることがどのような意味を持っているのかが分からないが、とりあえずこの場では主役級の存在であるという意味なんだろうと脳内で自己完結させておいた。

今回俺が選んだ嬢は、この会の趣旨を理解しており、自分が講習会のモデルとなって複数の男性から見られるという特殊なシチュエーションでも全く構わないとケラケラ笑っているぐらいの安定感を醸し出していた。

そして、





そこまで言うなら、3回はイカせてくれるんでしょうね?






と、からかうような表情で俺に尋ねてきた。


すかさず俺は、こう切り返す。







ん?3回でいいの?余裕ですけど(笑)








と俺が余裕を見せると、







じゃあ、6回ね!!
イカせてくれなかったら、怒るからね!!







と、かわいく拗ねる。
講習会という主旨もあるし、俺は自分が楽しむよりは嬢をイカせまくってあげる方が、皆の為になるのだろうと考えていた為、6回というオファーは望むところだった。



テンションの高いテコキングと、終始緊張気味なK氏を左右に配し、俺は中央の広いソファーに嬢を寝かせた状態で早速講習会を始めようと、口頭での説明を始めようとし・・・あれ?なんか隣から喘ぎ声が聞こえるぞ!?








喘ぎ声は俺の右手方向から聞こえたのだが、まさかと思って振り返ると、ギンギンに勃起したポンチにゴムを装着されて、今まさに対面座位で挿入されようとしている状態の刹那に気持ちが高まっているK氏の姿があった。







え、講習会はしなくて良かったの??







俺、何のためにここにいるんだ・・・( ゚Д゚)






と茫然自失としていた隙に、K氏のポンチが飲み込まれてしまい、嬢が激しく腰を振り始めた。
ぶっちゃけ、クンニクバスターとは前戯であるため、挿入してからするのはよろしくないと考えていた為、K氏は今回それを試す機会を失ったと判断した俺は、俺が講習会での実技を開始するのを今か今かと待ち望んでいるテコキングに対して、集中的に指導をしようと考えた。

ソファーの上で寝転がっている嬢に対して、俺は具体的な動作を交えてクンニクバスターの基本姿勢について口頭で説明をしながら、実際に指でいじった時とクンニクバスターを発動した時との差を嬢の反応から読み取ってもらう形式での指導を始めた。




俺が嬢のマンコを舐めると、嬢は気持ちよさそうに喘ぐ。





テコキングは必死の形相でそれを観察する。





嬢がクンニクバスターで早くもイキそうになる。





テコキング凝視。





嬢がイキそうと身体を震わせる。





テコキング凝視。





嬢がのけぞるように体を硬直させ、1回目の絶頂に達する。






テコキング凝視。








とりあえず1回目という事で今回の指導のスタートを切った。
テコキングは、あっさりと嬢が絶頂に達した事に対して驚いている様子で「すげぇ」としか言わなくなっているし、後ろではK氏が未だに騎乗位のままで気持ちよさそうにしていたので、俺はテコキングがこの場で実践に移す様を見ようと、一息つく事にしたのだが、その直後にテコキングの嬢がテコキングの手を引いて、「早く部屋に行くよ!私たちもセックスするの!」と部屋に引きこもってしまった。








おい( ゚Д゚)







結局見られるだけ見られて、俺は成果があったのかどうかも分からないままに、嬢との約束を果たす為に再びクンニクバスターをするという惰性的な前戯を続けた。
3回目の絶頂を迎えたあたりで、K氏と嬢も部屋のベッドでスパンスパンするという流れになったようで、大部屋のソファーには俺と嬢の2人だけになってしまった。







---過去記事---

その1:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その1~
その2:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その2~