カテゴリ

カテゴリ:スパン道

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














買ってしまった。


 

 


いつ何時も、






「自分のスキルが完璧であると驕ってはならない」








と考える俺は、常にスキルの向上を心がけている。


そんな俺に、何かヒントを与えてくれそうな書籍が発売される。








裏モノJAPANには、いつもWEBを通じてお世話になっているわけだが、俺は時折Kindle版を購入して情報収集を行っている。




発売日は3月11日(金)なので、明日になれば読めるわけだ。




海外にいると日本の雑誌などが気軽に買えない為、Kindleの存在は非常に大きい。
そして、デジタルデータなので、引っ越しの際などにも重たい紙を運ぶ必要が無くなる事も大きなメリットである。





いつかこの手の本に「クンニクバスター」が掲載されるといいのだが(*'ω'*)









 





2016年累計スパン結果: 56スパン(2016/3/10)      

ブーササイドのもがき

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 
















ブーササイドに属している俺。







ブーササイドとは、ブサメンであると他人から認定されている人々が属する闇の力を持った人々の集団である。






子供のころは、








「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」



kkk





という某有名CMのキャッチコピーを聞いて育ったので、「イケメンである必要などない」と開き直っていた。

そして、青春時代にはその身の程を知らずに人並みに恋愛感情を持ち、ことごとく玉砕したという黒歴史を持つ男である。







そして、30歳を超えたあたりから「イケメンである事のメリット」に気付いてしまったのだ。



それもこれも、イケメンデカポンチニートの存在を目の当たりにし、その壮絶なイケメンパワーをこの目でしかと確かめたからである。












イケメンっていいな( ;∀;)







そんな風に思うものの、元々イケメンになれる才能が無い上に、30歳を過ぎて本物のイケメンに出会うまで「イケメンになる修行」を一切放棄してきた俺としては、もうどうしようもないと悟ったのだ。







無理なもんは無理である。


笑福亭鶴瓶 民芸肉料理はや   YouTube






今からどれだけ頑張ったとしても、顔面をイケメンに改造するには、もはや韓国人レベルの大規模工事を施すしかないわけだが、俺は自分の親から継承したこの容貌を恥じているわけではないので、それを根本的に作り直すような大規模工事だけは絶対にやってはいけない。



となると、どうするか。






・各部のクオリティを上げてみる





いわゆる、「マイナーバージョンアップ」と呼ばれる手法だが、髪形を変えてみたり、スキンケアに気を遣ってみたり、顔面マッサージをしてみたりと、大規模工事をする事無く変えられそうなものは自分でやってみた。











・・・が、そんな事でイケメンになれるはずはない。










大きな挫折を味わった時、俺はふと気づいた。










ハートがイケメンやったらええねん。









変な日本語ではあるが、「短所はより優れた長所で補える」と信じてきた俺は、俺にしか持てない武器を作り出してイケメンを駆逐する為の武装をすればいいと考えたのだ。









とりあえず、最大限に「良い人化」してみる事を目標にした。








良い人化といっても、ただ純朴に善良である事を求めたわけではない。

俺は過去の辛い経験を思い起こしながら、「モテる為に良い人になる」というやや邪まな目標を掲げ、ゴールに設定したのは「モテてスパンしまくる事」だった。

良い人化の過程において、スパンに至るまでのプロセスを明晰化し、キーワードや使えそうなフレーズを記録し、様々な条件分岐に柔軟に対応できる能力を身に着ける事に成功した。


もちろん、当初は試行錯誤の連続だった為、騙されて金を巻き上げられたり、ひっそり殺されて捨てられてたかも知れないという危険な目にも遭ってきた。




tumblr_kqt4vccCu31qzcc6lo1_400






色々と積み重ねてきたものがあるが、それを「スパン道」として書籍化して、世の中の男性に読んでもらいたいと思い始めた。


これまでにもブログの中には織り込んできたが、体系化された文章にはなっていなかった為に、文脈からノウハウを読み取ってもらう事しか出来なかったが、それをもっと分かりやすく、そして利用しやすい形で世に送り出したい。












・・・いつ書きあがるかは、書いてる本人にも不明だが(笑)










ということで、ブーササイドでもゴールを設定し、それに向けての正しい目標を掲げる事でスパン出来ちゃったりするという話だ。


産みの苦しみというと大袈裟だが、今この俺がこうしてスパン出来ちゃっているようになるまでは色々あったというのだけは、イケメンデカポンチニートに知ってもらいたい。














ぴるむ、炎上したらええねん(*'ω'*)





















2016年累計スパン結果: 45スパン(2016/2/25)    
 

このページのトップヘ

見出し画像
×