タグ

タグ:コミュニケーション

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★











読者の廣東話さんからコメントで質問が来ていた。

-廣東話さん
「某エアラインのタイ女子を落としたいのですが、メールを送っても返信がありません。どうやってタイ女子をいつも落としてるんですか?」


そこにコメント欄で回答しようと思ったが、到底まとめ切れるものではないので改めてブログに書こうと思い、こうして更新の準備を進めている。

まず、「女子を落とす」という言葉の定義を明確にしておくと、一般的な男子の中では「仲良くなって交際を始めたい」となるところが、俺の中では「スパンしたらゴール」という違いがあるところに注意頂きたい。
ここでは「スパンしたらゴール」という前提で解説をしようと思うので、「好きな子がいるんですけど、その子に振り向いてもらえるにはどうしたらいいですか?」という高校生の恋愛事情でセックスがはるか遠くの彼方にあるような道のりを以下にしてうまく進んでいくかという話ではない。
また、俺は少し前に流行った「恋愛工学徒」ではないので、そちら界隈の人達との考えと全く違う事を言う可能性がある(※恋愛工学の本を読んでないので、俺自身では違いは分からない)が、反対意見が頭に浮かんだとしても「人それぞれ、好きなように生きたらええねん」という感じで流して欲しい。



さて、ここでは対象が「タイ女子」となっているが、まずは「男性⇒女性」というベクトルでアプローチをする場合に必要な要素をまとめておきたい。

一般的には、

・清潔感
・誠実さ
・優しさ
・気配り
・リッチ
・イケメン
・リーダーシップ

というキーワードで表される要素を、どれだけバランス良く、かつ高次元で保有し、効率的にそれを利用する事が出来るかというスキルが重要になる。
「イケメン」や「リッチ」というところは、持って生まれた素材や環境に依存する部分もあるので、ここは「あればより有利」という程度で考えると楽になり、「清潔感」は服装を変えたり、髪形を変えたり、太ってる人は痩せてみたりと自分の努力で変化をもたらす事が出来る、いわば「自分次第」のところがあるので自分で見つめなおして最大限の努力をすれば、それは結果に跳ね返ってくるのは言うまでもない。

というわけで、ここまで挙げた点については、「自分で自分を分析しながらそれを最大限に活かせ」という乱暴な言葉で締めくくる。
俺が重要としているのは、残りの3点である。

・誠実さ
・優しさ
・気配り

これは「出来ていると思っていても、実はそうでもない」という事が多いにある要素なので、主観的な評価は一切せずに、複数の女性の友人などの意見を参考にするなどして、多くの客観的評価を聞きながらPDCAサイクルでその質を向上させていくしかない要素である。




「え、俺優しいし、めっちゃ気配りしてるし!!( ゚Д゚)ドヤァ」




とか言う奴に限って、相手のペースや性格などを考慮せずに、自分が描く「理想の優しい俺様」を演じる事に集中してしまい、相手を疲れさせたり、不快感を与えてしまっているものだ。

なので、3点のどれもに当てはまるのだが、相手が何を望んでいるのかを可能な限り早い段階で見極める事が大事で、それに合わせて相手の気持ちを引き付けるようなアクション、鳥が見せる求愛行動のようなものに近いのかも知れないが、相手が興味を持っている、魅力を感じる部分を見せる事で、男女の間にある溝が徐々に埋まっていく。



「そんなん分かる訳ないやんけ、ボケェ!!( ゚Д゚)」



と思う人は、分かろうとしていないので女性が発しているサインを見ようともしないのだろう。
女性に限らず、男性も対面で相手とのコミュニケーションを取ろうとする時には表情や身振り手振り、そして声のトーンなどで少なからずサインを発しているもので、普段から我々は、それをコミュニケーションのメインツールである言葉以外のツールとして利用し、お互いに言葉足らずの部分だったり、言い過ぎてしまったりという部分を補完しようとしている。







いつからか言われ出した、「空気読めよ」ってやつな。






あれは「俺がこんなサイン出しているんだから、それを汲み取って俺に合わせろよ」という極めて自己中な使われ方をする言葉なので、俺は普段から使わないようにしているが、今の日本の社会ではこの言葉が大前提にあって、そこからお互いの腹の探り合いが始まるようなコミュニケーションの取り方になっているような気がする。



でも、俺の考えは「空気読めよ」ではなく、「相手の気持ちを考えて先手を打つんだ」となる。








分かるだろうか?







「空気読めよ」は相手に何かを求める行為であり、それが出来ていないと感じると自分で勝手に不愉快になってしまい、挙句の果てには相手を攻撃しだすというキチガイじみた行動に移りだすパターンが散見されるが、「相手の気持ちを考えて先手を打つんだ」はあくまで自分の頭で相手を思い遣って、相手に対して喜んでもらおう、楽しんでもらおうという気持ちであり、相手に何かして欲しいと望むものではないので、比較にならないぐらいに全く異なる考え方となる。

だから、仮にこちらが全力を尽くして相手の気持ちを動かそうと努力した結果で、それでも相手がこちらを振り向かなかった場合であっても、それは自分の努力不足、魅力不足と反省する事が出来る。
相手が振り向かないからといって、相手を責めたり、嫌がらせをしたりするなんてのは、到底あり得ない行動である。



と、前置きが長くなったが、この考え方が根底にある場合には、気配りせずにはいられないし、結果としてそれが優しさとして受け止められ、それらを一生懸命行おうとすればするほどに誠実であると受け止められるだろう。
誠実なふりをするなどの薄っぺらい行動自体もサインを発しているので、大抵は簡単に見抜かれるものである。




「ほな、お前は出来てんのかい!!( ゚Д゚)」





と言われるかも知れないが、俺もまだまだ修行中の身であるが為に、失敗しながら日々精進しております。

この次のステップについては、またいずれ。

 

スパン道の教え その1 ~ 待っているだけでは何も始まらない ~

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★













素人とスパンする方法。







読者のティンさんからコメントでそのような話題について書いて欲しいと依頼があった。




















が、正直分からん(笑)










何をどうしたらいいのか、というノウハウのようなものを文章に起こせる自信は無い。









とりあえず、思いついたままに書いてみる。



















スパン道の教え その1

~ 待っているだけでは何も始まらない ~





俺がディスコで声をかける時、Sクラス美人に声をかける時もあれば、そうでない女の子に声をかける事もある。

声をかけてほんの少しだけ一緒に飲んで、LINEだけゲットして立ち去る事も多い。(もちろん、無視される事の方が多い。) 

LINEから繋がる場合には、時間をかけてコミュニケーションを取り続ける事が一番のポイントなのだろうと考えている。


つい昨日も、とある女性にその辺りの事を話したのだが、










「待っているだけでは何も始まらない」









つまり、どんなつまらない事でもいいので日常的に言葉を交わし、お互いの存在を意識する事から始めなければならない。
それでなければ、通りすがりの誰かの内の一人となり、スパンはおろか、普通の恋愛にまで発展する事はあり得ない。



とりあえず会話を始めたら、次に目指すべき事は、何気ない会話の中から相手の気持ちを探り出すという作業だ。








具体的に説明しよう。
次のやりとりは、ディスコでナンパしたばかりの子と、その数日後に連絡を取り合うような場面での会話である。






俺: 元気?こないだの休みは何してたの?




嬢: うーん、まあまあかな。こないだは疲れてて家にいたよ。










という会話があったとすれば、まず何をすべきだろうか。

せっかくなので三択にしてみよう。




1. 疲れてるならマッサージしてあげるよ!


2. 家にいたってつまらないよ!俺と一緒に遊びに行こう!


3. 大丈夫?仕事で疲れちゃった?





さぁ、読者の皆さんはどれを選ぶだろうか。



















実際のところ、どれを選んでも特に大きな問題にはならないだろう。

が、親密になるには相手を理解する必要があり、それは必須だという事を忘れてはいけない。


以下、俺なりの回答と説明を書いておく。


○1
一見すると親切なように思えるが、ナンパしたばかりの嬢にマッサージしてあげようと持ち掛けても、警戒される事がほとんどであり、ナンパした時によほど親密になっているか、よほどのイケメンかという好条件が揃っていない限りは即会おうという話にはならない。

が、ごく稀に本当に暇でタイミング良くマッサージされたい嬢もいる可能性があるので、自分の直感を信じて玉砕する事を厭わないのであれば、試してもいいだろう。





○2

この答えは、今回の3択の中では一番危険だ。
相手が「疲れてる」と言っているのに、無理に外に引っ張り出そうとしている上に、相手が家にいる事を「つまらない」と否定してしまっている。
つまり、相手の状況を思いやる事無く、相手の行動を批判しているとも受け止められかねないメッセージなのだ。
嬢からの回答の中に「暇だ」や「つまらないから遊びに行きたい」などのフレーズが入っているならば、2のメッセージを送ってもいいだろうが、今回の具体例にはそぐわない。

これを選んだ人は、メッセージを送る前に一息置いて、前後のやり取りを想定するぐらいの余裕を持ってみても良いかも知れない。






○3

俺の中での正解は、この3である。
相手を心配する事、気遣う事、これらの行為は相手との距離がさほど親密で無くてもその気持ちが相手に届きやすい。
さらに、相手がなぜ疲れているのかを尋ねる事で、相手の事をより心配しているように受け止められるだろう。

さらに、このメッセージにはいくつか利点がある。
まず、疑問形である事。
疑問形でメッセージを投げかけると、返信される率が跳ね上がる。
それはつまり、尋ねた事に対する回答を得られるだけでなく、会話が継続する事を意味し、コミュニケーションの形が出来上がる。
そして、「疲れた理由」を知る事によって相手の置かれている状況を理解する事に繋がり、より相手の思考を先取りして会話を進める事が出来るようになる。

疑問形で終わる事にはいくつかのメリットがあるが、疑問形ばかりで質問攻めにしていると嫌がられて音信不通になる事もあるので、多用は禁物だ。









コミュニケーションの始まりのたった一往復だけでも、これだけの意味を持たせている為、お互いがお互いの事を知り始めるとその距離感が一気に詰まり、時間を置いて再会した時にも何の違和感も無く会話を始める事が出来る。

もちろん、出会い系などで繋がって、一度も会った事が無いような嬢とのやり取りにも有効であるので、積極的に相手の事を探る手法を実践してもらいたい。











今回の話の注意点としては、相手に関する事を直接ズバズバと聞き過ぎる事なく、会話の端々から「読み取る」という事に注力すべきだという事だ。

俺の場合はやり取りを始めて、実際にスパンをした場合においても、歳や職業など知らない場合もある。
「相手が何をしている人か」ではなく、「相手がどんな人間か」を見極めれば、嬢との心理戦は有利に運べるだろう。
















2015年累計スパン結果: 194スパン(2015/8/7)    

このページのトップヘ

見出し画像
×