タグ

タグ:おっぱい

唐突だがVAPEを買った。

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★











昨日、唐突だがVAPEを買った。
VAPEとはいわゆる電子タバコの事で、決してこっちではない。



81XJuRowWGL._SY550_




俺が買ったVAPEは蚊にはよく効かないが、シーシャのようにあれこれ準備しなくても気軽に煙を吸えるところにあり、爆煙の為にトリックをしやすいというメリットがあるので、楽しそうだと思って買う事にした。
ちょっと話がずれるが、実は数年前に日本で購入し、その夜に六本木のクラブで紛失したという苦い経験を持つだけに、再び買う事に抵抗を感じていたものの、シーシャが無いような屋外のバーなどでものんびり出来る事から、これはありだと考えていた。


で、香港にもある某チェーン店に出向く事にした。
ここは何気にパンチラスポットなので、用事が無くても足繁く通う場所ではあるのだが、この日は目的がはっきりしていてパンチラなどには見向きもせずに、猫まっしぐら状態でVAPEショップへと向かった。
3畳ぐらいの小さなブースに並べられたVAPE本体とジュースと呼ばれるリキッドが並んでいるのだが、店の1/4程を占めるレジスペースにパンクなスタイルのおねーさんが胸元を露わにした格好で座っている。
スターターキットを買おうと思いながらあれこれ見比べるのだが、気が付けば視線はおねーさんの胸元へと向いてしまっていて、なかなか決まらない。



あ、あの・・・
スターターキットでなんかおすすめありますか?



もう考えられなくなってきたので、お勧めを聞いてそのまま購入しようとダメ人間の買い物方法を選択する事にした。

するとおねーさんは、



私が使ってるのと同じのがおすすめよ。
試してみる?



と、たった今自分で吸っていたVAPEを差し出し、俺に吸ってみないかと勧めてきた。







あれ?これって・・・もしかして・・・






間接チッス!?






と中学生みたいなドキドキ感が俺の脳を支配する。
とても言葉を発せられる状況ではないので、俺は精いっぱいの力を振り絞って首を縦に振った。
するとおねーさんは、ティッシュを取り出してドリップチップ(VAPEの口をつけるパーツ)を拭き拭きし、俺に手渡した。





あ・・・(ちょっと悲しい)





92f4b5345f46ab2f46638dfc71722229







何も言えずにそのまま吸ってみる俺。
思ってた以上に爆煙だったので、これを買おうと決意する俺。





・・・決意したものの、せっかくなのでしつこく間接チッスを味わう俺。





そんなわけで、あとは言われるがままにオプションやら何やらを追加し、思ってた以上の支払いになるも、黙ってクレジットカードで支払った。

そして、ここからが面白い。




帰りがけに、「お店のカードある?」と聞いたところ、店のおねーさんが「私の携帯も書いておくから、また来てね」とマジックで電話番号を書いてくれた。
別にそれぐらいは何てことないのだが、そこから「さっきはありがとう。また色々と教えてね」とメッセージを送ってみた。
本当に何も分からないので頼りにしたいという気持ちと、あわよくばあのおっぱいを揉んでみたいという素直な気持ちが入り混じってのメッセージ送信だったのだが、万に一つも可能性は無いだろうと思っていた。

そして、夜遅くに返信があった。
返信があるだけでもうれしいのだが、送られてきた内容は「仕事が終わって食事に行くの。疲れたー!」と普通のメッセージだったので、「お疲れ様!終わるの遅いんだね?」「一人で?それとも彼氏と?」と探りを入れてみた。
それに対してシンプルに「そうだよ(笑)」と返ってきたので、俺は盛り上がってたテンションを静め、友達になる作戦に出た。
「彼氏」というキーワードが出た以上、しばらくは「彼氏ネタ」をすべきではないからだ。



彼氏がいると言われても、その彼氏という存在を無視して会話を続ければよく、こちらから彼氏の存在を思い出させるようなネタを振ってはいけない。
彼氏の存在が罪悪感となって、楽しい会話をする事にネガティブになってしまう事がある為で、そこからより先に進もうとするならば彼氏の存在が気にならなくなるぐらいの期間を経過してからではなくてはならない。
敢えて彼氏の存在をプッシュするという別パターンもあるが、今回は出番が無いだろうから、また別の機会に紹介しよう。


とりあえず、しばらくは様子見だ。
 







今週のスパン数(日~土): 4
(※毎日更新する訳ではないが、もはや今年のスパン数をカウントする事は不可能なので、直近でカウント可能な数を書く事にした。)



【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その44~】出会いを求めて三千里

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★






 




食事をしようと周辺を探索すると、さっき通りすがりに遠めに見えていた教会を発見し、撮影。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (684)


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (680)












ついでなのでその近くをウロウロしながら、「なんかうまそうなもんねーかなー」と物色しつつ、まずはコーヒーを飲んで落ち着く。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (708)




一息ついたところで、「どっかにかわいい子がおっぱい出して歩いてないかなー( ゚Д゚)」と探す旅に出た。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (714)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (709)

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (713)














いるわけないけどなΣ(゚Д゚)







で、何やら美味そうな気配のする店を発見して突入しようとするも、店のババアに「ここはテイクアウトのみだよ!おととい来やがれっ!!( ゚Д゚)」と追い返される。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (717)




中でなんか食ってる奴いるけど、それって身内ってことなの?と首をかしげながら他の店を探し、結局なんてこと無さそうなベトナム料理店に突入。

ビールと、何やらベトナムっぽいものをオーダー。





肉入りスープ、どーん!

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (719)








麺と野菜、どーん!!

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (721)








雑である。













食い方が分からんので店員のおっさんに聞いたら、ライスヌードルと野菜をこのスープに浸しながら食べるというスタイルだと片言の英語と、まるで落語家がそばをすするような大げさなジェスチャーで食べ方を教えてくれた。
俺もそのおっさんを真似て、即席の落語家を気取ってガツガツ食い、ビールを飲んだ。



昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (697)




ベトナム各地で良く目にする「333」や「SAIGON」ではなく、「HALIDA」というビールだったが、アッサリした味だったかな?というぐらいの曖昧な記憶で、それ以外には特に印象にも残ってないので、うまいと思わなかったという事だろう。





そんな事より、大事なことがある。

俺はハノイにしょうもないビールを飲みに来たのではない。







出会い






素人ベトナム嬢との出会い







ひと夏の思い出(※既に10月だったが)






異国でのアバンチュール








俺が求めているのは、こんなまったりしたおひとり様ディナーではなく、アグレッシブな行動に出てこそ得られる偶然の出会いである。
2本目のビールを飲み干したあたりでこの事を思い出した俺は、そそくさとスマホを取り出し、俺が海外でよく利用している出会い系アプリを立ち上げて、周辺検索をかける。





おお、いっぱいおるやーん(*´▽`*)
※おっぱいは出てない





という流れから、プロフィール欄の小さいサムネイル写真でかわいい雰囲気の嬢に、片っ端からメッセージを送信する。
せっかくなのでビールをもう一本追加し、飲みながらメッセージを送りまくるという作業を続ける。

すぐに返事が返ってくる事もあるが、





「ハロー、私はマッサージの仕事をしているの。今夜サービスを受けたい?」






的などうでもいい営業アカウントなので、相場を知るために値段と内容を聞いてから丁寧にお断りし、ブロックしておく。
3本目のビールを飲み終わるころになっても、まだ素人嬢からの返信は来ないので、酔い覚ましに周辺を散歩する事にした。


店を出ると、近くから香ばしい香りがするので煌々と明かりが点いたその店に向かう。
ベトナムのコーヒー豆を売っている店のようだが、なぜか一番の売りはコピ・ルアク(インドネシアのジャコウネコのウンコから採るやつね)で、半信半疑で店員に話を聞いてみようと中に入ると、






あれ?あれはもしや・・・・





そう、店内に日本人女子が二人いたのだ。
ベトナム土産にコーヒーを買いに来たらしいのだが、コーヒーは良く分からないと悩んでいるようだった。
俺は真面目にコーヒーの調査に来たわけだが、困っている日本人女子を同胞として助けなくてはならないと、声をかける事にした。





コーヒー探してはるんですかー?(*´Д`)







え!?うわっ!キモッ!!( ゚Д゚)







かなりの驚きと拒否反応で迎えられたが、そんな事にめげる俺ではない。

コーヒー屋にいるからにはコーヒーに多少なりとも興味があるに違いないと断定して、コーヒーの話を始め、さらには店員を巻き込んで香りを試させたり、豆をかじらせたりしながら、徐々に和んでいった。
最終的に小さい袋入りコーヒー粉を買うところまでを通訳したりしながら助け、店員も含めてみんながハッピーになったところで、「ほな、これから飲みに行こかー(*´Д`)」とそのままサクサクと近くのカフェへ突入した。








細かい事は省略するが、二人組の日本人女子は出張でハノイに来ていて、仕事で忙しかったのだが今日ようやく時間が出来たので夜に市街観光をしていたという事だった。
で、一人は俺好みだったのだが、もう一人はどうしようもないおばさんキャラで、かつ、お酒が一滴も飲めないという非常にややこしいキャラ設定のオプション付きだった。

俺とかわいい女子はビールを飲み、おばさんキャラはジュースをオーダーして、異国ベトナムでの乾杯と相成った。
異国での出会いというものは面白いもので、同じ日本人同士というだけで、少し気持ちが緩む傾向にある。
俺のようなハゲキモデブオタオヤジが日本で同じように声を掛けると、最初の「うわ、キモッ」で全てが終わってしまうのだが、海外であれば多少の和みで連れ出すところまで持っていける事が多い。

しかし、ここから先は別の意味でハードルが高くなる事もある。
今回のケースのように一人が全く飲まない場合には、必ず二人揃ってホテルに戻る流れになるしかないので、不慣れな異国の地にかわいい子だけを残して先に帰るというパターンはまず発生しない。






そうして、1時間ぐらい飲んでいたが、お酒が飲めないおばさんキャラがそろそろ帰ろうと言い出す、予想通りの展開となり、かわいい子とLINEを交換してからの別れとなった。













前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その43~】エロ侍たるものエロ以外求むべからず
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1069467907.html








2018年累計スパン結果: 2スパン(2018/1/3)      

 

このページのトップヘ

見出し画像
×