タグ

タグ:クンニクバスター

【プリケツ嬢 ~その7~】奥義【(仮)圧力釜】

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★







前回:【プリケツ嬢 ~その6~】まだ見ぬマンコ









なんでもええから、はよスパンせーや!!ゴルァァ!!( ゚Д゚)





スパン神から御宣託を受けて我に返った俺は、そのまままだ見ぬパツケツ嬢のマンコに向かっていった。










マ、マンコを舐めさせろぉぉ!!( ゚Д゚)





17597c2ed24440736db725538dbd92049e415ab9






欲望をむき出しにした俺の目には、パツパイもパツケツも既に見えておらず、そこにあるマンコのみをターゲットして捉えていた。

俺の散々身体をいじり倒されたパツケツ嬢のマンコは既に濡れそぼっており、軽く指を這わせるだけで身体はビクンッと大きく反応し、俺の指にはパツケツ嬢のマンコからダラダラと溢れ出たマン汁がまとわりつき、マン汁独特の粘質によって糸を引いている。








もうこんなに濡れやがって・・・(うれしい)






ea3d2c18








ドロドロになっているパツケツ嬢のマンコはきれいな筋マンだ。
俺はその筋マンを開いてクリトリスに舌を這わせ、パツケツ嬢の反応を見る。








ペロッ





ビクンッ!!!









ペロペロ





ビクビクンッ!!

















ペロンッ!!ペロペロペロペロー!
(食らえっ!クンニクバスター!)





ビクビクビンッビクビクッ!!!!







感度の良いパツケツ嬢は、あっという間に絶頂へと達した。
おそらく舐め始めてから10秒ほどの刹那だろうか。

我ながらクンニクバスターの威力には驚くばかりであるが、ちょっと一辺倒になり過ぎていると感じるところもあり、少し違う事を試したくなった。










奥義【(仮)圧力釜】











説明がやや難しいのだが、クンニクバスターからの派生技であり、ある意味で技を繰り出す方には繊細な力加減を求められる技である。
力を加える必要があるのだが、力を籠めすぎるとそれは女性にとっての痛みとなり、程よい加減を見つけるには多くのクンニ経験が必要になってくる。

と、まぁどうでもいい前置きはさておき、ちょっとやってみた。








はふっ









あぁぁぁぁ!?!?!?











ちょっとした力加減で嬢が絶叫した。
俺にとってもそこまでの効果があると思っていなかったところの叫び声だったので、少し驚きながらもあれこれと試してみる。








はふはふはむはむ








あぁぁ!!!^&)(%@#*#!!#@!!!










何を言っているのか分からない事を言って、俺の身体を掴んでくる。

これだと痛いのか気持ちいいのか分からんので、一旦クンニクバスターの体勢を解除して感想を聞こうと身体を動かしたところ、







もっとして!!







ふぁっ!?( ゚Д゚)







止めるなと怒られてしまった。
つまり、気持ちいいからもっとしろという事なんだろうが、これまでと違う反応なので良く分からんのだよ・・・とブツブツ心の中で独り言を言いつつ、俺はクンニ最前線へと舞い戻った。

俺がクンニの体勢に戻ろうとすると、嬢のお股はフルオープンで俺のクンニを歓迎してくれる。

そして、俺がクンニクバスターの体勢から(仮)圧力釜を発動させると、足にしっかりと力を籠めて俺の顔がお股から離れないようにホールドされてしまった。








え?これってなに固め?








何かプロレスでこんな技なかったっけ?(ねーよ)





mig







しかし、俺の頭は両方の足でしっかり挟まれてしまい、このままでは踏まれたザクロのように弾けてしまう。

そこで俺は急いで嬢を絶頂に導き、過酷な最前線からの離脱を試みることにした。






ハムハムレロレロ

レロンレロン




あんあんあんっっ!!

あああーん!!!!!







あっけなく絶頂に達してくれた。

が、その際に俺の腰のあたりにしっかりと爪が食い込んでいた。


俺がクンニクバスターの体勢を解くと、一呼吸おいて嬢は一気に脱力する。
そのまま俺にされるがままにポンチをぶち込まれても良いと、まさに「俎板の上の鯉」状態である。



さっきまで俺の頭を万力ののように締め付けていた足も既に力なく、俺にあっさりと開かれてマン汁と俺の唾液でヌルヌルになっているマンコが露になった状態のままで、嬢は天を仰いで俺のポンチを待っていた。






 

テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その4~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






前回のお話:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その3~










よし、やるか。






というよりも、講習会というイベントは灰燼に帰してしまい、俺は俺で勝手にやるしかない状況に陥ってしまったのだ。
嬢はクンニクバスターのおかげで既にウォームアップが済んでおり、いつでも俺を受け入れる体制が整っているので、これ以上あれこれ考えても仕方ないと判断し、ポンチを挿入する事にした。

俺がそろそろポンチを挿入しようかなと体勢を変えると、嬢はそれに素早く反応し、手際よくコンドームを取り出し、口を使って装着してくれた。




あ、それ・・・好きになってまうやつやん(はぁと




コンドームをこうやって着けてくれるとちょっと愛情に似た感情を持ってしまうのは俺の悪い癖だが、コンドームをポイっと投げられて「着けて」と言われるよりは100万倍楽しくスパンが出来ると思うので、女性読者は次回のスパン時に試してみてもらいたい。(何を偉そうに言うてんねん)


俺の準備が整ったところで、嬢はソファーの背もたれ部分に手をついた立ちバックの姿勢で俺に尻を向けて「ぶち込んで♡」と言う。
既にギンギンだった俺は、たまらず嬢の尻を鷲掴みにしてマンコを露出させた後に、入り口部分にポンチを擦り付けて一気に挿入すると見せかけて、思いっきり焦らした。
ドカンとポンチが入ってくると思っていた嬢は、焦れてお尻を左右に振り、「早く入れてぇ♡」と自らマンコをポンチに押し当ててくるので、俺のポンチと嬢のマンコがあたかも列車の連結部のようにつかず離れずの動きを見せる。




bbad6934







ツンツンフリフリ


ツンツンフリフリ





俗に言う「ツンフリ」である。(※そんな言葉はない)



111ダウンロード







そんな攻防をしばし繰り広げた後に、俺のポンチは嬢のマンコの奥深くへと突き刺さった。







あああああああああああああああああんんんっっっっ







焦らされた分、快感が大きかったのだろうか。
ひときわ大きな声を出し、ポンチが入ってきたマンコの感触を表現してくれた。


ゆっくりと奥まで差し込んだところで、マンコがポンチに馴染むまでしばらく動かずにいる。
この待ち時間はどう表現すればよいのだろうか、買ったばかりの革ベルトの穴に金具を通そうとするととても硬いが、その内に穴が馴染んで金具がするっと通るようになる、そんな感覚だ。(※真面目に良い表現が浮かばない)


sendou



異物が挿入されたマンコが、その異物を愛おしいものだと受け入れる過程が、この僅かな時間だと考えている。
挿入直後にしばらく馴染ませてから動いた方が嬢も気持ち良いと言う(※経験上)し、俺自身もその方が動きがスムーズになって気持ちよく動けると考えているので、 よほどの事が無い限りはこの僅か数十秒の時間を作るように意識している。
その後はリズミカルにスパンスパーンする。






そして、徐々にそのスピードを増してゆく。






パンッパンッパンッ・・・・




スパンスパンスパン・・・・






パンパンスパパンスパパンパンッ!





images







そんなこんなで、立ちバックの体勢のままで3回ほど絶頂に達し、現時点で4回目なのでノルマの6回まで残り2回となった。

ソファーの背もたれに手をついて俺にお尻を突き出していた嬢はイキまくってグッタリしてしまったのか、息を荒げた状態で下を向いたままになっている。
俺はそんな嬢を静かに支えて、ソファの上に横になるように促した。





戦士には休んでいる暇などないのだ。( ー`дー´)キリッ





いわゆる正常位の体勢で、ぼんやりした表情をしている嬢を観察しながら、俺は嬢のマンコにギンギンギラギラポンチをあてがった。






!?!?





びっくりした表情と共に目が覚めたような顔で俺の方を見つめながら、ゆっくりと挿入されてくるポンチを味わっているように見えるが、本心としては「もう満足したんだけど、まだやるの!?」という気持ちも少なからず含まれているだろう。
しかし、俺のポンチはまだゴールに至っておらず、そして嬢と約束したノルマにも達していないために、俺は「こんなところで終われるかっ!!」という気持ちを前面に押し出し、更なるスパン攻撃を展開すると決意した。






とはいえ、最初はゆっくりと動かす俺。




徐々にストロークを早める。




パンッパンッパンッ・・・・




スパンスパンスパン・・・・






パンパンスパパンスパパンパンッ!








同じやんけ!!!(# ゚Д゚)








否。同じではない。







コピペである事は正直に告白するが、俺の腰の動きはコピーではない。
その時の嬢と俺の関係に最適化された動きを実現させる為に、いつも同じ動きであってはならない。
その都度、その相手と状況に応じた最適化が行われた動きが行われてこそ、相手を喜ばせることが出来るのではないだろうか。




と、俺が正常位で嬢を気持ちよくさせる為に頑張っていると、ガチャッとドアが開いて、誰かが走ってくる音が聞こえた。

テコキングである。





「王子!王子!」




テコキングはフルチンのまま、そう叫びながら駆け寄ってきた。






「俺、やったよ!嬢をクンニクバスターでイかせたよ!!」






嬉しい報告である。
ついさっき簡単なレクチャーをしただけだったが、それでその直後に成果が出たのだから、教える立場としてはこのフィードバックは嬉くて当然だろう。



しかし、俺のポンチはまだ嬢のマンコに突き刺さったままで、何ならスパンスパン腰を振っている最中にそれを報告されるのは、いささか間が悪い。
それにしても、発射の瞬間にテコキングの顔を見ながらフィニッシュとならなかったのは、かろうじて助かったが。


20101221_1423171





そして、程なくしてテコキングの後を追いかけて出てきたテコキングのパートナーに腕を掴まれて、テコキングは部屋に戻って行った。
これは俺の推察だが、2人で部屋に入った後にテコキングはクンニクバスターを発動し、嬢が絶頂に達した。
そのタイミングで挿入もすることなく部屋を飛び出し、俺に報告してきたのだろう。

ちなみにこのポイントについては後でダメ出しをしておいた。
クンニクバスターからの流れとして、最後まで流れるようにスパンを終えなくてはならないと。




images (2)





突然のテコキングの乱入によって俺のスパンはリズムをかき乱されたが、そのまま正常位の体勢で腰を振り続けた。
この正常位で奥の奥を繰り出した後に騎乗位へと体位を変えて、ロデオウェイブとスパンボルケーノを繰り出した結果、嬢は合計11回も絶頂に達した(嬢からの自己申告)




俺がフィニッシュを迎えた後に、俺が「6回のノルマは果たしたよね?」と尋ねると、「6回どころじゃなくて、11回もイったよ!!」と言われてしまったのだが、ここで嬢がとあることを思い出した。






・・・3年前ぐらいに別のお店で会ったよね?







そう、これは俺も感じていた感覚だった。




名前にも聞き覚えがあったのだが、記憶がはっきりしなかったので言い出せずにいた。
リピートしたいと思っていたものの、1度きりしか会えなかった嬢だったので、店を出た後での連絡も出来ずに「もう会う事がないのか・・・」と途方に暮れた記憶すらあったのだが、まさかこのタイミングでで再会するとは。

まさにスパンの快楽が繋ぐ記憶である。
本当に良いスパンとであれば、一過性で揮発性メモリに一時的に記録されるようなものではなく、本能的に身体が覚えている原始的な記憶となり得るという事実を、このタイのMPという場所で証明する事が出来た。

伝説のスナイパー・ゴルゴ13も語っていたように、これからもこのように良いスパンを心掛けなくてはならない。


8ddf83cc




さて、俺が行為を終えてシャワーで洗い流した後に、俺はテコキングの部屋を覗いていた。
テコキングはカビゴンのようにベッドの上で大の字になったままで動かず、盛りのついた嬢だけが一心不乱に腰を振っていた。



dbd4eb432523b6d2f919f9e90f1a31be





後日談だが、テコキングはその後も各地で自分の技を磨いているようだ。




テコキング曰く、「セックスに技なんてないと思っていたが、あれは身に着けた方が良い。人生が変わる。」



ea3d2c18





俺があれこれ苦労を重ねて、さらに開発に協力してくれる女性たちに会う為に多くの投資を行い、その上で身に着けた技ではあるが、ぶっちゃけ俺はそこまで深い意味を持っていると考えた事は無かった。
回数を重ねるごとに俺の技は磨かれて行き、その過程でいつの間にか俺はそれが当たり前であると思っていたからだ。

しかし、人生が変わると言われると、他人に教える事への興味が沸くと同時に、怖さも覚えるのだった。






--終-- 







---過去記事---

その1:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その1~
その2:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その2~
その3:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その3~
 

このページのトップヘ

見出し画像
×