カテゴリ

カテゴリ:グルメ

 実はコーヒ好きなのだよ。

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★












コー・ヒー(※タイ語で「マンコください」という意味になるらしい。)










はい、今回も冒頭からド変態なオープニングとなったわけだが、好きも嫌いも読み手次第という事で、書きたい事を書き続ける暴走ブログの俺たこ日記。







いや、マンコは好きですよ?( ゚Д゚)







という当たり前の事はさておき、実はコーヒー(※飲むやつね)が大好きという俺。







え?しょーもないんですけどー(=゚ω゚)ノ







という声が外野から聞こえてきそうだが、そう思った方はここで離脱してxvideoを開いて、ナニをポロリして、ピッコロしたらジャジャマルっとシコシコピュンして頂ければ構わない。(※深い意味はない)




c1b9ff2f15






どうでも良いが、じゃじゃまるの本名は「ふくろこうじ じゃじゃまる」らしい。

いや、本当にどうでもいい。








これまでのブログの中では俺自身について触れる事は無かったが、もう隠すものも無いし、もっと言えば書く事もないので、この際何でもネタにしてしまおうという事になった。

俺が今飲んでいるコーヒーは、ベトナムのダラットという街で買ってきた豆である。
俺が豆と言うと別の事を妄想するスパンヤオも少なくないと思うが、それは健全な反応なのでスルーしよう。







51660d6116





ダラットは、南北に細長いベトナムの中央部のラオスよりにある山間部にある、小さな町だ。
標高1,500mと高く、年間の平均気温は18℃程度と、ベトナムのくせに涼しい場所なのである。










故に、コーヒー栽培に向いている!!!( ゚Д゚)









と、ここまでは聞きかじった知識だ。

ベトナムコーヒーと言えば、小さい錫製の道具で淹れる苦くて甘い(※飲んだ事ある人は分かるはず)の粉っぽいコーヒーのイメージしかなかった俺だが、とある場所でこのダラット産のコーヒーの事を聞きつけた俺は、にわかに信じがたく、そして飲んでみたくなったのだった。








じゃ、行きますか。






そんなノリで行く事にしたのが、今年の3月頃の話。
HCM(ホーチミン)から飛行機を乗り継いで行ったので、まぁまぁ時間のかかる行程ではあったが、行ってみるとなんとも素敵な街だった。
ホーチミンでもコーヒーはいたる所で飲めるが、ダラットはまさにカフェだらけ
いたる所にカフェがあり、そしてベトナムコーヒーだけでなく、普通にドリップコーヒーやエスプレッソも出している店が多く、ドリップをカリタのV60で出してくる際には当然のようにミルクや砂糖などを出してこない。






分かってるねー( ゚Д゚)






とバリスタのおにーちゃんの肩を叩いた後にハイタッチしたくなるような気分にさせられるわけだが、ダラットのコーヒーは華やぐフルーツの香りというよりは、ほんのり香る甘さとスッキリした苦みが特徴なのではと思う。
巷でとにかく話題になるようなスペシャルティコーヒーのようなフワフワした華やぎではなく、いつでも飲みたくなるような日常のうまいコーヒーだ。

という事で、ダラットでも有名な焙煎所に突入し、そこでもコーヒーを飲みながらロースターなどの施設を勝手に覗く。
このカフェは、コーヒー豆の販売所にもなっているので、ここぞとばかりに俺は豆を買うと決意し、あちこちのロースターで豆を買い集めようとしていた計画を唐突に取り消し、必要なすべての分量をここで購入する事にした。


で、オーダーしたのは、







5kg






1カップ当たりのコーヒー豆の使用量は、15g前後である。

5㎏をgに換算すると5,000gだが、ざっくり333杯分のコーヒー豆を俺一人の為に購入した事になる。
一日一杯をちゃんと飲んで行っても、1年近くかかって消費しなければならない量であるが、1年分豆を買っても値段はたかが知れていたので、ドドーン!!とまとめ買いしたのだ。

ちなみに、豆は挽く前であれば冷凍庫に入れておく事である程度の期間鮮度を保つことが出来るので、自宅に大きな冷蔵庫がある人にはこうしたまとめ買いもお勧めだ。
本当にこだわる人は、焙煎して2週間以内ぐらいに飲み切れる量しか買わないが、そんなに頻繁にダラットまで来れないので、ガッツリ買った。




んで、これがそのパッケージ。



2018-08-10 08.57.13








この袋は1kgの袋で、これを4袋と、さらにトップロースターが気合を入れて豆を焼きました!という250gのスペシャルパッケージ(※それはもう飲んでしまったので無い)を4袋で、合計が5㎏となる。

俺はオフィスでいつもガッツリ飲むので、冷凍庫から取り出した豆を計って挽くところから始めている。
ど素人の俺の個人的な感想だが、ここの豆は非常に高いクオリティで選別されており、焼き色もきれいだ。

カリタのハンドミルでこの30gを挽くのだが、ハンドルをグルグル回し続けるのが辛くてかったるい俺は、とある方法を思いついた。






電動化 だ。






電動とついてもコケシは関係ない。
回す作業を電動にしてしまえばいいのだ。




ということで、これだ。





2018-08-10 09.00.55






何かハイテクなものを期待したアナタ、残念でした(=゚ω゚)ノ


これでウィーーーーーーン!!!!とやってしまえば、全く持って楽チンチンなのである。
ただし、全開でやると速すぎて粒度が揃わないので、ある程度時間をかける必要があるのだが、それでも30gをグルグルし続けるよりはよっぽど良いので、ずっとこの方法でやっている。(※実際には地面に対して垂直に立てて行う)
ちなみに、この電動ドライバーは中国のタオバオで買った超安物なので、ドライバービットを装着して動かすと中心がずれるという、クソドライバーである。







んでもって、こうなって、





2018-08-10 09.04.29






こうなる。




2018-08-10 09.28.49





どうでも良いが、このオレンジ色のコーヒーカップは、昔付き合っていた中国っ子が俺にくれたものだ。
中国のマクドで、注文と同時に数十元払うともらえるというプロモーションをやっていた時に、何気に俺が口走った「あ、これかわいーね。欲しいなー」と言ったのを覚えていて、次に会った時にそっと差し出されたのがこれだ。
カップの縁に厚みがあり、コーヒーが冷めにくいのと、このオレンジ色合いが好きで、今でも使っている。





うまいコーヒーが飲める幸せというのは、良い人生を生きているという幸せと同義だと思う。






あと1カ月ぐらいで無くなるので、また近いうちに買い出しに行かねばならぬと考えている、今日この頃だ。








今週のスパン数(日~土): 5
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)

 

【中国武漢編~第二章 その19~】 朝ごはん食べるでー

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 







予想よりもに早く駅構内に突入出来た俺たちは、まずは電光掲示板で自分たちが乗り込む予定の列車の情報を確認する。



予定時間よりも早く出発することは無いが、遅延は有り得る。






そして、何といっても初めて訪れる駅である。

とりあえず、駅構内の状況を把握し、どこから列車に乗るのか、プラットホームまでどうやって行けばいいのか、などの最低限の情報は確認しておく方が良いだろう。

出発直前までのんびりしていて、直前で走らなければならないような事はしたくないからだが、それらを正確に把握しておくことで不測の事態が発生したとしても対応策を考える余地が生まれるというものだ。








初めての土地では、情報収集を優先せよ。








これはおれがあちこちで遊びまわっている内に自然に身に着けた習慣の一つでもあるが、これが習慣となっているが故に大きなトラブルになる事はまず無い。
どこかに行くにも、帰りのルートを確認してから行くというぐらいの気持ちがあれば、余計なところであたふたしなくなる。









サラッと駅構内コンコースを見回し、俺たちが乗り込む列車の停車しているプラットホームへと降りるための入り口があるのを確認したら、朝飯を食べようという流れになった。

落ち着いてから食事をするのは、精神衛生上にもとても良い。




Wuhan-blog-7





ということで向かったのが、中国大陸でも定番のKFC










中国では「肯德基」と書く。







01300542914691142397816282082





カタカナ表記をすると「ケンダージー」となり、「ケンタッキー」を漢字で当てた音読表記となる。
どこに行っても怪しい食べ物に遭遇する中国においては、こういうチェーン店の存在はありがたい。

事実、中国人ですらも「肯德基の鶏は本物だから安心」と言ってのける程、中国人は中国人が経営するレストランをあまり信用していない事と、早くて簡単に食べられて、値段も手ごろだからという理由で、たいていどこのKFCも繁盛している。












しかし、同僚Aは暗い顔をしている。












「朝からフライドチキンですか・・・」













朝から焼肉でもフライドチキンでも何でも来いな俺だが、一般人には辛いようだ。

俺は同僚Aの気持ちを察しながらも、











ハンバーガーみたいなのもあるし、とりあえずメニューを見よう!










とやや強引にKFCへと向かった。

そして、同僚Aの表情が一変した。









なんと、フライドチキンが売られていないのである。









KFCのくせにフライドチキンが無い・・・だとぉ!!!!









すっかりフライドチキンを食べる気になっていた俺は、その事実に驚愕し、そして怒りで肩を震わせた。(※かなり誇張)









フライドチキンが置かれてないKFCなど、チョコレートを売っていないゴディバのようなものである。









KFCとは、ケンタッキー・フライド・チキンの略であるのだから、フライドチキンを売ってくれないと店名の由来がそもそもおかしくなる訳で、それならばいっそのことケンタッキー・フライング・チンポ(KFC:ケンタッキーの空飛ぶチンポ)とかにして、一体全体何の店なのか分からないようにしてしまった方が消費者を混乱させないので喜ばれるだろう。(※いくらなんでも、そんなことはない)









まぁ、いい。











フライド・チンポではなく、フライド・チキンが無いのであれば、あるものを食べればいいだけである。

同僚Aは俺の横で「あ、お粥もある!」と喜んでいる。


KFCでお粥!?と思ったが、お粥のような何かがメニューにあるように見えたが、興味がないのでちゃんと見る事すら拒否した。



で、俺が頼んだのが、なぜか「イタリア風」を謳うサンドイッチである。
 
中国語メニューで「パニーニ」と書かれていたような気がするが、メニューの写真を撮っていないのでもはやうろ覚えである。


そこで、KFCのWEBサイトを覗いてみたら、ちゃんとお粥もある上に、イタリア風サンドイッチの名前が書かれていた。











帕尼尼






p1











ちなみに、お粥はこんな感じだ。





main-1











写真と違うなんてのは当たり前だが、俺が実際に手にした帕尼尼はというと・・・・












00








これである。









チーズのはみ出し具合がひどく汚らしいが、味もそれに比例してお世辞にもおいしいとは言い難い。
中に挟まっているのは、上から鶏肉・目玉焼き・チーズであるが、あえて鶏肉と書いたのはフライドチキンではないただの鶏肉であるからだ。(※なぜかメニューの写真にはチキンが無い)

チキンエッグチーズサンドイッチと、そのままの名前が適用されても良い商品だが、なぜかイタリア風パニーニを名乗っていたという事を、あえて強調したいと思う。
本物をイタリアでも食べたことがあるのだが、全くもって別物であるので、こんなものに期待を抱いてはいけない。




そして、ちらっと映っているコーヒーだが、提供された瞬間からカップが曲がっており、トレイの上に乗せて運ぶ際にこぼれていた。

カップに蓋をはめようとして力加減を間違ったんだろうなぁーと想像してしまうが、それをそのまま提供する辺りがさすがのチャイニーズクオリティ。

「コップのふちが曲がってしまったのでお取替え致します」なんて言われた日には、「おいおい、なんか薬でも盛ろうってのかい?」とあらぬ疑いをかけてしまいそうになるぐらいに、有り得ない事なわけだ。










そんなクソまずい朝食を摂った俺たちは、出発時刻が近づいてきたのでゲートへと向かった。














2016年累計スパン結果: 102スパン(2016/4/28)

このページのトップヘ

見出し画像
×