アーカイブ

2014年06月

【スパンツアー】たびなう・吾郎のマカオ〜深圳ぶらり旅④

カテゴリ:

--
前回の裏筋

クンニク三昧のお礼にと、べらぼうにうまいフェラーリを堪能した。
突く突く帽子装着し、いざ。

■【スパンツアー】たびなう・吾郎のマカオ〜深圳ぶらり旅③
--


前回から焦らしに焦らしまくった挿入の瞬間が、ついにやってきました。

突く突く帽子を装着した愚息は準備万端、ギンギンに硬化し、ビクンビクンと脈打っております。
クンニク三昧によってしっかりと潤いをキープした蜜壷は、私の愚息を見てさらに潤いをましている様子で、上の口も下の口も「挿れて」と口を揃えて言っています。

蜜壷に添えるように愚息をあてがうと、挿入前だというのに嬢が大きな声で喘ぎます。




・・・まだ入れてないぞ?




挿入時のお決まりの演技なのか、本当に感じて声が出たのか分からないので、実験の意味も込めて焦らしてみます。




蜜壷の入り口で愚息をグリグリ。




先ほどと同じように喘ぐ嬢。




・・・感じてたのか。





面白いのでそのまま続行決定。
グリグリしながら、時折クリもグリグリしてあげると、身体がビクンビクンと震えます。
絶頂に達したわけではないものの、相当に気持ち良さそうな様子で声をあげ続けています。


すると、





「もうっ!!早く挿れてよっ!!」





と、自ら腰を浮かせてドッキングしようとしてきます。
その様子はさながらイソギンチャクの捕食のように、ぱっくりと口を開けて獲物を飲み込んでしまおうという勢いです。

しかし、相手のペースで進めてしまうのはよろしくないと判断した私は、そこでも巧みにドッキング攻撃をかいくぐり、さらに焦らしを続けます。
そうして我慢出来なくなって来た所で、





ズドン





と一気に行きます。
これまで欲しがってたものが一気に与えられた満足感と、奥まで届く感覚によって、動かずとも絶頂に達したようです。
みこすり半で発射してしまう方にも安心な「ズドン」、何とも言えない満足感に浸れる技ですので、お試し下さい。

ただし、しっかり濡らしてからじゃないと出来ないのと、濡れてないと女の子が痛がるので、しっかりほぐしてあげて、濡れ具合が満足でない場合にはローションの使用なども検討して、女の子の負担にならないようにしてあげてくださいね。






と、ズドンで挿入即絶頂を迎えた嬢は、しがみつくように私を抱きしめています。
その様子を受けてゆっくりと動き出すと、先ほどよりもさらに大きな喘ぎ声を出しながら、首を横に振っています。




気持ちよくないのか?





そんなことはない、意識が飛ぶ三歩手前ぐらいなんだろう。





勝手な解釈で腰を振り続けます。





すると、すぐに絶頂に達し、全身を痙攣させながら小声で何かを言っています。





「疲れた・・・助けて・・・」




女の子はイキ過ぎると疲れるそうですが、確かに嬢の額には大粒の汗が吹き出しています。






かわいそうだから、一気に終わらせよう。





そう考えて、少し早いですがスパンボルケーノでフィニッシュする事に。






どぴゅ





スパンボルケーノの最中に2回ぐらいイってたようですが、そこは勘弁してもらいましょう。





とっても性格のいい中国嬢でしたが、おそらくもう打令を去った事でしょう。
来たばかりなのに、すぐに田舎に帰ると言っていたので。



相性が良かっただけに、惜しまれる存在です。





さて、前哨戦の打令が終了し、次は・・・?
続きは、次回のお楽しみ!!!








 2014年累計スパン結果: 106スパン(2014/6/28)   

スパン王子が結婚!?

カテゴリ:
どーもー、スパンスパン王子です。
 

更新さぼりっぱなしのスパン野郎です。
しかし、先日お仕事でお会いした方々からこのブログについてご心配頂いたり、色々とご質問頂いたりしてしまったので、復活させていかないとダメだなーと思っております。



で、お受けした中で「王子、結婚するんですか!?」という質問ですが、






ここではっきりさせておきましょう。







当分、結婚の予定なんかありませんからね!(笑)





私のボスが書いている某ブログで「スパンスパン王子が結婚する!」と報じられておりますが、






嘘 でっせ







スパンスパン王子たるもの、スパンスパンし続ける事が人生のテーマです。
結婚したりすると自由がなくなります。
今以上に自由がなくなるのは、とてもじゃないですが耐えられません(笑)




ということで、これからもスパンスパンしまくっていきますよー(ゲス発言)




すぱーん。

このページのトップヘ

見出し画像
×