カテゴリ

カテゴリ:スパン

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










久しぶりにブログの管理画面を開いたら、コメントが1件追加されている事に気付いた俺は、「更新もしてないのに、コメントをくれるなんて、我がブログの読者様達は優しいのぉ・・・(ほろり)」などと心の中で呟きながら、コメントの確認画面を開くと、









「はじめまして」










あれ?( ゚Д゚)


な、なんかいつもと違う感じの長文コメントが・・・









え?これってスパム?( ゚Д゚)










とか思いながら読み始めると、女性の読者の方が送って下さった、なんだかとっても丁寧な文章だったことに気付き、スパム呼ばわりした事を反省した。
その内容は非公開を希望されていたので、ここでは発表出来ないのだが、簡単に要約してみると「香港に関する調べものをしていたらたまたまこのクソブログの記事にヒットするという事故に遭い、どんなクソ野郎がこんなゲス記事を書き続けているのか興味が出たのでちょっと読んでみた(※少し盛ってある)」という出だしから始まり、
















「クソはクソだけど、思ってたほどじゃなかった(※ここも少し盛ってある)」






という内容だった。







・・・まさかの女性ファン獲得!?( ゚Д゚)











浮かれるスパン野郎







思わず頬を赤らめるハゲデブキモオタクソ野郎








夢オチを疑って頬をつねってみるホーケイワキガブサイク野郎












・・・が、夢じゃなかった(ノД`)・゜・。










いや、まてよ!?

これはスパンヤオの誰か俺をからかおうと仕込んだ「女性を装ったかわいらしいコメント」なのではないのか!?( ゚Д゚)

ここであははうふふと浮かれ始めると、これを読んだスパンヤオ達がさらに便乗していたずらコメントを投稿しまくるのではないか!?( ゚Д゚)






とか邪推してしまうわけだが、ひとまず俺は黙って喜ぶ事にした。

しかし、このコメントを投稿してくれた方は、きっと俺の事をまだ知らないはずだ。
俺はただのスパン野郎であり、スパンスパンしたいが為に女性と仲良くなろうとする事に情熱を注ぎ、スパンスパンさせてくれる女性に対して最大限の敬意と愛情をもって女性を喜ばせる事に心血を注ぐ男、それがスパンスパン王子という名前を持つ、クズだ。

男という生き物は、下半身に制御されながらも下半身を喜ばせてくれる女性に対しては最大限の愛情をもって接する事が出来る。
優しそうな女性がモテる、スタイルの良い女性がモテるというのは、つまりそういう事なのだ。











・・・でも、うれしかったです。










今週のスパン数(日~土): 5
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)

唐突だがVAPEを買った - Part2

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








前回のキモい間接チッスの「その後」だ。


かわいい香港人女子が一人で切り盛りしているVAPEショップには、俺を含めてまぁまぁキモい男子共が入り浸る場所と化しているが、それはやはり彼女の存在がそれらの男子共を呼び寄せてしまっているのだろう。
しかし、一度購入してしまうとなかなかアクセサリーなどを増やす余地もないVAPEという商品は、来店頻度を高める要因を生み出しにくく、ヘビーユーザーが周期的にジュースと呼ばれるリキッドを購入しに来るぐらいしか来店要因が無い。


というわけで、俺も彼女の顔を見に行きたいがために、追加のジュースを購入しに行き、そんなにハマる予定でも無かったVAPEという商品に関連するアイテムが、俺の机の一角のまぁまぁ大きなスペースを占有する程になってしまったというのは、致し方ない事である。

が、そんな風に金を使い続けていてもしょうがないので、堪りかねた俺は苦肉の一計を案じた。
それは、「ドストレートに「顔が見たいからお店に会いに行ってもいい?」と聞いてみる」という方法だ。






アルティメット






俺の中では最終手段とも言える手法だ。
何故なら、これで「嫌だ」とか「困る」とか言われたら、それは今後どう頑張っても脈は無く、スパンはおろか、お友達としてもいられなくなるぐらい気まずい雰囲気になってしまい、せっかく見つけたVAPEショップに行けなくなってしまうという大きなリスクを孕んでいる上に、そういう展開になる確率を何かのデータをもって測定する事が不可能なため、経済学的にはリスクと呼称出来ないただの冒険、いや、無謀な賭けでしかないからだ。

カジノで遊ぶ時に、「もうこれで最後だから」と手元のチップを全て賭けて「当たれば倍、外れればゼロ」というオールインのプレイをしたことがあるだろうか。


感覚的には、このトライもオールインに近い。
「いいよ」と言われれば、その先に期待が持てるが、「嫌だ」「困る」「死ね」とか言われたら、その子にはもう二度と会えないのである。








が、俺はチャレンジした。







もちろん、俺の中に微塵も自信が無かった訳ではない。
僅かばかりの武装で戦地に一人赴くランボーのような強靭な精神力を持っていない俺は、はなから勝ち目のない勝負が出来るような男ではないので、ある程度の勝算が見込める状況でのみ、オールインでの勝負で一気に形勢逆転させようとチャレンジする事が出来る。

※ちょっと話が逸れるが、カジノで遊ぶ時もそのようなメリハリがないと大勝は出来ないと信じている人間なので、同じ数のチップを張り続けるタイプの人とは性格が合わない事が多い。



いつものようにWhatsappで他愛のない会話をしてから、流れの中で例の言葉を送信する。







バルス




ダウンロード







滅びの言葉であるバルスを口にしたパズーのような気持ちで、俺はメッセージを送る。
(※個人的見解だが、ラピュタ王家の眷族ではないパズーが滅びの言葉を口にしたところで何の効果も無かっただろうが、あの時は雰囲気に飲まれてシータと共に大いなる決意をもって滅びの言葉を口にしたと考えている。)







顔が見たいからお店に会いに行ってもいい?












ドキドキ・・・・(;'∀')












もちろん!仕事が終わったらいつでもおいでよ!




















キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!








賭けに勝ったのである。
全てを失うか、少し前進するかという賭けにならないようなひどい内容の賭けだったが、ともあれ俺は勝利した。
こうして、俺は堂々とこの子に会いに行けるようになったのであった。


 



今週のスパン数(日~土): 3
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)


このページのトップヘ

見出し画像
×