カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★





■前回:【香港女子:J ~その2~】セックスレスという悩み








・・・あなたとのセックスを思い出しながら、ちょっとだけ・・・ね。







この言葉を聞いた瞬間に俺の脳からはドーパミンがあふれ出した。
それこそ、1週間スパンしてなかった俺のポンチからドクドクと精子があふれ出すかのような勢いだ。

ちなみにドーパミンだとは神経伝達物質の一つで、アミノ酸の一種であるチロシンからL-ドーパを経て生合成される物質である。
ドーパミンはさらに代謝を受けて、あの有名なアドレナリンになったりする。

つまり、なんというか気持ちいいのだ。






俺の変態的妄想からくる勝手な推測かも知れないが、下手をするとJは彼氏とのセックスの時に俺とのセックスを思い出しながら感じているという可能性もある。





スパンテクを磨いていて良かったと、報われた気持ちになる瞬間である。






と、ここまでは脳内トリップした僅か0.5秒の出来事だが、やや潤んだ瞳で俺を見上げながらそんなイケナイ台詞を口にするJに、その続きを喋らせたくなった。







そんなに俺とのセックスが好きだったの?







もう完全に「俺とのセックスが好き」という前提を作り出したうえでの質問で、そのまま「Yes」と言わせる流れである。
そして、案の定Jは「Yes」と答え、さらに言葉を続けた。







・・・あなたとのセックスは、今までで一番なの。






もう、ドーパミンが目から噴き出るんじゃないかというぐらいに出まくるのが分かった。
これまでにも何度か言われてきた訳だが、たいていの場合それはお世辞も含めての話だと軽い気持ちで受け流してきたのだが、このシチュエーションに限って言うと、






これはガチ( ゚Д゚)






と断言しても、決して驕りではないと言えるのではないか。

自慢でも何でもない、素直なJの感想であり、Jが今までの人生の中で経験してきたセックスライフの中で、このド変態クズ野郎のスパンスパン王子が頂点に立ったわけだ。

それを聞いた瞬間、俺はJがこれまで関わってきた男性よりも優位に立てたという自信がみなぎり、その歴代No.1という地位を利用してそのままガンガン押していくという決意をした。

そんなことを考えながらも、少し驚いた顔をしている俺を見て、Jはさらに言葉を続ける。






ねぇ・・・、私のセックスパートナーにならない?





 



 ー続くー