カテゴリ

カテゴリ:LB

【タイ・春のエロン祭-2014 ⑬】 フアフア覚醒計画の行方-その2

カテゴリ:
▶︎ツイッターのフォローもお待ちしております!!
 twitter: https://twitter.com/prince_spanspan/


▶︎モバイルからのアクセスはこちらが見やすいです!

 モバイルサイト: http://m.oretako.com/


--前回の裏筋--

意外にもあっさりとLBを召喚し、まんざらでもない様子を見せるフアフアさん。
俺たちはいとも簡単に「フアフア覚醒計画」を完了させてしまった。


前回の記事
 ↓
【タイ・春のエロン祭-2014 ⑫】 フアフア覚醒計画の行方

--


 

フアフア覚醒計画が無事に完了し、俺たちエロン軍は当初の目標をあっさりと達成したものの、どこか物足りないという気持ちに包まれていた。

しかし、初訪タイのフアフアさんにその先を強要する事はさすがに良心の呵責に苛まれ、口頭での攻撃のみに終始する事にした。


フアフアさんを眺めながら感じた事がある。




この人、意外に許容範囲が広そうだ。




なんというか、基本はMなのだろうが、時折S心を見せたいという雰囲気が見え隠れしているのだが、結局はドMでされるがままにされてるも気持ちいいというタイプだと分析した。

なので、俺はここから一計を案じた。




PB+ショート代金を俺が負担すれば、行くのではないか。




という作戦だ。


フアフアさんがお金に困っているわけではないのは分かるが、「お金を払ってまで体験したい事ではない」というレベルに留まっており、その心理的垣根を取っ払うと、一気にゴールまで走り抜けてしまうのではないかと予想し、一言声をかけてみる事にした。





ス「フアフアさん、その子かわいいですね!」


フ「はい!肌がすべすべです!」




やはり、まんざらでもなさそうだ。
俺はもう一歩踏み込んでみる事にした。




ス「PBしますか?」


フ「ファ!?」




どうやらそこまで言われるとは思ってなかったようで、やや動揺が見えた。
せっかくなので、もう一押ししてみる。




ス「行くんだったら私が払うので、行ってきてください!!」


フ「ファ!?ファ!?」




狼狽し始めた。
ただでさえ「オブ」で感覚がずれて来ているところに、さらに感覚を狂わせるような発言を投げかけ、それまでフアフアさんの中で常識を支えていた「理性」という柱が揺らぎ始めたようにみえる。




押せばイケるか?




これまでは冗談の範疇だったのだが、意外にも激しい抵抗を示さないので、俺はもう一押し試してみたくなった。




ス「PBして来てください。そこにずっぽし部屋があるので!」




フ「ファ!?」




ス「大丈夫ですよ、みんなその辺で待ってますから!!」







フ「ファ!?無理です!!!」




しまった・・・
「無理」という言葉を口にさせてしまった。

一応、この日が初対面なので強引な事はするまいと思っていたのだが、フアフアさんへの圧力のかけ方がやや強引になってしまっていたようだ。

心理戦として、相手をこちらの思惑に乗せて誘導しようとするならば、「無理」「出来ない」などの拒絶の意思を口にさせてはいけない。
一旦そのような言葉を口にすると、心が「無理」だと構えてしまうので、その後はよほど強引に進めて強制的に進める意外に結果を達成する事が難しくなってしまう為、自発的に行動に移させるような流れを作り上げなければならない。


例えていうなら、


チクタクバンバンが道を踏み外してしまわないように、
先々まで道を整えてあげる作業


RIMG4379


に似ている。
例えが古いので分かりにくいだろうが、最終的に自らが決定してLBをペイバーするという結論へと導かなければならないという事だ。


一度「無理」と判断された事は、チクタクバンバンで例えるならレールを踏み外して倒れてしまったのと同じである。
それを強引に建て直して再開させようとするならば、ルールに則ったレールの組み換えでは間に合うはずがないので、一緒に遊んでいる友人からはルール違反だと罵られるだろう。




という事で、俺は「初訪タイ即LBペイバー」という伝説を作るストーリーを諦めざるを得なくなった。
これは完全に俺のミスである。


オペレーションをミスった俺は、出来損ないのクズ野郎である。
体を張ってアナルトカゲと一線を交えてスパンヤオに明るい話題をもたらす関西のイケメン美容師には、到底敵わない。


なんというか、「カス」である。




55





かの「ギレン・ザビ総帥」も俺を「カス」だと認定された。
体勢を立て直すべく、俺は皆に店を出ようと提案し、次の店へと移動する事にした。





2014年累計スパン結果: 68スパン(2014/3/26)

【タイ・春のエロン祭-2014 ⑫】 フアフア覚醒計画の行方

カテゴリ:
▶︎ツイッターのフォローもお待ちしております!!
 twitter: https://twitter.com/prince_spanspan/


▶︎モバイルからのアクセスはこちらが見やすいです!

 モバイルサイト: http://m.oretako.com/


--前回の裏筋--

LBの殿堂「オブセッション」に連れ込まれ、嫌がるどころか喜んでしまうフアフアさん。
徐々にテンションを上げていくフアフアさんを、俺は見逃さなかった。


前回の記事
 ↓
【タイ・春のエロン祭-2014 ⑪】 フアフア、いきまーす!!(アムロ風)

--




フアフアさんが場に馴染みきらない内に、俺は次の行動に出た。

先頭を切って「オブ」で嬢を召喚したのだ。
この俺の召喚で、



(左)スパン+嬢 | フアフア | たびなう(右)




という配置となった。
これは無意識の内にフアフアさんにプレッシャーをかける目的と、フアフアさんの隣にリアルLBを配置する事によって、フアフアさんの心理的垣根を下げるという二つの目的があったのだが、本音を語ると、





ただ、呼んでみたかった。





というだけだ。


俺は目の前で行われたアピールタイムの最中に気になった一人を召喚したわけだが、その嬢については素直に「かわいい」と思ったが、俺が召喚したその嬢は俺よりも背が高く、挨拶を交わしたその声はやや低く、なるほど男だと思わせるに足るものだった。

しかし、その辺を歩いているゴーゴー嬢よりも容姿は勝るわけで、この嬢が隣に座った事でフアフアさんの態度に変化が現れた。




明らかに隣の嬢を意識し始めている。




俺はここで畳み掛けるように攻勢に出た。
召喚した嬢にドリンクをオーダーし、少し挨拶をしたところで嬢をハグし、嬢の肩越しにフアフアさんの顔を見る事にした。

こんな風に書くと嬢を利用しているように思われるかも知れないが、この行為は俺の愛情表現の表れである事をあえて表明しておきたい。
LBである彼女との性交渉には至る事は無いが、隣に座って話をし、軽いスキンシップをする事には何ら抵抗は無い。

 
極端な比喩になるが、

夏場に汗をかいて生乾きのTシャツの匂いを漂わせているむさ苦しい野郎とハグする事を求められるのであれば、俺は喜んでいい匂いのするLBとハグをする。


極端な比喩になるが、

クソをしに行って紙が無いからと手で拭ってしまうようなイケメンとのハグを求められても断固として拒絶し、俺は喜んでいい匂いのするLBとハグをする。


極端な比喩になるが、

トカゲのようなやばい女とアナルセックスの快楽にふけるイケメンとのハグを求められても断固として拒絶し、俺は喜んでいい匂いのするLBとハグをする。(※たびなうさんからのコメントより引用)


というわけで、俺は嬢の肩越しにドヤ顔でフアフアさんを凝視した。
すると、フアフアさんもステージ上でアピールタイムを続けているLB達へと視線を移し、「どの娘がかわいいかな」と、すでに「選択」の段階へと移行した。

明らかにフアフアさんの挙動に変化が出ている。




もう一押しだ。




俺は嬢に断りを入れて、おっぱいを触らせてもらった。
もちろん、T将軍のように知らずに触っているわけではなく、とても精巧に作られた胸の膨らみの感触を確かめ、頭の中で女性のおっぱいと比較をしていた。

その申し分ない弾力は、リアルなおっぱいとしては存在しえない程のハリで、柔らかさと弾力を兼ね備えた、ある意味で理想に近いモノであったが、やはり女性のおっぱいを揉みたいという結論に落ち着く。

一通り堪能させて頂いた後に、俺はおもむろにフアフアさんの手を取り、ゆっくりと嬢のおっぱいへと導いた。




フアフアさんの手に力がこもる。




しかし、それは一瞬の抵抗だった。
ふっと力を抜いて、俺の誘導に委ねられたフアフアさんの手は、難なく嬢の極上のおっぱいへと軟着陸した。




フアフアさんの表情に変化が現れる。




それもそうだろう、生まれて初めて触るLBの極上おっぱいだ。
喜びや戸惑いもあるだろうが、それ以上の驚きがあったはずだ。

それぐらい、良い意味で予想を裏切る出来なのだ。




フアフアさんの柔らかい手が嬢のおっぱいに触れている最中、照れくさそうにしているフアフアさんの表情をまたもやドヤ顔で凝視し続ける俺がいた。





かかったな。





俺はフアフアさんが術中に落ちた事を確信した。
しかし、ここで俺はそれを確実にする為に、エロン公国メンバーにも召喚を呼びかけた。
エロン公国メンバーは慣れたもので、それぞれが悩みながらも次々に召喚して行き、フアフアさんの脇を固めていたたびなうさんも嬢を召喚した。




(左)スパン+嬢 | フアフア | たびなう+嬢(右)




完全に外堀は埋まった。
包囲網が完成し、ここからフアフアさんの心理的抵抗がどこまで続くのかと観察をする事にしたが、





あっさり陥ちた。





両脇を固めた直後、フアフアさんも拍子抜けする程にあっさりと嬢を召喚し、




(左)スパン+嬢 | フアフア+嬢 | たびなう+嬢(右)




という体制が整ってしまった。






「フアフア覚醒計画、ここに達成せり」







思い通りに事が進んだのだが、あっさり過ぎる程という形容がしっくり来る程に鮮やかな流れでの召喚だった為に、俺のS心はやや物足りないと訴えていた。






2014年累計スパン結果: 68スパン(2014/3/24)

このページのトップヘ

見出し画像
×