カテゴリ

カテゴリ:プリペイドSIM

【海外小ネタ】マカオ プリペイドSIMのアクティベーション

カテゴリ:






SIMパッケージを購入したら、次にしなくてはならない事。







オナニー






ではない。(言うまでもない)





SIMパッケージを開けて、中に入っているSIMカードを取り出す事だ。

39

 
そして、それをモバイルWiFiルーターにズボッと挿し込みシュビビビーンとネットに接続する!!


■Huawei E5776s-32 4G 150Mbps LTE モバイル WIFI ルーター







と、その前に必要なことがある。









アクティベーション









である。
しつこいようだが、













マスターベーション






とは違う。





買ったばかりのSIMカードはそのままでは使えないようになっているので、携帯電話に挿し込んでアクティベーションコードを打ち込んで有効化する必要がある。

アクティベーションコードは、





##123#





だ。
 
これを入力して、発信ボタン(電話をかけるボタン)を押せばコードが送信されて、しばらくすると「アクティベーションが完了したから、これからヌルヌルと高速インターネットを楽しんでね!」的なメッセージが送られてくる。(※原文の内容は忘れた)


SIMカード自体は、スタンダードサイズから切り取れるようになっており、マイクロSIMナノSIMにも対応するので、どの携帯電話を持っていっても大丈夫だ。










・・・ただし、SIMフリーであるならば。






という条件がある。




日本のSIMロックがかかった携帯電話を持って行って、このSIMをズボッと挿し込んだとしても、SIMを読み取る事が出来ずにアクティベーション出来ない。
 
挿れたり出したりしても無駄なので、おとなしくSIMフリーの携帯電話を用意するしかない。







おそらく、ここが日本人にとって大きな壁となるだろうと思われる。










では、どうすればいいのか。
方法はいくつかある。



○方法その1

マカオの街中にある3マカオの店に持ち込んでアクティベーションしてもらう
お店の一覧はここのリンクをたどると記載されているので、住所をGoogle Mapsなどに張り付けて検索すると良いだろう。

■3Macau店舗一覧





○方法その2

近くにある旅行社の窓口に座ってるおっさんに頼み込んで、アクティベーションをしてもらう。(※ただし、対応してもらえない前提で突入し、必死の形相で頼み込む熱意がある方に限る。)






○方法その3

フェリーターミナル内に歩いているお姉さんに声をかけて、助けてもらう。
(※ナンパも兼ねているので、なるべくかわいい子を選ぼう!!)






と、いくつか方法を挙げたが、好きな方法を選んでトライしてもらいたい。

アクティベーション後に受け取れるSMSにはそのSIMカードの電話番号も書かれているので、モバイルWiFiルーターを使わずに電話に挿して使う場合には、その電話番号もメモしておこう。








ちなみに、3日間有効のパッケージは、SIMカードのアクティベーションと同時に自動的に有効になる。
アクティベーション後は、8GBまで無課金で利用出来るので、サウナ探しなどでGoogle Mapsを利用する時などに有効活用できる事だろう。








以上、珍しくエロじゃないお役立ち情報でした。







ところで。




またうちのボスによる毎年恒例の「マイタン大賞」の投票が始まった。
1位になったからといって何かあるわけではないのだが、俺たこブログを読んだついでに投票していって欲しい。


ちなみに、






毎日1回投票可能






なので、スパンスパン王子を応援(or 侮辱)するコメントを添えて、毎日ガンガン投票して欲しい。
どうせやるなら1位を目指したいのが男というものである。


輝けマイタン大賞2014
 http://vote3.ziyu.net/html/amet2104.html 











スパンスパン。










2014年累計スパン結果: 244スパン(2014/12/16)   

【海外小ネタ】マカオ プリペイドSIMの買い方

カテゴリ:







さて、今回はSIM購入編だ。






S・I・M であって、S・M ではないので、これを読んでいる変態さん達も股間を大きくしないように注意してもらいたい。





さて、




みんな大好きエロエロマカオ




での購入例を紹介しよう。





3.現地SIMをゲットする


とにもかくにも、現地に着いたらSIMカードを買う。






全てはそこからスタートするのだ。






というわけで、ターボジェットでマカオフェリーターミナルに到着したら、イミグレーションを抜けたところで左右に分かれるところを、左側へ折れてみよう。

ここにはホテルやサウナの送迎をする人たちが大勢待ち構えているのだが、それは後回しにして先へ進む。

以前とは若干レイアウトが変わってしまったフェリーターミナルの到着フロアだが、ざっくり見取り図を起こすとこんな感じになるだろう。


■マカオ フェリーターミナル到着フロア

マカオフェリーターミナル見取り図


図の上部にある「プリペイドSIM自動販売機」のところに行くと、この自動販売機が設置してある。


■プリペイドSIM自動販売機

21



■プリペイドSIM自動販売機(正面)

37



正面から見ると、隣に並んでいるジュースの自販機と変わらない様子でSIMカードのパッケージが並べられており、お金を入れて数字のボタンで買いたい商品の番号を選択すると、下の取り出し口にパッケージが落ちてくるという仕組みになっている。






短期のエロ旅行者(※エロで無くても良い)が購入すべきSIMカードパッケージは、これだ。








■プリペイドSIMパッケージ

28





これは、パッケージ価格:100HKDのプリペイドSIMだが、次のインターネットアクセスプランが利用できるようになっている。



 マカオ内での通話:800分
 
 インターネットアクセス:8GB

 マカオ内でのSMS:800通

 有効期間:3日間




100HKDの内訳は、この3日間のインターネットアクセスプランが88HKD、残りの12HKDがSIMカード代金となっているので、100HKDでこのSIMカードを購入すれば、その他追加費用を払う事無く上記の条件でインターネットアクセスを利用できる。




個人的には、3連休を利用してやってくるエロ日本人向けのカードではないかと思ったが、中国によって性都・常平を失ったエロ香港人もこれを利用しているのではないかと思われる。





さて、無事にパッケージを手に入れたら、次は使えるようにしなくてはならない。




 
日本人が特に気を付けなければならないのは、ここからになる。




続きは次回。

このページのトップヘ

見出し画像
×