カテゴリ

カテゴリ:香港

深夜の来訪者 その2

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★





(前回の裏筋(※あらすじ))
前回:深夜の来訪者 その1

深夜に突然の訪問を打診されたのをあっさり受け入れた俺は、部屋に連れ込むなりキスをして自分のペースを作ろうとするが、嬢が繰り出す強烈なフェラーリ攻撃にたじろぐ展開になってしまう。
苦境に立たされた俺は、次なる手を打つべく、新たな奥義を発動する。









嬢が感じ始めると同時にフェラーリの速度が増し始め、百戦錬磨の俺も油断ならぬ状況となってきた為に、俺はより強力な攻撃に移る事にした。









そう、奥義:クンニクバスターだ。





喰らえっ、クンニクバスターァァァア!!!!!






3aeeffae8a










ペロペロペロロン



あはんあはん



ペロペロペロペロロン



あはあはあははん



ペロペロペロロン



あはんあは・・・プシュッ!






ん・・・・、なんか出た(;^_^A





張飛







そう、嬢はクンニクバスターをされながら潮を吹いたのである。
これまでにも何人かいるが、クンニクバスターの体勢で潮を吹かれるとモロに顔面直撃で潮を浴びてしまうので、嬢が気持ち良くなってるのを嬉しがる一方で、まぁまぁ大変な思いをする事になる。


気を取り直して、またクンニクバスターを再開すると、





ペロペロペロペロペロロン



あはんあははん・・・プシュッ!プシュッ!





いとも簡単に潮を吹くではないか。
ちょっと面白くなってきたのでもう少し続けてみる事にした。




ペロペロペロペロペロロン



あはーーん・・・プシュップシュッ!









ふぅ、いい潮浴びたぜ。




mig







俺はティッシュで顔を拭おうと股間から顔をどかせて体勢を変えて、ティッシュボックスに手を伸ばす。






ガシッ!!






あれ?ティッシュまでもう少しのところなのに、届かない。

というか、身体が何かに引っ張られている・・・
そう、嬢が俺のチンコを掴み、自分のマンコに誘導しようとしており、俺はそれ以上ティッシュに近づく事が出来なかったのだ。





潮を吹くほど気持ち良くなっておいて、さらにまだ自分の性欲を満たそうというのか!なんと貪欲な嬢なんだ!(ちょっと好き)




ea3d2c18




しかし、俺はとりあえず顔を吹いてスッキリした状態でポンチを挿入したいと思っているが、今の膠着した状況をどのように打破すべきかを考えなくてはならなくなってしまった。







ーーーーー

■深夜の来訪者シリーズ
第一話:深夜の来訪者 その1
 



深夜の来訪者 その1

カテゴリ:






★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










いつもなら少し前の話を回想しながらブログに起こすのだが、今回はほんの数日前の話をしてみる。


その夜は夕食を済ませて速やかに帰宅した後に、友人と宅飲みをしながら夜中の2時ぐらいまで話をしていた。
諸々片づけをして寝ようかと思った頃に、ふと思い出してPCを立ち上げて作業していると、俺の携帯がブルブル音を立てた。




こんな時間に電話?
(さっきまで飲んでいた友人が)何か忘れものでもしたか?




と画面を見ると、半年以上やり取りしているが一度も会った事の無いインドネシア人からだった。
特に電話に出ない理由もなかったので、とりあえず話してみるかと電話に出ると、





もしもし?今どこにいる?



家にいるよ。どうしたの?



今から家に行っていい?ダメ?



え?あぁ、別にいいけど。※この時点で午前2時50分



ありがとう!じゃあ、あとでね。





勢いで承諾してしまったが、俺は毎朝仕事に行くために朝7時に起きなくてはならない。
嬢が家に来たとしても、わずか3時間ほどで俺は出勤準備をしなくてはならず、その間に何をすればいいのだろう?と考えてしまう。
なぜなら、俺は一度も会ったことが無いからだ。

そこから30分ほどが過ぎて、「家の近所に着いた」と連絡があったので迎えに行く。
写真のやりとりはしていたので顔は想像通りだが、思っていたよりも若い感じがするのは少しうれしい誤算だった。
部屋に移動するまでに嬢の体の線が非常に細い事に気付き、初対面だが腰回りをペタペタと触りまくったが、嬢は特に嫌がる素振りも見せずにニコニコしている。





この時から、何となくいけそうな感覚があった。
 




部屋に入り、ドアの鍵をかけると同時に抱きしめた。
顔を合わせてまだ3分程度だが、嬢は唐突な俺のハグを受け入れ、さらに俺の首筋にキスをした。
これは開戦の合図だと悟った俺は、嬢の唇を奪った。




7252a2bc







にゅにゅにゅるんっ!!






唇を重ねた直後に、嬢の下が俺の口内へと侵入し、縦横無尽の動きを見せる。
舌にピアスを入れているので若干絡めづらいのだが、ベロンチョベロンチョしている隙に、俺は嬢の乳を揉みしだき始め、ファスナーで中央から開く仕組みになっているノースリーブを脱がせにかかる。





するするする・・・・





あっという間にブラジャーが露になり、ブラジャー上部の魅惑の隙間からスルリと指を滑り込ませて魔法のスイッチを探す。
そう、気持ち良くなるための魔法のスイッチ「乳首」だ。
魅惑の隙間からわずかに数センチのところにスイッチの存在を確認した俺は、躊躇なくそのスイッチに触れる。






あっ・・・





スイッチを押すと同時に軽く吐息が漏れる。
俺が続けてスイッチ周りを優しく撫でまわすようにスイッチを弄んだところ、俺を抱きしめる嬢の腕により一層力がこもる。





あっ、はふっ・・・





右手はスイッチ、左手はお尻。

これが立ち姿勢で行う初期の愛撫の基本姿勢であるが、俺はその流れで嬢のブラを外して露になったスイッチにむしゃぶりつく。
乳首はやはり吸い付く為にあるものだろうと思う為、そこに乳首がある限り、俺は吸い付かなくてはならないのだ。(無理やり正当化)





ペロペロペロン


ああぁぁ・・・はうぅぅ・・・




ペロペロペロン


ああぁぁ・・・はうぅぅ・・・





気持ちよさそうに声を上げる嬢の魔法のスイッチに吸い付きながら、俺は嬢をベッドに誘導し、そのまま優しく寝かせる。
寝転がると、ショートパンツの隙間から黒いおパンツがこんにちはしていたので、俺も思わず指でツンツンして挨拶返しを行っておいた。
そのままツンツンクリクリしていると、寝転がった体勢の嬢が俺のズボンに手をかけ、一気にズボンをずり下す。






ズルッ!

ボッキーーーンッ!!






first_508f6fc542ce5







俺の暴れん坊将軍の登場だ。




abarenbo-660x350





前回のスパンから38時間ほど経過していたので、俺のポンチは完全な状態でフル勃起をしており、「どうだ!」と言わんばかりに俺の粗チンがいきり立っている。
そんな暴れん坊将軍を、うまか棒に飛びつく小学生のように嬢は咥え込み、ジュボジュボと大きな音を立てながら吸い上げる。






おおおお・・・・
お主、な、なかなか良いではないか・・・・
予想以上に良い吸い付きでごじゃるな・・・お、おふぅ・・・






images






と変な口調で誉め言葉を脳内再生しながら、俺は嬢のフェラーリを堪能しながら、嬢のクリトリスとマンコを攻める。
嬢が感じ始めると同時にフェラーリの速度が増し始め、百戦錬磨の俺も油断ならぬ状況となってきた為に、俺はより強力な攻撃に移る事にした。






続く

このページのトップヘ

見出し画像
×