タグ

タグ:クズ

スパンスパン王子流モテ方論-エアーモテ男編

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














「あなたってモテるでしょ?」









そんな事を女性から言われた時、どのように反応するのが正解か。


もちろん、シチュエーションによって多少のアドリブは必要だろうが、例えばその言葉を言い放った女性が自分のタイプであり、かつスパンしたいと思っているような相手だった場合には、こう言おう。









「ありえないでしょー!」






「俺みたいなブサイクな奴を誰が好きになってくれるの?」






「・・・(ちょっと間をおいて)でも、君が俺の事好きになってくれるなら、その瞬間こそが俺の人生で一番幸せな瞬間かも知れない。」










そこで女性の反応を伺う。





■本気で嫌な顔された場合

「ほらー、やっぱり俺なんかモテるはずないでしょー?」と笑って流す。





■ちょっと驚いてまんざらでも無い表情を見せた場合

「幸せな瞬間って、突然訪れるんだろうけど、今ここでその瞬間に出会えたらいいなぁ」と軽く押し、次の反応を待ってから押し続けるかどうかを判断する。

この場合、少なくとも「種は撒けた」と判断し、無理をしない事が肝心。






■「私は好きだよ」とストレートに言われた場合

その女性と付き合いたいと思ってるなら、そのまま「じゃあ、俺達今から付き合おう。」とドストレートに話を進める。

しかし、「ただスパンしたいだけ」ならば、「君みたいな子が俺の事を好きなはずが無いでしょー?話し合わせてくれて、ありがとう。もうそれだけで俺は胸がいっぱいだよ。」と手や肩に触れるか、頭を撫でる。
ここで嫌がる事が無ければ、近いうちにスパン可能だろう。





スパン道-1






これは、スパン道の基本でもある。






俺は女性ではないので女性の心理は正直分からないが、女性の反応はたくさん見てきたので、ある程度の条件分岐による判断とアドリブでその場をうまく乗り切るだけの能力は身に着けてきたつもりだ。





そして、最近思う事としては、「女性から「モテるでしょ?」と言われるオーラを出すべし」である。





変な話だが、「隣の芝生が青く見える論」がここでも適用されると俺は本気で考えており、ある程度女性の影がちらついているような男性こそ、何か魅力があるに違いないと潜在的な期待が高まるはずである。

ここで「全くもって女性から好かれないだろう感」が出ている場合には、それこそ「何か問題があるんだろう」と警戒される。










なんとも簡単な理論である。








つまり、モテそうな奴はモテる。











もっとぶっちゃけて言うと、実際にはモテてなくても良いのだが、とりあえずモテてると思わせてしまえば良い。




「エアーモテ男(モテてる風ブサメン)」を演じる為の効果的な例をいくつか挙げておこう。

・とりあえず小ぎれいにしておく(見た目の話)
・細かい所作を丁寧にする
・とにかく優しくする
・女性と話すときも目を見る
・女性友達との会話を自然に行う
・女性用ブランドにもある程度の知識を持つ
・自分の事は極力話さず、相手の話を引き出す


などである。



顔の造りはさほど影響しないし、やり方次第では「太鼓腹(デブ含む)って気持ち良いから素敵」と背後から竹槍で不意打ちされるような驚きの超ポジティブ発言を引き出す事も可能だ。


男女ともにそうであるように、好意を寄せる相手にはどんな妥協をしてでもお近づきになりたいものであり、好意を持たない相手にはどんなに見た目が良くても、どんなにポンチが大きくても、全く近寄られたくないと思うものだ。







というわけで、普段からそんなことをしていれば、100人に1人ぐらいは「モテるでしょ?」と言ってくる。

それを継続していく事で、1人が2人になり、いつの間にか数十人へと増えるだろう。









その時こそ、エアーモテ男からモテ男へと進化出来た時かも知れない。











2016年累計スパン結果: 45スパン(2016/2/24)    

引退といえども。

カテゴリ:




★★…………………………………★★



2015年:395スパン!

そして、引退へ。


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 

 














「引退、引退」と騒いでいますが、今のところまだ何も進展はありませんので、当面はそのままです('ω')ノ









という訳で、昨日は軽く2スパンしておきました。

既存案件のドM嬢です。







部屋に入るなりポンチを咥えてくれる、とっても従順な子なのですが、情緒不安定なところもあって時々非常に面倒になります。

が、なんだかんだ微妙な関係のまま続いております。







そんな時に、ふと思いました。(※ポンチを咥えられながら)


















もし、引退して結婚となったら、俺は外で遊ばなくなるのか?
















答えは簡単。











努力します。(*´▽`*)










非常に曖昧な回答ではありますが、まだ始まってもいないものを真剣に考えても仕方ないという場当たり的対応が大好きな私としては、今出せる答えで最善の答えはこれなんです。


仮にOとこれからもうまく行くような流れになり、正式に付き合うような事になれば、自然と彼女の為に使う時間が増えてくるでしょうし、他の女性をめったやたらと探すようなことは無くなるはずで、新規案件が増えません。

となると、新規開拓を続けてスパン数を増やしてきた2015年度とは違い、スパン数が伸び悩む事になるわけですが、ここで注意すべきはこれまでの既存案件の存在です。

「会えばスパン出来る」存在、お互いにそれを求めるようなセフレのような存在が数人いるものの、Oと会話する時間はもとより、元々2016年は自分の為に時間を使うと明言していたことからも、それらの既存案件と会う機会も減らすつもりだったので、自然とその数は減少していくでしょう。

つまり、私が精力的に活動することが無ければ、どうあがいてもスパンに至らないわけです。










1日24時間、1年で8,760時間です。












・・・今年はうるう年なので、8,784時間ですが。






1日7時間程度寝ると考えると、1日の内の約30%は睡眠時間に使っていると言えます。
睡眠は体の為に必要ですし、老化防止やダイエット、記憶の定着など様々な効果があると言われているので、これを無駄に削るような事は避けたいところです。

となると、残りの70%、17時間をどのように使うかで私の人生が変わってきます。

この17時間から労働時間・通勤時間として拘束される10時間を差し引くと、私が私の為に使える時間はわずかに7時間しかありません。






その限られた時間のうち、私は1~2時間をジムでのトレーニングに充てます。



同じく1~2時間を語学の習得、精度の向上に充てます。






となると、最大でも5時間しか残されておらず、帰宅して食事をしたり、ポンチをしごいてる時間などを考慮すると、結果的に無駄に時間を浪費する事が出来ないようになってしまっているので、新規案件の発掘という膨大な時間を浪費する作業はどうやっても出来ないのです。








したくても出来ない。









他の事が忙しいからしない。











飽きたからもういい。








表現の方法は様々ですが、つまるところ優先度の差が生じたので「やらなくていい」という事になっています。

今現在やるべきことは、




・体重を70kg以下に落とし、シックスパック(腹筋のアレ)を作る


・タイ語を主に学び、タイ文字の読解が可能なレベルに高め、Oとタイ語でコミュニケーションが取れるようになる
 

・英語を傍らで勉強し、現在の中途半端な英語力を「話していて自然」なレベルまで引き上げる




と決めています。

他にもやる事はあるのですが、それは頭が語学の勉強で疲れた時や、ジムに行けない時などを利用する予定です。










そして、いざ結婚して既婚者となった暁にどこか外で遊ぶ事になったらどうするか?













相手が既婚・未婚問わず、私は会います。スパンします。










既婚者の方は後腐れの無さそうな人妻を選ぶ方が楽だと考えるでしょうが、私の考えでは既婚・未婚ともにトラブルになったらどちらも面倒です。

未婚者だと、付き合ってるところから「奥さんと別れて結婚してよ」とかそういう話になり、その後は泥沼化していくような流れを想像してしまうのでしょうが、それは既婚者も同じであり、既婚者であったとしてもその気になれば知らぬ間に別れて来て「責任取って」と言われかねないのです。

つまり、トラブルになったらどちらも同じと考えると、そこに拘ってしまうのはスパン機会を自ら捨ててしまっている事になり、非常にもったいないと言えるので、どちらとのスパンするべきであり、ただひたすら「深い関係にならない」という点だけに注意を払えば良いと思います。



その時に注意すべき点を3つ挙げておきます。


・「将来」を語らない

口説くときに相手に将来のビジョンを見せてはいけません。
その先がある前提でスパンをしてしまうと、それはすなわち責任が発生するからで、その将来を少しでも見せてしまった事でトラブルが発生します。
最初から割り切ったお付き合いが出来る前提にしておきましょう。




・いつでもいなくなると思わせる

この関係が永遠ではなく、どこかのタイミングで突然終わることがある事を最初から示唆しておきます。
それをしないのは「将来を語る」のと同義であり、危険です。




・「たまに会える楽しさ」を共有する

いつでもベッタリという関係ではなく、「たまに会えるから楽しいよね」とお互いの距離感を共有し、最初から距離があって当たり前という意識を相互に持つことが大切です。
そして、「いつも一緒にいたい」とどちらかがならないように注意すると共に、お互いがその気持ちになったら形振り構わず一緒になってしまった方が幸せでしょう。





これを自然体で出来るようになると、相手が勝手に距離を置いてくると思います。






こいつ、深入りすると良くないぞ







って(*´▽`*)












為になるようでならない、クズの思考回路でした。





スパン道-1







2016年累計スパン結果: 3スパン(2016/1/6)     

このページのトップヘ

見出し画像
×