カテゴリ

カテゴリ:雑学

もっとスパンしろやっ!!( ゚Д゚)

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














シリーズものを書き終えてしまうと、特に創作意欲というかネタが無いとブログを更新する気すら起こらないものである。


が、スパン回数の数字を更新する為に、とりあえず更新しておこう。












2016年累計スパン結果: 258スパン(2016/9/29) 













このペースだと、今年も余裕で300スパンに到達出来そうであるが、この数年特に回数を稼ぐ事を意識したことはなかった。
 
昨年については、それまで300スパンという大台を経験したことがなかったのが、なぜかとんとん拍子にその壁を越えてしまい、「すわ、これって(俺の中の)最高記録樹立のチャンスじゃないのか?」と意識し始めたのがきっかけで、ついつい395スパンもしてしまうことになったのだが、それ以外では「年間〇〇スパン、必達!!」などと意気込んだ事は無かった。


そんな緩い感じで、今年も気が付けば300スパンが目前に迫ってきたのだが、今年は昨年のように色めき立つこともなく、「あぁ、今年も気が付けばそんなにしてたのね」という程度の通過点の一つとなってしまった。













・・・生涯で何スパンするんだ?(;´Д`)













とか思ってみたが、その内に突然ポンチが勃たなくなるかも知れないし、はたまたその辺でのたれ死んでるかも知れないので、この手のどうでもいい事を考える時間は極力少ない方が人生がより豊かになるだろうと、考えるのをやめた。



20130414162731d9c







 

そもそも、世間一般ではどれぐらいスパンするのが一般的なのか、と疑問にもったので、その辺りを調べてみると、こんなデータを発見した。







20代:4.4回
30代:3.0回
40代:1.9回
50代:1.6回
60代:1.2回











なんと、これは「スパンする相手がいる人における一か月の平均スパン数」だという。
この「スパンする相手」には恋人はもちろん、友人やセックスパートナーも含まれる。(※風俗嬢がこの対象になっているかどうかは不明である。)


俺は9月末時点で258スパンをしているので、現時点での月平均は258/9で28.7回(四捨五入)となる。
つまり、20代平均スパン回数の6.5倍という数字になり、俺がまもなく属するであろう40代の平均と比較すると、15倍となってしまう。







しかし、これは俺が異常だという事を示すデータである根拠はない。






むしろ、俺からすればインターネットで見つけたこのデータの信憑性の方が疑わしい。
なぜならば、月平均4.4回ということは、すなわち週1回のスパンということであり、スパンする相手がいるにも関わらずその頻度というのはもはやスパンが嫌いな人種であると断言する他にない。(※スパンスパン王子目線からの超偏見)













もっとスパンしろやっ!!( ゚Д゚)











1b5d754716fe4d67b_400











と声を大にして言いたいが、小心者なので控えめに発言しておこう。














あと、どうでもいいが日本人がセックスの事を「エッチ」と呼ぶあの感覚に馴染めない。
セックスというと直接的と感じて抵抗がある日本人が多いのかも知れないが、かわいい女の子から「ねぇ、エッチしようよ~」と甘えられても違和感を感じてしまい、むしろ「レッツ ブンブン!!」と言われた方が落ち着く体質である。


ただ単に東南アジアに馴染み過ぎただけという「スパンスパン王子=変態クズ野郎」の証拠でもあるが、海外で英語を使って普通の会話をしてても性行為をセックスと呼ぶ方がしっくりくるのは、そもそも「エッチ」という言葉が日本以外で通じないからだろう。






55
 



 

というわけで、俺が日本でセックスの話題を口にする時には「エッチ」とは言わず、「セックス」と言う事にした。
女子がいる場では、ちょっとお上品に「おセックス」と言うようにしよう(*‘ω‘ *)
 











2016年累計スパン結果: 258スパン(2016/9/29) 









 

【中国武漢編~第二章 その39~】 とりあえず観光もしておこう。(武漢長江大橋)

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 








テクテクテクテク歩いてみたが、地図で見ていた感覚よりもはるかに遠く感じるのが中国という国である。

目的地の武漢長江大橋は、地図上では黄鶴楼から少し歩いたところにあったのだが、実際に歩くと上り坂になっていたのもあるが、かなり疲労してしまった。
 

■武漢長江大橋Wikipedia-武漢長江大橋

武汉长江大桥位于中国湖北省武汉市,横卧于汉阳龟山和武昌蛇山之间的长江江面之上,是长江上第一座铁路、公路两用桥,因此又被称为“万里长江第一桥”。武汉长江大桥的建设规划始于1910年代,由1913年至1948年间曾先后四次进行长江大桥的勘测、选址和设计,但几次规划都因经济、战乱原因而搁置。中华人民共和国成立以后,武汉长江大桥的建设被列入中国第一个五年计划的苏联援华156项工程之一,于1950年起正式开始进行大桥的测量和设计,1955年9月动工建造。由于采用了新的管柱钻孔法取代传统的气压沉箱法,大大加快了大桥的建造速度,使武汉长江大桥竣工日期提前2年,1957年10月正式通车。


中国語版しか無かったが、長江に架けられた橋の中で初めて鉄道・自動車共用の橋となり、戦争などで計画が先送りになったものの、1955年9月に着工し、1957年10月に開通したそうだ。











黄鶴楼から少し離れたところで振り返ってみると、さっきよりもきれいに黄鶴楼が見えた。
やはりこういう楼閣は遠目に見るのがベストであり、いくらでも高い建物があるこの時代にわざわざ金を払って楼上に上がる必要などないと思いながら、シャッターを切った。


Wuhan-blog-1227





途中に賑やかなエリアを通り過ぎ、人が多くなってきた事からも長江へと近づいているのが分かった。

Wuhan-blog-1226





そして、ついに真っ暗な闇の中に両岸のネオンが映り込む長江の水面が見えた。


Wuhan-blog-1232

Wuhan-blog-1239










この瞬間、「俺、長江見に来たのか。」とちょっと感動した。














エロだけが目的の旅でも、時々このような感動があると、旅そのものが楽しいものへと変わり、また違った地方へと旅をしてみたいと思う。

Wuhan-blog-1237
 
Wuhan-blog-1240
 

 



そして、遠目に見える岸辺の賑やかな様子は旅行者の焦燥を掻き立て、長江大橋までの足取りを早めさせた。


長江大橋の橋台に差し掛かると、そこがスタート地点である事を表すかのような小さな東屋のような屋根が取り付けられており、その屋根の下には地上へ降りるための階段が設置してあったが、現在は立ち入り禁止となっているようで、そこから地上へ降りる事は出来ないようだ。


東屋から橋を入れた構図で対岸を撮影する。


Wuhan-blog-1241





東屋から後ろを振り向くと、まだ遠目に黄鶴楼が見える。



Wuhan-blog-1245





しかし、俺が進むべきは、今来た黄鶴楼の方角では無く、長江をまたいだ対岸である。
 
Wikipediaによると橋の全長は1,670m(長江の上にかかる部分は1,156m)とあるので、それなりの距離を歩く事になるのだが、テンションが上がっている為に距離など気にならずにずんずんと歩き始めた。













2016年累計スパン結果: 150スパン(2016/6/14) 

このページのトップヘ

見出し画像
×