アーカイブ

2013年07月

カテゴリ:
午前4時前に合流したはずの俺は、そこから閉店までスクラッチドッグで飲み明かした。

3人で店を出て空を見上げると、もう明るい。
そして、Rはなぜかまた自分の車で帰るから乗って行けと言い、俺を助手席に乗せた。
飲酒運転は危険だと分かっているが、この場合は隣に乗ってサポートしてあげた方が安全かも知れないと思い、隣に乗る。

俺が思うに、Rはいい奴なんだと思う。
そんなに美人ではないが、友達思いの一面を見せる。
この日も酔っぱらった友達を乗せたまま、また例のレストランで食事をし、その後に家まで送り届けていた。

そんな強い責任感からか、俺もホテルまで送り届けてもらえるのかと思いきや、なぜか「疲れた」と言いながらあらぬ方向へ車を走らせ、気がつけばRの家の駐車場に車を止めていた。


「おいおい、俺は?」


と心の中で考えるも、とりあえずRを家に送り届けてから帰ろうと、肩を貸して支えながら部屋まで送り届けた。
Rの部屋は大きくはないが、一人で済むには十分な広さで、高層階な為に見晴らしもいい。
散らかってはいたが、俺の他人の事を言えた義理ではないので、その部分には目を瞑り、ソファーに腰を掛けて水を一杯もらった。
俺に水を手渡したRは、力尽きたようにベッドに倒れ込み、そのままムニャムニャ言いながら眠りにつこうとしていたが、ここで寝られてしまうと俺が帰れなくなってしまうので「帰るから鍵をかけて寝るんだぞ」と声をかけると、手を掴まれてそのまま引き倒されてしまった。

またもや抱き着かれる格好でベッドで横になっている俺とRは、しばらく動かずにいたが、どちらからというでもなく、そっと唇を重ね合わせた。
スイッチの入った俺は、そのままRを体に沿ってゆっくりと手を這わせ、そのままRの決して大きくは無い胸に触れようとした。


ドンッ!!


また突き飛ばされた。
これで二度目である。

どうやら、触ってはいけないらしいので、しばらくじっとRを抱きしめて30分ほどの短い眠りについた。


短い眠りから覚めた俺は、Rのほっぺたにキスをして耳元で帰るよと呟くと、Rも眠そうにムクっと起きて来て、俺をアパートの下まで送ると言ってくれた。
実際には「ちゃんと帰るかどうか見張っている」ような雰囲気でもあったが、階下まで俺を案内したあとは誰かに電話をしながら俺に手を振っていた。

飲んで騒いでオイタして、大人しくホテルに戻る。
次に目覚めたら、13時を回っていた。





ついに出た!



最新版 香港・マカオ
夜遊びMAX





2013年累計スパン結果: 148スパン (2013/7/29)


カテゴリ:
こうして、奇妙な縁で俺とRは再会を果たした。
ここでようやく2013年7月弾丸タイ遠征レポ その3へと戻る。
(URL: http://oretako.blogspot.hk/2013/07/201373.html

どちらの側に立って考えてみても、打算的なところがあるのは誰の目にも明らかだろうが、このケースにおいてはお互いが楽しくなれればなんでもいいので、ここは目いっぱい楽しませてもらう事にした。


「私のこと、覚えてる?」


覚えているともと即答した俺は、素知らぬ顔でRと腕を組みながら賑やかなスクラッチドッグのダンスフロアに降りて行った。
そこにはRとその友人3名がおり、Rには悪いが友人3名の方が圧倒的にかわいい。
4人でナンパ待ちでもしていたのだろうか、俺が参加した時点では男の影が見当たらず、ちょっと飲み疲れたような雰囲気を醸し出していた。

そんな雰囲気の中、一滴もアルコールが入っていない俺は連れて来られた宇宙人のような感覚でやや強引にその輪に加えられた。
元来、自己紹介を含めた初対面時のやり取りが苦手というコミュニケーション障害な俺にとっては、友人3人とのコミュニケーションを始めるところが一番辛かった。
どのような振れ込みで俺をこの場に呼んだのか分からない為に、とりあえず簡単な自己紹介をして、飲み始めた。

いや、正確には


「飲むしかなかった。」


友人3名の内の一人はRと仲が良いらしく、何やら楽しそうに話をしている
彼女は日本語も少し話せるようで、俺に積極的に話しかけて来てくれるのはありがたい存在だが、いかんせんスクラッチドッグの中はうるさく、俺の声のトーンでは相手に声が届かない。
こういうシーン程、俺の低い声が恨めしく思う事は無いが、逆手にとって耳元まで近づけるという技を使えるので、必ずしもデメリットばかりでもない。

ウイスキーの水割りをガンガン飲み進めて、ある程度興が乗ってきたところで、俺はリズムに体を預けて軽く踊り始めた。
嬢達は俺が踊ると思っていなかったようで、俺の動きを面白がって喜んでいる。
ある意味滑稽なダンスに見えて喜んでいるのかもしれないが、

友人3名の内の小柄でかわいい嬢に積極的に話しかけていた俺は、後ろから何やら視線を感じて振り向いた。
そこには怒りの形相をしたRが仁王立ちしていた。

その雰囲気を察したのか、友人3名の内の2名と俺との会話は半強制的に停止させられ、日本語を話す残り一人から酒をガンガン勧められるままに飲むしかなくなってしまった。
誤解の無いようにあえて明記しておくが、俺とRは添い寝こそしたものの、スパンはしていない。

キスはした。乳も揉んだ。
しかし、スパンはしていないのである。

よって、俺はまだRのフェーン(恋人)でも何でもないはずだ。
しかし、タイ人独特の囲い込み戦略がこんなところでも繰り広げられる。

その内にかわいい友人2人は先に帰ると言いだしたので、俺は名残惜しくも彼女達が帰るのを見送り、再びRとその友人と3人で飲み始めた。
ここからはもうヤケクソである。


クールを気取る必要もなし、楽しくなればいいやー!!


そんな気分でグラス片手に体を揺すっていると、隣の隣ぐらいのテーブルに何やら華やかな一団が。
あれはもしや!?と目を凝らすと、


R2、キャピ軍団ご一行ではありませんか!!


遠めに見ていると、明らかに目立つその一団には、ひっきりなしに男が寄り付き、そしてフラれて行った。
よほどのイケメンでないと相手にもあされないのだろうが、遠目に見ている分には何だか幸せだ。
そして、その「よほどのイケメン」でない俺もまた、ハンカチの端を噛んで悔しがるしかなかった。





ついに出た!



最新版 香港・マカオ
夜遊びMAX





2013年累計スパン結果: 148スパン (2013/7/29)

このページのトップヘ

見出し画像
×