カテゴリ

カテゴリ:携帯電話(スマホ)

帰国なう。

カテゴリ:




久しぶりに東京に帰ってきた。

前回が7月だったので4ヶ月ぶり(そんなに久しぶりでもない)の東京。


とりあえず外国人として成田でプリペイドSIMを買った。
到着ロビーに自販機があるというのでとりあえず行ってみた。


ちょっと探したが、税関を抜けてロビーに入ってから左に折れてテクテク歩く事3分。

売店の横に自販機が置いてある。


image




かわいい女の子の写真が目印だ。



橋本環奈、だったか。







まぁ、いい。






購入したのは7日間利用可能なSIM。

ナノSIMで2,000円。




1日あたり200MBまでは速い速度で使える(ネットワーク屋にあるまじき解説だが、バスの中でピコピコしてるので省略)ので、普通にメールを読んだり、メッセージをやり取りするぐらいは困らないだろう。



タイ嬢からのビデオコールなどが来るとアウトなので、そこは全力で回避するつもりだ。





注意事項としては、


・現金、しかも千円札しか使えない
・15日利用可能なSIMもある
・隣の売店では両替してくれないので、必ず何か買って崩す必要がある


というところか。


APNは設定済み、ドコモのネットワークに繋がるらしいので安定性はそこそこ期待できるだろう。




隣になぜかNTTコミュニケーションズのSIMの自販機もあるのだが、これは外国人用なのかクレジットカード対応になっている(カード自体も何故か割高。外国人向けボッタクリ価格、って事か?)。





そんなこんなで、1,000円バスに乗って移動中な俺。
普段はスカイライナーをよく使うのだが、荷物が多かったのと銀座に用があるのでバス利用。



何より、安い。



間違いない。


image




スパン予定は無いのだが、スパンヤオに会えるかも知れないので楽しみである(*´ω`*)




しかし、東京は寒いのぉ…(T_T)


NEW HTC One(M8)-香港での発売は!?

カテゴリ:
どーもー、スパンスパン王子です。


先日アメリカで発表されたNEW HTC One(M8)「速攻買ってやるんだ!!(^o^)」などと勇んでいた私ですが、発売日が少し先である事がようやく分かりました。



その発売日とは、、、




2014年4月4日(金)





です。


もしかしたら、それまえにアメリカや他の国からの非正規版が流れてくる可能性がありますが、私はとある情報から香港版の発売を待つ事にしました。



それは、





香港版はCPUのクロック周波数が

他のよりも 高い




使われているCPUは、どれもQualcomm Snapdragon S801なのです。
そして、国際版のモデルナンバーがMSM8974AB(クロック周波数:2.3GHz)なのに対して、香港版はMSM8974AC(クロック周波数:2.45GHzだと言われています。


ごくわずかな差ではありますが、そう急がずとも香港版を手に入れられる私は発売まで待つ事にしました。

あと、これは未確認情報ではありますが、「防水仕様」であるという噂も。

uniqlo_1_HTC-_55c512d6d4adfeb9dd8dc83c2e7229b4


また新しい情報が入り次第、ブログでお伝えしていきますね。







・・・なんか、エロブログじゃなくなってきたぞ??(汗)





すぱーん。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×