アーカイブ

2013年10月

前回の裏筋(あらすじ)

後輩の面倒を見ていた隙に、ややお姉さんな嬢を指名する「機」を逃した俺。
そんな俺に受付型デリヘルの店長が「もう一人いますよ」と声をかけてくれた。



店長が勧めてくれた子は、その「ややお姉さん」の嬢の二つ右隣の女の子の写真だった。
写真上のプロフィールには「21歳」と書かれていたが、正直こういう所の年齢は怪しいのではなから期待しないようにしているし、今回に限って言えばそもそも少しお姉さんの嬢を指名しようとしていたので、彼女以下であれば十分に若いのだ。

写真を見る限り、相当に細い。
スペック表から読み取れるのは、

 若い
 Aカップ

という二点のみ。

写真を信用しないので、書かれているスペックのみを凝視し、この二点のみを読み取った。
あとは最初に俺に向かって「ややお姉さん」嬢の年齢を正直に教えてくれた店長の推薦を信じる事にした。

しかし、俺はいわゆる貧乳の嬢は嫌いじゃない。
というのも、貧乳嬢はそのほとんどがスリムである事が多く、出会ってみたら「え!?写真と全然違う!」というバッドサプライズを経験する事が少ないからだ。
貧乳である事をスペック表から読み取れるように記載してあることからも、脚とのトラブルを避けるためにあえて明記しているのだと良い方に解釈し、俺はこの嬢を指名する事にした。

カウンターでお金を払う際に、時間を選択する。
40分1万円からという、良心的な価格設定だ。
俺はいつもここでやや長めの時間を選択してしまう。
ハズレを引いてしまうと長めに設定した事が仇になるが、当たりを引いた時に時間が足りないと感じてしまう事がとても耐えられないからだ。

ここでも無難に60分コースを選択し、1万5千円を支払ったが、店長が機転を利かせて指名料の千円を返してくれた。つまり、1万4千円になったわけだ。
この心遣いは東京や千葉などの風俗店では見られない心遣いだと言えるし、会話も何だかのどかで落ち着くトーンだった事から、もろもろの不安が全て払拭された状態で俺はホテルに帰って嬢の到着を待つ事となった。


今回宿泊したホテルは開業間もないワシントンホテルだったが、エレベータ内でカードキーをかざしてから自分の部屋があるフロアを選択するシステムで、嬢が自分で部屋まで来ることが出来ないタイプのホテルである。
しかも、俺は海外の電話番号しか持っていなかった為、特例としてホテルのフロントに電話を繋いでもらい、ホテルの入り口まで迎えに行く段取りを整えた。


これを提案してくれたのも、この店長だった。



俺は部屋に戻るとシャワーを浴び、電話がなるのを大人しく待っていた。



続く



2013年累計スパン結果: 193スパン (2013/10/21)

ブログにコメントを頂いていたので、ご紹介しておこうと思う。


--匿名さんからのコメント--

去る9月8日。香港(九龍中港城)からマカオ入りし、グランドオープンした打令浴室1で逝ってきました。

ロビーは結構広々としており、プレイルームも最新(当たり前ですが)で設備面が充実した印象を持ちました。女の子の質は言うに及ばず、素晴らしいです。300番台の子だったので、確かベトナム(越南)だっかかと思います。

マカオの港澳碼頭(フェリーターミナル)から3系統のバスで行きました。セナド広場の通りを突き当たって右折直後のバス停が最寄りです。

そこから南下(媽閣廟方面)に歩けば、間もなくマスターズホテルです。

管理人さんのレポート。楽しみにしています。

--



匿名さんからの親切な情報に感謝します。

実は、俺も匿名さんに先んじて、去る8月29日に突入していた。
俺はフェリーターミナルからタクシーに乗って、打令のあるマスターズホテル(萬事蕟酒店)に向かった。
タクシーに乗っても15分程度はかかるだろうか、以前と比較してはいけない立地条件だと分かっていても、その遠さは他の有名サウナと比較しても遠いと感じるだろう。

かつ、外観も特に目立たず、煌々と控えめなネオンが光っているだけだった。



ホテルの入り口も地味なので、ここはホテルを無視して横の路地へと顔を向けよう。
奥にちょっと光っているところが、打令の入り口だ。




近くに寄ると、一応それらしい装飾がしてあるものの、これも目立たない。
というか、大通りからは気付かれる事もなく、スルーされてしまうだろう。



こちらの入り口から入ると、裏からホテルの中に入る事になるのだが、俺は間違ってずんずんとホテルのロビーまで行ってしまった。
こういう景色を見てしまったら、道を間違えたと思って引き返してほしい。
(入口から入って小さな階段を上がったところにエレベーターがあるので、それで三階に行くのが正解だ。)



打令の顔見せ部屋は以前の数倍の広さとなっているが、仮店舗で営業している間に客離れが起きてしまい、嬢も他に移籍してしまったケースもあるという。
広すぎる顔見せ部屋は、嬢の数が圧倒的に少なく見えてしまうデメリットがある事と、客が座る場所にスポットライトが当てられている上に、高さのある硬い椅子に座らされる為、以前の顔見せ部屋と比べるとやや居心地が悪い。

とはいえ、打令ファンである俺は、もはや友人と化したアレックスに改善要望を伝え、より良い店になるようにと協力を続けていくつもりだ。


俺がこの日選んだのは、馴染みのタイ嬢。
初めてではないので、軽口を叩きながら部屋に入ると、リニューアルされたVIPルームだった。
(※アレックスの好意で、追加料金無しでの案内だった。)




この日のプレイ内容については、またどこかで書く事があると思うが、激しく盛り上がったとだけ先行して伝えておこう。



それから、上環のフェリーターミナルにある成功旅行社も実は少し移動した。
以前の場所は吉野家になり、そのすぐ脇にほぼ同じ規模で営業中だ。

また、マカオフェリーターミナル内にある成功旅行社の場所も変更になっているので注意してほしい。
マカオフェリーターミナル一階、エスカレーターに向かって右手奥に進むと、新たに店舗スペースが設けられるようにと工事が行われていた。
ここで、以前の場所を目指して奥へ進むのではなく、手前の矢印の看板に向かって進み、少し細まった通路を進むと、帰りのチケットを引き換えてくれる成功旅行社がある。



日本語ペラペラのアレックス曰く、事前に連絡をもらえればフェリーターミナルまで送迎車を出すというので、タクシーやバスなどを使わなくても打令までたどり着く事が出来る。
ブログでガンガン宣伝してくれと言われているので、店に電話して「アレックス、プリーズ」と彼を呼び出してあげてもらいたい。
色々とアドバイスをくれるので頼りになるが、中国嬢に対する評価は厳しめで中国嬢をあまり勧めてこない傾向があるという点に留意して、アドバイスを参考にしてほしい。


 澳門打令浴室1
 マカオダーリンサウナ1
 Macau Masters Hotel 3F
  Tel; +853-2872-6666



 


2013年累計スパン結果: 193スパン (2013/10/21)

このページのトップヘ

見出し画像
×