カテゴリ

カテゴリ:置屋

【中国武漢編~第二章 その40~】 怪しいエリア散策開始

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 








話の途中だが、東京出張の際にスパンヤオと会う機会に恵まれ、その際に







ちょっとブログの進行が遅いんちゃいますか?

観光情報とかどうでもいいから、スパンスパン進めて下さい!!




と言われてしまった。
 
今回の武漢編については全100話ぐらいの勢い(※たったの3泊4日)だったが、なるべく寄り道せずにサクサク進めて行こうと思う。












そんな訳で、俺と同僚Aは武漢長江大橋をずんずん歩き、橋の真ん中に到着したあたりで「長江の真上にいるんだ」と、しばし旅情に浸った。

 
Wuhan-blog-1250




対岸にはライトアップされた変な塔が見えるが、観光用の展望塔のようなものだろうか。
どうでもいいので、詳しい事は省略し、渡り切ったところでタクシーを拾う事にした。


Wuhan-blog-1256








ただ単にまた戻るのが嫌だっただけだが。













んで、せっかくタクシーに乗ったので、ネットでの事前調査で仕入れた怪しいスポットに関する情報の確認をしに行こうと、俺たちは運転手に行先を告げた。







玉龙路






運転手が俺たちの言葉を聞いて、







あぁ!?どこだよ、それ?( ゚Д゚)






と言う。
それほどにマイナーな場所なんだろう。







が、俺たちも負けていられない。












汉阳区(はんやんちゅー)の地下鉄の駅があるところだよ!!

とりあえず汉阳大道をまっすぐ行けーーー!!(# ゚Д゚)








とテンション高くまくし立てると、運転手は渋々と車を走らせた。








地図で言うとこの辺だが、基本的に観光客が近寄るような場所ではない事だけは先に言っておこう。












俺はネット上でこのエリアに関する情報を見つけ、


・置屋があるらしい
・マッサージ屋があるらしい
・カラオケがあるらしい


という、何となく夜遊びが出来そうなエリアなんだろうという憶測に基づいて、突入した。





程なくして、運転手が「着いたぞ」と車を止めた。




Wuhan-blog-10026








・・・暗い(;´・ω・)









ちょっと想像していたエリアとは違い、予想以上にダークなエリアなのかも知れない。

しかし、来てしまった以上は探検せねばなるまい、と使命感に燃えた俺は、灯りが見える方向へとずんずんと突き進んだ。

床屋のような小さな店がたくさんあるにはあるが、看板も出ていないし、客引きのオババがいるわけでもないので、いったい何の店か分からんという状態が続いたので、俺は意を決して界隈で一番若くかわいい子が集まっていた店の扉を開けて、中に入った。



Wuhan-blog-10027























2016年累計スパン結果: 155スパン(2016/6/22) 

カテゴリ:





昨日、深圳の向へ行ってきた。


暗い路地に飛び込むと呼び込みのBBAが必死の形相で俺を連れ込もうとする。






「かわいい娘いっぱいいるから、早く!」






俺に断る理由は無い。
飛び込むと、嬢が7人。


無愛想にタバコをふかしてる嬢以外は選べるレベル。




奥にいた細身嬢を選び、支払いをする。





150元。






安定の価格。


しかし、サービスという言葉は存在しない。
嬢の見た目は悪くないが、いうなれば「穴を貸している」というレベルであり、サービスクオリティは下の下である。






とりあえず穴に突っ込みたい俺のようなゲス野郎向けだ。




しばらく鳴りを潜めていたのが復活しているので、行ってみると良いかも知れない。





ちなみに、時間は20時を過ぎていた。





このページのトップヘ

見出し画像
×