カテゴリ

カテゴリ:海外旅行

【寄稿記事:白くまさん】K島、ついにゲイサウナに通いだす。

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★





白くまさんからの寄稿記事を掲載。
K島氏に関するレポートのようだ。

------


サウナというものをご存知だろうか。

香港でも、中国でも、サウナは男性が喜ぶ場所として知られている場所だ。
そんなサウナはタイにもあるのか気になっていた矢先、K島氏から連絡が入った。



K島氏「おい、良さそうなサウナ見つけたから、一緒に行こうぜ」



前々から興味があったため、私は二つ返事で快諾した。電車で最寄り駅まで行き、徒歩で現地へ。

20分くらい歩いただろうか。

すると、おもむろに、K島氏は怪しげな住宅街に入っていった。辺りは真っ暗で、看板すらない不気味な場所だ。

K島氏は慣れた手付きで、住宅にしか見えない4階建ての建物のチャイムを押した。



11700
※K島氏本人から提供




扉が開いた。




中に入ると4畳半くらいの真っ暗な部屋に受付があり、中年の男性の店主が1名いた。

1人当たり140バーツと書かれている。奥から客と思しき中年の男性が、バスタオルを巻いた男性も出てきた。我々は互いに140バーツを支払い、ロッカーの鍵を受け取った。
何故か、ロッカーの鍵と一緒に、コンドーム1つと、パケットに入ったネバネバした液体もついてきた。




何だこれ?




事態が飲み込めなかった。


ここは違和感しかない。



バスタオルの男性もニヤニヤしているし、K島氏の汗も尋常じゃない。
私は怖くなって、店を出た。
140バーツは返金してもらい、チップとして20バーツを渡した。



帰り道、このサウナについてGoogleで検索をしてみたところ、店名はGay Saunaだった。これは。。。

ついに、K島氏は踏み越えてはならない一線を踏み越えてしまったらしい。そういえば、最近、見た目が女性の恋人ができたと自慢していた。


この時、K島氏の現状を理解したのであった。



 

-------

【スパン王子のつぶやき】

K島氏は最近LBと親しくしているらしく、タイに移住してからTinderなどを駆使してLBとの交際を模索しているらしい。
しかし、LBには飽き足らず、ついにゲイの道へ進んでしまった事には警戒感を抱かざるを得なくなってしまった。
サシで酒が飲めない危険人物リスト入りだ。


カンボジアで天使に出会った話 第11話 ~奥義「振動する豆」発動~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










奥義「振動する豆(クウェイキングビーン)」




51660d6116






ああああああああああっっっ!!






ダイレクトに栗斗栗鼠に伝わる振動がMの快感を高めている。
おパンツの上からの刺激とはやはり一線を画すダイレクトタッチによる奥義「振動する豆(クウェイキングビーン)」は、その威力を倍増させる。

しかし、Mの快感が高まると同時に俺のポンチを握りしめるMのフェラーリにも力がこもるっ!




ジュボジュボジュボジュボジュボポポポポーーーーー!!!






いっ、いかん!
このままでこの激しいフェラーリによって発射させられてしまうではないかっ!!

よし、こうなれば俺の出せる力を出し切ってこの戦いの勝利をもぎ取ろうではないか!








体勢を入れ替えて、奥義「クンニクバスター」を発動する前に・・・・






奥義「焦らしクンニク」だっ!!!






ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



も、もうイクッ、イキそうっ!!!!!!






・・・ピタッ(焦らし)






え?え?なんで止めたの?
今イキそうだったのよ??





やや興奮気味に俺に苦情を申し入れてくるM。

心の中でニヤニヤしながら、黙って再開する。



ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



も、もうイクッ、イキそうっ!!!!!!






・・・ピタッ(焦らし)





あああああーー!!!
また止めたーーーー!!なんで!?なんでなの!?



・・・イカせてッ!!




あとほんの少しでイケるというところで止められてご立腹なご様子だが、最終的にはイカせて欲しいという本心が出てきた。
その言葉を聞いて、俺は彼女の願いを叶えてあげることにした。



4f8a7cf0b5bc401179d7c3605577c6f3_400



そう、お値段以上、ニトリのように。




そら、奥義「クンニクバスター」だっ!!!(※心の声)




ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



あ、イクッ、イキそうっ!!!!!!
と、止めないでね!!!!



イクーーーーーーッ!!!!!





ガクガクブルブル




イク瞬間だけ、さっと顔を股間から離し、Mのイキ様を見届ける。

しかし、俺はクンニクバスターを止めない。
そのままクンニし続け、クンニク地獄へと移行した。



WS000014





えっ、もうイッたから!!
ちょっと、くすぐったいって・・・あっ、ちょっとダメだっ・・・ああああああっ!!!!





ガクガクブルブル





再び少しだけ顔を離すと、俺はそのままクンニク地獄を続けた。





も、もうだ・・・め・・・・頭がおかしくな・・るっ!!!!!!ああああああっ!!!





連続でイキまくるMの様子を見て、俺はようやくここでクンニク地獄を止めた。
Mはベッドの上で目を閉じてふんぞり返ったまま、叫びすぎて疲れたからか肩で息をしている。
30秒ほど経つと、態勢を変えずに俺の方に視線を送り、こう言った。





・・・なんなの、あれ・・・





俺はMの質問には答えず、「あれ、好き?」とだけ尋ねた。
するとMは静かにうなづき、再び目を閉じた。
 









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 


このページのトップヘ

見出し画像
×