タグ

タグ:クンニクバスター

【中国武漢編~第二章 その62(最終話)~】 関取とのがっぷりよっつ

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 












いつものように当たり障りのない会話をし、関取が東北出身だということが分かった。
 
モンゴル系かと思ったら、朝鮮系の血を中途半端に引いてしまったようで、非常に残念な東北嬢であるわけだが、マッサージはうまいし、性格は良い。

というわけで、とりあえず俺は触ってみることにした。








さわわ・・・さわわ・・・







どこかで聞いたフレーズだが、マッサージ中の関取の太ももへのソフトタッチで様子を見る。

くすぐったそうにしているが、止められる事はなく、しばらくそのまま触り続ける事が出来たので、ふとももの外側から内側へと手を移動させ、内腿をゆっくりと摩り上げると、関取がクネクネし始める。













かわいくもなんともないわ( ゚Д゚)













だが、続ける。





短いスカートのような制服の下には、しっかりしたスパッツのようなものを履いており、本丸の防御はしっかりと固められている印象である。







そう簡単に白星はくれないな・・・







と、俺は作戦を変更する。
腰から背中にかけてのマッサージを程々に終わらせ、太もものマッサージをするように依頼する。


もちろん、仰向けになった状態でだ。




関取は不自然な依頼に首をかしげながらも、健気に言われた通りのマッサージをしようとするのだが、これには「仰向けになることで両手の自由度が高まり、より効率的に本丸を攻める事が出来るようになる」という明確な意図があった。

そして、その思惑は的中し、俺は太ももの付け根の部分を自由に攻める事が出来るようになり、時々スパッツという強固な城壁越しに本丸への接触を試みることが出来るようになった。

関取も興奮してきたのか息が荒くなり、ブヒブヒと大きく息をするようになってきた。







いよいよ、勝負の時か?とタイミングを計っていたところで、織田信長の名言が俺の頭をよぎった。











「攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな」










攻撃を一点に集約、すなわち、本丸攻めを本格化する時であるっ!!










「振動する豆」!




51660d6116










オラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!!








23d25bf8














ブヒブヒ言いながらしがみつく関取。










ここぞとばかりに乳を鷲掴みにする俺。










ブヒブヒブヒブヒ止まらない関取。









しがみ付いてくる関取の腕をかいくぐって服を脱がせにかかる俺。










ブヒブヒブヒブヒ止まらない関取。










ポロンとこぼれた乳にむしゃぶりつく俺。











ブヒブヒブヒブヒ(以下略










乳を舐めながらスパッツを脱がす俺。










ブヒ(以下略











露わになった本丸に指を挿入し、そのままクンニクバスターを発動する俺。










ブ(略












そんなこんなで、もうスパン出来る態勢が整った関取は、ブ(略)と鳴き止まずに挿入されるのが今か今かと待ち構えているので、俺はその流れを途切れさせぬようにしれっと挿入した。










ブ、ブ、ブヒィィィィ!!!!










かなりの声量で喘ぎ声を上げてしまい、一瞬ハッと我にかえる関取。
 
外部に声が漏れてしまうと怒られてしまうらしく、自分で口を押えながら一生懸命我慢している姿は健気ではあるが、いかんせん関取である。

あとはお決まりの最終奥義「スパンボルケーノ」を発動させ、見事に千秋楽を白星で飾る事が出来た。



0019b91ecbef142338654b















ごっつぁんです( `ー´)ノ







sp-20100921-001-ns-big












関取相手ではあったのだが、こうして無駄な追加料金を払うことなく、無事にスパンする事が出来たので間違いなく安眠出来るだろう。
 
ちなみに同僚Aのところには、素晴らしくかわいくて若い嬢が来てくれたらしく、同僚Aは「恋に目覚めた高校生のような軽やかなステップ」でロビーに現れた。

スパンに関してはお誘いも無かったとのことなので、関取だけの特別サービスだったのだろう。
これを読んだ読者が、もし万が一ここに行かれる事があれば、関取を指名してみよう(涙)







明けて翌日、俺たちは武漢駅で飯を食ってから、悠々と香港へ向けて出発した。

こうして、俺たちの初武漢スパンの旅は終了したのであった。









中国武漢編
 
-完-






















2016年累計スパン結果: 235スパン(2016/9/15) 

【中国武漢編~第二章 その36~】 フレンチキッス

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














マッサージも決してうまいわけでは無いのだが、俺が回復する為の時間稼ぎとしては十分なクオリティだった。
 
散々振りまくって疲労したであろう腰をうつぶせの状態で重点的に揉んでもらい、徐々に肩の方へと移動してもらったのだが、うつぶせの状態の俺に跨ってマッサージをしてくれているので、腰から背中へとマッサージする場所が移動した際に、嬢のマンコと俺のお尻がフレンチキッス(きもい


嬢のマンコは中国人らしくアンダーヘアの手入れなどは行われておらず、原生林のような無法地帯だったのだが、その生い茂るマン毛の感触と共に柔らかいマンコの肉の感触を感じる事が出来た。 
この瞬間の俺はすべての神経をお尻に集中させて、お尻に接触しているマンコの感触を最大限に感じられるようにセンサー感度を最大限まで引き上げていた為、お尻でマンコを愛撫するかのように嬢のマンコの細かなディテールまでをも把握する勢いだった。(※あくまで勢い)



この「お尻とマンコのフレンチキッス」のおかげで、俺の息子はあっという間に回復し、二回戦へと突入する事が出来た。











わずかな時間の間に行う二回戦である。

一回戦目の余韻がもちろん残っているので、お互いに一回戦目と同じ流れでのスパンではお互いの体を使ったオナニーと化してしまう。
つまり、新たな技を繰り出してこそ、より高度なスパンマッチ体験が得られ、次に繋がる印象を残す事が出来るのである。


俺は「二回戦目に遠慮はいらない」と最初から全開で攻めた。




一回戦目では繰り出す余裕の無かったクンニクバスターを繰り出し、嬢の喘ぎ声を引き出す。












アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ










相変わらずテンションが上がらない喘ぎ声ではあるが、一回戦目の経験からこの喘ぎ声でも感じているという事が分かっているので、気にせず攻め続ける事が出来る。

俺はクンニクバスターで嬢を昇天させた瞬間を感じ取ると、そのまま嬢の体をホールドし、クンニク地獄へと移行した。









アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ











喘ぎ声は変わらないが、昇天して敏感になっているところを強制的に攻められ続けている為、続けて昇天し、腰がガクガクと震えている。

適当なところでクンニク地獄を止め、俺は嬢の様子を見る。










放心状態のまま体を痙攣させているが、一息ついたところで何も無かったように起き上がり、コンドームを取り出して俺の愚息へと無言のまま装着すると、そのままベッドに仰向けに倒れこみ、顎で俺に指図するように挿入を求めて来た。





その挑発的な態度を受けて、俺も無言でポンチを挿入する。
亀頭がマンコに差し込まれたぐらいでは表情を変えない嬢だが、俺のポンチが嬢の小さなマンコに全て差し込まれると、大きな声を上げた。









アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ










相変わらずの喘ぎ声だが。








小さめマンコは中も浅めだ。
奥を激しく突くと痛がるので、角度を変えてピストンを激しくすると一定のリズムで喘ぎながら、また果てる。


嬢が果てたのを見計らって、俺は早々にフィニッシュの態勢を取る。











食らえっ、スパンブォルケェノォォォォォーーーーーーー!!!!!!!














スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!














アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ




















スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!














アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ




















どぴゅぴゅ









こうして二回戦が終了した。

嬢は再びあの安定のポーズでマンコを洗っていた。


31















2016年累計スパン結果: 142スパン(2016/6/6) 

このページのトップヘ

見出し画像
×