アーカイブ

2012年11月


ハグによって柔らかくとろけ出した女性の心理を読み取り、その後の展開を組み立てていく事でスパンの質、スパンクオリティを高める事が出来る。

女性の心理はとても深く、一瞬で全てを読み取れるほど浅いものではない。
しかし、表情やしぐさから読み取れるシグナルを丁寧に拾う事で、女性との心のキャッチボールが進み、お互いを許容できる範囲が広がっていく。

この時の俺と波波とのやりとりを例に、少し具体的に解説したい。

前回の展開では、波波は「こちらを向いて上目遣いにうっすらと笑みを浮かべている」ので、こちらに対して何かを仕掛けようとしていたと俺は予想した。

ここで俺は波波の不意を突く。
不意を突くだけなら、色んな方法があるが、女性相手にただ驚かせるのはデメリット以外の何ものでもない為、相手に与えるべきは「うれしいサプライズ」なのだ。

どんな事でも主導権を渡してしまうと、自分の思い描いたシナリオ通りに展開する事が出来ないからだ。
波波の不意を突いた事で、一瞬驚かせてしまったが、その後の波波の手の動きが俺に主導権を委ねた事を教えてくれた。
彼女にとっては、俺からのハグがうれしいサプライズとなったのだろう。

こうして俺は、その後の展開を自分でコントロール出来るようになった。



しかし、ハグはシチュエーションを読み違えると、たちまちそれはもろ刃の剣となって大きなダメージを喰らう。
重要なポイントだけを整理すると、

・相手の機嫌が悪い時は距離を取る
・相手を怖がらせてはいけない
・ハグした時に「臭い」と思われないようにしておく
・相手の肌を傷つけないように、髭は剃っておく
・ずっぽし急いでいると思われないように、ゆっくりとハグする
・ハグした際に、誉める

このあたりは誰でも出来る事なので、押さえておいた方がいいだろう。
言葉が通じなくとも、清潔感を出し、笑顔で接すれば安全だと感じてくれる。

怪しい者が堅く守りを固めた城に近づけば、遠巻きに矢で射られて終わってしまう。
固く閉ざされた城門を静かに開かせる為には、それなりの準備をもって臨むべきだろう。




2012年累計スパン: 252 (2012/11/30)


祝!3年連続200スパン達成!!



大人の時間を前にして、更新を止めてしまった。



めくるめく大人の時間、そんな蜜月の時を過ごす事が出来るのも、こうして危険を冒して中国国内まで突入したからだ。

俺は波波に導かれるままに部屋に入る。
部屋は普通にシャワー・ベッド・テレビがあり、その辺のホテルの一室と比べても遜色ない設備が揃っている。
俺は部屋の扉の鍵を後ろ手にかけると、こちらを向いて上目遣いにうっすらと笑みを浮かべている波波をゆっくりと引き寄せて、不意を突くように抱きしめた。

抱きしめられた波波は「あっ」と小さく声を上げるが、すぐに力を抜いて俺の背中に手を添えた。


俺はスパンスパンばかりしている変態キャラだからか、この流れになると「あれは本当なんですか?」と疑いをもたれる事もしばしばある。
だが、スパン道を重んじる俺としては、嬢との抱擁は欠かせない。

ハメる前に、ハグ

これはスパン道においては、基本中の基本だ。
最も基本的なハグは、ちゃんと正面から話しかけてゆっくりと抱きしめる事から始まる。
サウナなどで初対面となった時のハグは、こうでなくてはいけない。
いきなり背後からハグをすると、相手を驚かせてしまう事になり、それこそスパンどころの騒ぎではなくなるからだ。


初対面は、どんな嬢でも緊張し、警戒心を持っている。
それをハグしてゆっくりと溶かしてあげる事で、グッドスパンを楽しめる。




2012年累計スパン: 240超 (2012/11/13)
(※正確な数字は後日更新します)

祝!3年連続200スパン達成!!


このページのトップヘ

見出し画像
×