カテゴリ

カテゴリ:サウナ

【中国武漢編~序章 その6~】 一人部屋はエロ旅の基本

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














深圳北での前泊。






深圳北站
(※クリックするとGoogle Mapsが開くよ!)

5638686488657920









本来の目的は早朝発の高鉄に余裕を持って乗る為の準備だが、それだけの為に前泊するような無駄は嫌いな俺が考えたのは、深圳北でも遊べるところを探そうという新たな遊び方の発掘をする事だった。


ネットで色々検索していると、口コミではあるが、












「某ホテルの中に入っているマッサージ屋で嬢と交渉してNNしたでー」












という自慢話を発見した。


俺はすぐさまそのホテルの名前で再度検索をかけて、同じような経験談が無いかを確認した。
というのも、この手の自慢話は釣りか、本当だったとしても偶然そうだったというレベルの話が多いからだ。



現に俺もマッサージ屋でスパンをした事はあるが、それは誰もがスパン出来るという場所では無いので、俺はラッキーだっただけという事になるのでそんな情報を共有してもほかの人の役には立たない。

そういう事なのだ。




その為、俺は一つの情報を鵜呑みにせず、それを検証するように同じような情報が他に無いかどうかと探し、それによって情報の信頼度を高めていくという手法を採っている。

それでもその情報がガセだったり、古かったりする事があるので、行ってみたら全然ダメだったという事もあるのだが、それはそれで俺の経験となるので無駄だとは思う事は無く、これを繰り返している内に勘が鋭くなっていくのも感じられるので、俺はひたすらこのプロセスを繰り返している。

特に、中国では有効なのだろうと思われる。








そして、俺はいくつかの情報を得て、そのホテルのマッサージ屋でスパン出来る確率が高いと判断し、俺はそこのホテルの部屋を予約した。



深圳维纳斯酒店
 
6303701331869696









同僚Aも同行する事が決まった後だったのと、前泊なのでコストを抑えようという同僚Aの意見を取り入れて、ツインの部屋にした。










が、それは後に過ちだったと気づかされる。










細かい経緯は順を追って書いていくが、スパンが目的の旅である場合は、必ず一人部屋で無くてはならない。




そんな教訓を後で得る事になる予約だった。






52







ともあれ、狙いを定めた俺は、出発の日の前日に深圳北のホテルを予約し、大雑把な行程を決めたのであった。

















2016年累計スパン結果: 87スパン(2016/4/7)

【中国武漢編~序章 その5~】 同僚Aと共にプランを練る

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 













俺と同僚Aの付き合いは長い。

俺が今の香港の会社に移ってまもなく社員として採用されたが、日本語もうまく、何より気遣いが半端ない。
仕事の上でも色々と助けてくれるが、香港における私生活でも細かな気遣いでサポートしてくれるので、海外に住んでいながらもあまり困ったことがなかった。




そんな彼が、俺の旅に加わる。









しかも、エロ旅だ。




p4411681a777746931














もちろん、観光もするが俺の目的はエロまっしぐら。

猫大好きフリスキーならぬ、スパン大好きスパンヤローである。








彼からは過去に色々とCPの情報などを提供してもらっていたが、さすがに武漢の情報は持ち合わせておらず、今回の旅でスパン出来るかどうかは結局俺が集めた情報にかかっていた。

しかし、彼が加わってくれたおかげで、旅の途中でトラブルになる可能性が激減し、何より現地で生の情報を入手しやすいというおまけがつく。
俺の単独旅行でも大きなトラブルが発生する可能性も低いが、やはりネイティブに言葉が通じる人間と一緒にいるとその可能性が限りなくゼロになるので、心強さはこの上無い。



俺はふらふらと一人旅をするのが好きだが、それは現地の人たちと触れうことでガイドブックやネットで書かれてい無いような情報を手に入れることが出来る事と、酒を酌み交わしたりする内に仲良くなる事で、それまで知らなかった世界に足を踏み入れる事になるからだ。

自分の世界が広がるという感覚は、俺の人生において何よりも大事な事であり、楽しみの一つでもある。








が、たまには誰かと一緒というのも楽しいものだ。









一人旅では何かを新しい経験をしても、それを即座に共有するという楽しみが無い。

今やインターネットが発達した世界で、ネットを通じて世界中の人々と繋がって間接的にその想いを共有する事が出来るが、同じ時間を共に過ごし、同じ経験を得た仲間とその場でその感覚を共有するというのとでは、何か次元の違う話になってくる。

今こうして書いているブログで俺の経験の一部は形となって残るが、あの時、あの場所で得た感動や驚き、恐怖や悲しみなどは完全な形で伝わる事はあり得ないのは誰もが知っている事だろう。

 
そういう意味でも、これまでに共に遊び、その経験について語らったスパンヤオ達との出会いは貴重である。










同僚Aは、スパンヤオでは無い。

しかし、普段接している時間が長い分、非常に頼りになる存在である。 








そんな彼と共にする武漢の旅、二人で行動する事による制約が生じる事もあるだろうが、得られる経験に比べれば些細な事であり、旅の準備の段階からその目的について語り合える時間すら楽しいものだ。

こうして、俺と同僚Aは無事にチケットと宿の手配を済ませ、早朝の高鉄に乗るための深圳北での前泊について話し合いを始めた。

















2016年累計スパン結果: 87スパン(2016/4/6)

このページのトップヘ

見出し画像
×