カテゴリ

カテゴリ:スパン道

ちょっとした心理戦が勝敗を分ける

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★








ネットで出会いを求めていると、出会う前の会話がとても重要になってくるのは言うまでもない事だが、その中でもスパンが出来るようにお膳立てをしておく事が必須になる。
お膳立てとはすなわち、



・スパンをする約束を取り付けてから会う



という事に他ならないのだが、実は俺はあまりこれをしていない。
スパンをする前提で会うのは話が早いが、会ってからスパンするまでの微妙な空気感を味わう事無く初めてしまう事になるので、どうにもスパンが盛り上がらないのである。

相手の人となりをほとんど知る事無く、スパンをするのは風俗とほとんど変わりないと感じる。本来であれば最後に曝け出す筈の人間の本能とも言い換える事が出来る性行為を、出会ってすぐに行い、その流れでお互いがスパンしたくなるような雰囲気が出来上がっていると、俺は盛り上がる事が出来る。

もちろん、この辺りの感覚は個人差があるだろうから、何が正解とかではない。
個々のスタイルで楽しいと思う方法を選択するのが最善だろう。








では、俺は女の子と会った後にどうやってスパンしようという雰囲気を作り出すのかという話だ。

まずはどうにもこうにも二人になる事から始まる。
場所は自分の部屋が最善ではあるが、初対面の場合には外で一度会ってからというワンステップを踏む事が多くなるだろう。
初対面のぎこちなさをとにかく早く払しょくする為に、俺は付き合いが長い友達のように接するようにしている。
実際に会うまでにLINEやその他ツールでのやり取りが長くなっているので、お互いに初めてという感覚もほとんどない事を利用し、最初の壁を一跨ぎで超えてしまう事が肝心であり、そこからはお互いの距離を勢いに任せて縮めていく。






スキンシップは最高のコミュニケーションツールである



SlbnR





俺が言ったのか誰が言ったのか覚えちゃいないが、俺の中では絶対的正論である。
手を握る、髪を触る、頭をなでる、肩に触れる、などの行為はセクシャルな意味を持たないスキンシップの代表で、これらを抵抗なく許す女の子は、その後にクンニクバスターを受け入れてくれる可能性が高いというのが、俺の経験則から分かっている。
さらに、その成功度を高めてくれるのは、会う前のやり取りでいかに親密になっているかという点に他ならず、ここを怠っていると、会って食事をしたらいなくなるというパターンもあり得る。

女の子も人間なので、好き嫌いとう単純な判断が前提としてあり、ある程度の感情がそこに無いと会おうともしないし、会ったとしてもスパンしようなどと思うはずがない。









ここで、俺が使う小技を一つ公開しよう。

シチュエーションとして、「あなたは彼女いないの?」と聞かれるパターンである。
俺は「彼女はいない」と本当の事を告げる。(※スパンしている相手がたくさんいるとは言わないが、彼女となる特定の人がいないのは真実だ。)

その後に、「なんで?ゲイなの?」などと理由を知りたがる女の子に対する答え方だ。




俺はブサイクで、デブで、頭も悪いし、金持ちじゃないから。

俺は、優しい心を持ってるただの男だよ。




ややキザっぽいが、それは自分自身を演出する必要があるという事を念頭に置いて頂きたい。
そうすると、大抵の女性は「優しいだけで十分。それが一番大事だから。」と言ってくれる。
中には笑い飛ばす女の子もいるにはいるが、それはそれで別のアプローチが出来るのでいくら笑われても構わないし、むしろラッキーと思えば良い。

このやり取りが大事なのは、


・ハンサムじゃないとダメ

・細くて背が高い人じゃないとダメ

・賢い人じゃないとダメ

・お金持ちで何でも買ってくれないとダメ


という訳の分からない高望みフラグを、一気に取り下げさせる事にある。

取り下げた後には、こうなると予想される。


・ブサイクでもいい

・デブでもいい

・アホでもいい

・貧乏でもいい


すべての言葉の前には「あなただったら」が付くのだが、このやり取りを経た後には、女の子から見た俺の評価は「ブサイクで、デブで、アホで、貧乏」という事になるが、「それでもいい」と言わせてしまえば、それら全てが障害ではなくなる。

さらに、人間というものは一旦受け入れたものを拒絶する事が下手である。
最悪な条件を並べ立てた俺であったとしても、「それでもいいよ」と受け入れてしまった以上、その後に拒絶するのは難しくなってくる為、実際に出会えた時点でお股は半分ぐらい開いてる状態と言っても過言ではないだろう。



心が開かれている状態から、お股を開かせるのはそう難しくないので、ここで様子を見ながらスキンシップを深めていく。

すると、気が付いたらポンチがマンコに刺さっている事だろう。



111ダウンロード


 









2018年累計スパン結果: 11スパン(2018/1/12)   

スパンスパン王子がスパンスパンしまくれる理由とは

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★







年明けからなぜかスパンしまくっている俺だが、これにはいくつか理由がある。


・去年から仕込んでいたインドネシア人に会えた

・タイから出稼ぎに来ているタイ人と気が合った

・以前に香港で働いていたタイ人が戻ってきた


など、ラッキーパンチが続いているからである。


香港にいるインドネシア人やフィリピン人とスパンするのはさほど難しくは無いが、何しろ彼女たちの社会は小さく、横の繋がりもある為に、あちらこちらと手を出していると有名人になってしまうケースもあるので、その辺りは注意が必要である。

その点、タイから出稼ぎに来ているタイ人とスパンするのは、最も効率が良いといえるだろう。
仕事があるので真夜中に会ってスパンだけするというパターンが多く、睡眠時間を著しく損なう事になるのだが、無料でスパンをさせてくれるというのであれば、多少睡眠時間が削られるぐらいの事は厭わないという気概で臨む必要がある。









先日会ったMというタイ人。
俺と同じぐらい背が高く、チェンマイ出身なので色白で中華系の要素が出ている。
下手をすると、





え?釜?



f463f39a




と言いたくなるようなガタイの良さではあるが、おっぱいもマンコも本物だった。
初日は彼女の仕事前の時間に会ったので、彼女は俺とのスパンの後に仕事に向かうつもりだった。
しかし、1度目のスパンを終えた後に続けて2スパンしてしまう事となり、結局彼女は仕事に行くことが出来なかった。

出稼ぎに来ているのに、俺とのスパンを優先して仕事を忘れてしまうという、何とも素敵なおっちょこちょいさんである。




そして、その彼女は、俺の事が気にいってしまったらしく、真夜中になって仕事が終わる時間になると電話をかけてきて、





仕事終わったから会おう!
迎えに来てー!!





という。






いや、眠いし( ゚Д゚)


393txCu








と昨日も断ったばかりだが、それにめげる事なく今日もお誘いが来るという状況である。







やれやれ・・・

俺のしょぼくれたポンチのどこが良いのやら・・・






と思うのだが、最近になってそこに何かしらの価値があるのではと思うようになってきた。
いや、俺のポンチの価値ではなく、俺がこれまでに培ってきたテクニックの価値である。

俺のナンパテクはその辺のナンパ師に遠く及ばない。
そんなしょぼくれたアラフォーオヤジの俺でも、こんなに頻繁にスパンスパン出来ちゃうんだぞ!と胸を張れるには、何かしらノウハウが活かされているという証拠に他ならない。


そう考えると、俺がスパンする為に行っている事、そしてスパンの際に繰り出している技などは、他人も知りたいという事なのではないだろうか?と思えるようになった。
さらには、俺の友人女性からも具体的な意見をもらい、それは世の中の女性の為にもなるのでは?と女性視点のアドバイスを受けた事によって、俺の中で意識が芽生え始めた。









これまでにもクンニクバスターの極意を口頭で伝えた事はあったが、後にも先にも目の前で実演して伝授したのは愛弟子だんじりーのみである。

スパン道を極めんと志す者にとって、俺が繰り出す技の数々が助けになればと思う。








問題は、どのようにそれを伝えるか、という点だが(*´Д`)






その辺はまた今度昼寝しながらでも考える事にしよう。

 










2018年累計スパン結果: 9スパン(2018/1/10)      

このページのトップヘ

見出し画像
×