カテゴリ

カテゴリ:クズ

俺が好きな女性とは

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









久々にブログを書こうと思う。






唐突だが、俺が好きな女性は、

・俺の事を理解してくれる
・かわいい
・細い
・色々話しかけてくれる
・趣味が合う

という点を満たす女性だ。





「性格が良かったら、ブスでも好きになれる」とか言う男性が時々いるが、それは違うとハッキリ言いたい。
ブスだと思ったら生理的に無理で、「この見た目だったらイケる」という感覚は、詰まるところ「ブスではない」のだ。
そういう意味では、俺の許容範囲はかなり広く、某イケメンデカポンチだったら「あー、そんなブサイクいらんっすわ(#゚Д゚)⊃ミ●」とか言いかねない外見であったとしても、俺はたぶん受け入れられるんだろうという妙な自信がある。

こんな事を書くと、「褒められたけど、こいつは許容範囲が広いから」と思われそうではあるが、きれい・かわいいは本当にそう思った時しか言わないので、意外とレアワードである事を付け加えておきたい。



俺が求める理想像というのは、項目にしてみれば少ないが、それぞれのハードルはそこそこ高いと思われる。
まず、俺の事を理解する事が出来る女性が皆無だからなのだが、それは俺自身が変態でキモいオッサンなので致し方ない点である。
さらに、人付き合いがあまり得意でない人見知りで引きこもり体質な俺には、あれこれと話しかけてもらった方がリラックス出来るので助かるし、他人にとって特に面白い話題を提供出来ない俺の引き出しの無さが露呈しないで済むというメリットもある。

そして、趣味の点で言うと、俺は全くテレビを見ないので芸能ネタには非常に疎く、テレビで話題になっているスポットなどに行こうと言われても全く興味が湧かない人間なので、大抵の人は「なんだ、この退屈なインポやろうは( ゚Д゚)」となりがちである。
ハマり出すとドハマりする性格なのだが、その反面、興味の無い事には微塵も興味を示さないという、社交性ゼロな性格の為、彼女はおろか、友人関係を構築するのにもいつも苦労する。


俺はイケメンでは無いのでモテるという事は無いのだが、それでも時折誰かの琴線に触れる事があるらしく、興味を持ってもらう事はあるにはある。
だが、このパターンは男して見られているのではなく、言うなれば「動物園の檻の中にいる珍しい猿を遠めに眺めてたけど、バナナとかミカンをあげてみたくなったので、あと一歩近づいてみるか(=゚ω゚)ノ」的な感覚に近い。

つまり、「近づき過ぎると襲われたりするんじゃないかという危機感を抱きながらも、珍しいのでもう少しだけ触れ合いたい」という恋愛感情とは程遠い感覚での交流になる為、俺が女性からアプローチされるという事は皆無だと言い切れる根拠となる。








bbs_20130420-015836






まとめとして、「で、お前は結局何が言いたいんだ?」という問いに、声を大にして答えたいと思う。






















モテたいねん(´;ω;`)ブワッ


 











今週のスパン数(日~土): 2
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










久しぶりにブログの管理画面を開いたら、コメントが1件追加されている事に気付いた俺は、「更新もしてないのに、コメントをくれるなんて、我がブログの読者様達は優しいのぉ・・・(ほろり)」などと心の中で呟きながら、コメントの確認画面を開くと、









「はじめまして」










あれ?( ゚Д゚)


な、なんかいつもと違う感じの長文コメントが・・・









え?これってスパム?( ゚Д゚)










とか思いながら読み始めると、女性の読者の方が送って下さった、なんだかとっても丁寧な文章だったことに気付き、スパム呼ばわりした事を反省した。
その内容は非公開を希望されていたので、ここでは発表出来ないのだが、簡単に要約してみると「香港に関する調べものをしていたらたまたまこのクソブログの記事にヒットするという事故に遭い、どんなクソ野郎がこんなゲス記事を書き続けているのか興味が出たのでちょっと読んでみた(※少し盛ってある)」という出だしから始まり、
















「クソはクソだけど、思ってたほどじゃなかった(※ここも少し盛ってある)」






という内容だった。







・・・まさかの女性ファン獲得!?( ゚Д゚)











浮かれるスパン野郎







思わず頬を赤らめるハゲデブキモオタクソ野郎








夢オチを疑って頬をつねってみるホーケイワキガブサイク野郎












・・・が、夢じゃなかった(ノД`)・゜・。










いや、まてよ!?

これはスパンヤオの誰か俺をからかおうと仕込んだ「女性を装ったかわいらしいコメント」なのではないのか!?( ゚Д゚)

ここであははうふふと浮かれ始めると、これを読んだスパンヤオ達がさらに便乗していたずらコメントを投稿しまくるのではないか!?( ゚Д゚)






とか邪推してしまうわけだが、ひとまず俺は黙って喜ぶ事にした。

しかし、このコメントを投稿してくれた方は、きっと俺の事をまだ知らないはずだ。
俺はただのスパン野郎であり、スパンスパンしたいが為に女性と仲良くなろうとする事に情熱を注ぎ、スパンスパンさせてくれる女性に対して最大限の敬意と愛情をもって女性を喜ばせる事に心血を注ぐ男、それがスパンスパン王子という名前を持つ、クズだ。

男という生き物は、下半身に制御されながらも下半身を喜ばせてくれる女性に対しては最大限の愛情をもって接する事が出来る。
優しそうな女性がモテる、スタイルの良い女性がモテるというのは、つまりそういう事なのだ。











・・・でも、うれしかったです。










今週のスパン数(日~土): 5
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)

このページのトップヘ

見出し画像
×