カテゴリ

カテゴリ:スパンツアー

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








コーヒーの記事を更新したところで、PVが全く伸びなかったのは予想の範囲内であるが、エロ以外の話題がこれほどまでに関心を引かないとなると、原点回帰してエロい話をし続けるしか俺の存在意義が無いという事になる。


先日、友人にこんな事を言われた。





初めて会った時の事、覚えてます?

僕の隣に座っていた女の子の手を掴んで、僕の股間に無理やり持ってきましたよね?

その時に思ったんです。




「あ、この人、ヤバい人だ。」って。









そんな事をした覚えはとんとな・・・・・


いや、したかな?( ゚Д゚)





いずれにせよ、俺がそのような事をして女子からキチガイのクズ野郎と思われるだけで、股間を触ってもらえた俺の友人は役得なはずだ。(女の子にはごめんなさいと言いたい。)




とはいえ、超人見知りの俺が初対面の男女に向かってそんな大胆な事をしでかすとは思えないのだが、はてさてどうしてそうなったのか・・・
嘘を言うような男でも無いので、きっとやらかしたんだろう。






そんな導入からの流れで恐縮だが、やっぱりエロい事を書かんといかんという結論が出たので、エロい事を書いていこうと思う。

ここのところ、香港から全く出ずにフィリピン人やインドネシア人や香港人や台湾人や日本人とスパンしまくってた俺だが、国ごとに文化が違うように、国ごとにセックスに対する姿勢も違うという事が分かってきたので、簡単にまとめたいと思う。


ベトナム: スイッチ入ると壊れて、最強のセックスモンスターへと豹変する

フィリピン: 穏やかにエロいがセックスは好きなので、気持ちよくしてくれるならいくらでもウェルカム

インドネシア: 基本言いなりで、されるがままにセックスされたい

タイ: エロ/マグロの差が大きく、受け身が多数派を占めている為、男性がリードするとうまくいく

日本: 本音/建前がめんどいが、一度開花すると底なし沼の如き深いエロの世界へと堕ちて行く

中国: 親しくないとただの穴だが、親しくなると積極的に求めて来るドスケベっぷりを発揮する




こうやって特徴を挙げてみると、国別の攻略法というのが見えて来るのではないだろうか。
気持ち良い性行為をし、それをただのセックスと呼ばずにスパンと呼べるようになるまでの参考にしてもらいたい。







今週のスパン数(日~土): 3
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)

ええじゃないか、ベトナム( ゚Д゚)

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









 直近の海外渡航の目的は、ベトナム・ホーチミンである。
ホーチミン在住の日本人の方々から、





キモいから来ないでくれ( ゚Д゚)






などと言われそうだが、すいません、行かせて頂きます。









在住の方々が遊ぶようなエリアとあまり重複しないとは思うのだが、仲間内で情報を共有する為にもエロスポットの探索はしようと思っている。
しかし、2泊3日の弾丸旅行なので、実際にはどこまで遊べるかも不明という状況であり、かつ、素人嬢達との約束を積極的にこなしていく事を最優先事項とする為、エロスポット探索は非常に限定的になる予定だ。




ホーチミンがおもしろいと感じる理由がいくつかある。

・街がきれいになった
・相変わらず物価が安い
・英語が通じるようになってきた
・時折日本語を話す子に出会う
・色白、小柄、巨乳の子が多い
・なぜかNN率が高い



これらの項目に共感を覚える人もいれば、そうでない人もいるだろうが、あくまで俺の主観で判断するならばこのような基準で、ホーチミンは「アリ」なのだ。
7年前ぐらいに初めてホーチミンを訪れた際よりも、俺が場慣れしているというのは間違いないが、それを以てしても上記の項目について、「変わったな」と感じる。
そして、前回の訪問の際に、スパンしなくても夜な夜な飲んで騒げるエリアがあると知った事が大きな違いであり、アドバンテージとなっている。

夜な夜な飲んで騒げるというのは、日本人向けカラオケ店ではなく、その辺のクラブやブイビエン通りの事を指しているが、こんなハゲデブサ男な俺が街中で話しかけても、優しく話を聞いてくれるというだけで、ベトナム人の人懐こさや優しさを感じてしまう。









そんな感じでベトナムについてあれこれ考えていると、ふと、バンコクや香港との比較をしたくなったので、スパンスパン王子の主観に基づいた各都市の特徴をまとめた比較表を作ってみた。

草稿としては完成を迎えたので、明日にも公開しようと思っている。
ちなみに、前もって書いておくと、ここの文脈からも読み取れるように過度にベトナムを贔屓した内容になっているので、「いやいや、そんな事ないやろっ!!( ゚Д゚)」とツッコミどころ満載かも知れないが、あくまで俺の主観を吐き出した資料でしかないので、数多くある意見の内の一つとして受け止めて頂ければ幸いだ。



詳細は明日。














2018年累計スパン結果: 28スパン(2018/1/22)

このページのトップヘ

見出し画像
×