タグ

タグ:イミグレーション

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その22~】国境突破!ベトナム領へ突入だっ!!

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★








一通りの撮影を終えた俺は、国境に掛かる橋へと足を進めた。
香港と中国を跨ぐ国境以外で、歩いて国境を越えたのは他にどこがあっただろうか。

やや興奮気味で、小さな爆発でいつでも崩落させられそうな造りの橋を渡る。
橋の向こう側にはベトナム側のゲートとイミグレーションがある。
距離にしてわずか150~200m程しかないので、ウサイン・ボルトが全速力で走れば15~20秒ぐらいで通り過ぎてしまう距離感である。



昆明・ハノイ・バンコク_2016-126





川の中間地点あたりに、橋の継ぎ目がある。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-129



おそらく、ここが国境なのだろう。
橋の欄干の向こうに見える川はご覧の通りキレイではないが、何とも感慨深い風景だったと記憶している。
というのも、将来またここに帰ってくることがあるかと尋ねられたら、「あり得ない」と回答せざるを得ないからだ。
それほどまでにあの6時間が辛かった。







あの苦行を乗り越えてたどり着いた先で出会ったスパン。
そして、これから待ち受ける新たな経験に期待をしながら、俺はこの継ぎ目を超えた。
ただの継ぎ目だが、俺にはとても大きな意味があると思い、珍しく自撮りをして記録に残した。


Vietnam_2016Oct-9





この写真の反対側(つまり俺が見ていた景色)はこうなっていた。




昆明・ハノイ・バンコク_2016-135





いかにもベトナム人といういでたちのおばさんが、何やら大きな荷物を広げて少し離れた友人と大きな声で話をしている。





あぁ、ベトナムに来たのか・・・





としみじみとしながらも、俺はまた荷物をまとめ、自転車や大八車で荷物を運ぶ人々に紛れながらベトナム側のイミグレーションへと足を進めると、ベトナム語で何かが書かれたゲートが近くなった。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-136



橋の途中で河口の街を振り返る。
こうしてみると、ビルが建ってたりするので、とても辺境の街とは思えないのだが、高い建物と言えばここに写ってるものぐらいしかないので、やっぱり田舎である。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-139











ゲート脇にはなにやら石碑がある。
めんどくさかったので近くには行ってないが、皆が写真を撮っていたので、何かしらあるのだろう。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-143



名残惜しい気持ちを捨て去るように、俺はベトナム側のゲートを潜る。
真下から見上げてみると何が何だか分からないが、ゲートを潜ると「ベトナム領に入った」という実感が湧く。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-145

昆明・ハノイ・バンコク_2016-147






俺はベトナム側のイミグレーション前の広場で再び撮影し、それから建物の中へと入った。

■ラオカイ国境 - 越南・ラオカイ










 
前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その21~】ドローンはダメだぞ!!( ゚Д゚)クワッ
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1067237236.html
 

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その21~】ドローンはダメだぞ!!( ゚Д゚)クワッ

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★










エレベータを上がりきると、何やら人がいる。



Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-52




というか、すぐ隣に階段があるという謎の造りをしている事にも驚かされるわけだが、子供がギャーギャー騒いでるのに輪をかけて、ババアが金切り声を上げて子供に何かを言っているという構図が見て取れる。

これ自体は中国で良くある光景なので驚きはしないが、そのまま入り口を探して進んでみると、





Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-53





子供が用を足していた。

いや、これも別に珍しい光景ではない。
田舎の方に行けば、子供たちは「いつでもどこでも糞尿を垂れ流す事が出来るように親切設計された人民専用特殊パンツ」を履いているのでしゃがむだけで用が足せてしまうので、物陰に潜んでそこかしこで用を足す子供たちをよく見かける。



なんだ、いつもの光景か。



とサラッと流し、俺は奥にあったイミグレーションカウンターに並び、中国を出国した。
写真撮影厳禁(※中国では下手すると拘束される)のと、出国に関してはパラパラッとパスポートを見てスタンプを押すだけなので、全く時間がかからなかったので、特に書く事は無い。







で、こうなる。



Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-54




この写真を撮ってから気付いたのだが、中国⇒ベトナムへと抜けるカウンターは2階にあり、1階がベトナム⇒中国へと抜けるカウンターになっている。
で、先ほど1階の入り口から入ろうとしてオッサンにガーガー言われた理由が分かったのだった。







俺はゲートをくぐる前に写真を撮っておこうと、ゲート前にいた係員(軍人?)に話しかけ、写真を撮ってもいいか?と確認した。



写真?いいぞ。



あっさりと許可が出る。
もうちょっとあれこれ言われるかと思ったが、拍子抜けの二つ返事だった。



でも、俺たちを映すんじゃないぞ。



と追加の注意が。
国境警備隊も公務員なので、偶然にでも鼻くそほじってるシーンが写ってたりするとマズいって事なんだろう。



が、俺が撮影したのはパノラマ写真なので、どうやってもこうやっても写ってしまうという。



見てみたい方はこちらでどうぞ。

■河口国境 - 中国・雲南





あれこれ機材を使って撮影するのだが、撮影の為に三脚を立てようとしていると、先ほどの軍人が訝しげな顔をしながら近寄ってきた。



それは、ドローンか!?
ドローンはダメだぞ!!( ゚Д゚)クワッ



ドローンはダメなのかと思ったが、俺はこの旅にはドローンを持ってきていなかったので、ただの写真だと伝えて、安心してもらった。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-120



この写真ではちゃんと見切れているが、右側に見える掘っ立て小屋にその軍人がいて、通行者に目を光らせていた。








 
前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その20~】いざ、国境を越えんっ!!
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1067224995.html
 

このページのトップヘ

見出し画像
×