タグ

タグ:サウナ

【中国武漢編~第二章 その50~】 たった1スパンで終われるか

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 













20時32分に赤壁を出発する高鉄G1132号に乗り、俺たちは武漢へと戻った。

武漢駅に戻ると、そこでタクシーを拾ってとある場所へと向かった。









たった1スパンで終われるか
















この日は赤壁テーマパークを堪能し、置屋でスパンをし、何だか良く分からないローカル飯を食った事で、一定の満足は得た。
このままホテルに帰って寝てしまっても問題は無いのだが、次いつ来るか分からないような土地なのだから、探検しないと勿体ないだろうという俺の貧乏性な性格が俺の背中を押す。








気が付いたら、桑拿の経理にメッセージ送っていた。










で、あれこれやりとりしてる内に、その場所に来ていた。



Wuhan-blog-10093





宾馆とはホテルよりも安く宿泊出来る施設で、時間貸しもしているところが多いので、大陸ではラブホ代わりに使われるような場所だが、経理が俺をこの安宿に来るように指示をした。




Wuhan-blog-10094








中に入ると、経理に案内されながら安宿然した小汚い廊下をテクテクと歩き、とりあえずベッドとシャワーがある部屋に通される。



Wuhan-blog-10090



 
シャワーが存在するという点と、シーツは取り替えてあるんだろうなと感じるレベルで、赤壁の置屋よりはましだったが、元が安宿だけにそのクオリティはそれなりである。


Wuhan-blog-10092






しかし、俺の目的はこの部屋で寝ることで無いのだから、ベッドのクオリティなどさほど問題にならない。いや、なるはずがない。

スパンをしに来ているのだから、変な病気にかからない程度にスパンが出来る環境さえあればいいのだ。




そんなどうでもいい事を考えてると、嬢が部屋の扉をノックして入ってきた。
もはやちゃんと覚えていないので細かい描写は省略するが、数人見てからその中から一人を選び、俺はスパンした。







ちなみに、2スパン。








スパンを終えて外に出ると、吐く息が白くなっていた。
気が付くと気温は4度。(※2016年3月下旬だったからね。)


名称未設定-97




武漢に来て2日目の夜(深圳での前泊を入れると3日目)がこうして終わり、武漢でのスパンは合計5スパンとなった。
(「まだ2日目かよ!」という今更のツッコミを期待して、敢えて書いてみた。)













2016年累計スパン結果: 205スパン(2016/8/15) 

【中国武漢編~第二章 その37~】 ここは中国だ。何でもありだ。

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 








二回戦を終えた後にシャワーを浴び、嬢に促されて部屋を出て支払いをするための小部屋に案内された。

本当に小さな部屋だが、そこには会計係と思われる男性が2人と、掃除係であろうと思われるおばちゃん達がくつろいでい・・・というか、飯を食っていた。



01










は?従業員休憩室か?(゚Д゚)クワッ






と思ったが、










ここは中国だ。何でもありだ。






maxresdefault










と落ち着き、淡々と俺は支払いを済ませた。

そして、同僚Aが少し遅れて部屋に入っているだろうと考え、俺は少し待つことにしたのだが、なぜかそのまま「ここで友達を待ってていい?」と聞いてしまい、その部屋で同僚Aがスパンを終えて出てくるのを待つことにしてしまった。






もはや、感覚がマヒしているのであろう。








普通に考えれば、来店時に座っていた椅子に戻って座って入ればいいのだが、なぜかやたらと明るい照明に煌々と照らされているおばちゃん達を眺めながらの待機を選択してしまった。

が、そこはスパン後のいわゆる賢者モードである為、多少の事には動じる必要も無く、ただただ余韻に浸りながら同僚Aを待っていればいいのだ。








ブルブルブル・・・・










俺のスマホがブルブル震え、同僚Aからのメッセージを受信した。








今どこですか?







どうやら終わったようだ。

俺は「お金払うところで、おばさん達がご飯食べてるのを見ながら待ってますよ。」と返事をしたところ、すぐに同僚Aからメッセージが返ってきた。









「私、もう下にいます。」








え?なんで?







と思ったが、後で聞いた話では俺を待たせたくないと早々にスパンを済ませ、部屋を出てきたらしい。

同僚Aの名誉を守るために繰り返すが、「俺を待たせたくないから早く終わらせた」のだ。










という事で、例の扉を開けて階下へと降りると、同僚Aが待っていた。
同僚Aは部屋の中で嬢にお金を払ったらしく、あの謎の小部屋の存在は知らなかったようだった。


また俺だけ変なところに潜り込み、ふてぶてしくもそこでくつろいでしまったという構図なのだが、それはそれで色んな体験が出来て良かったと思う俺であった。(※何事にもポジティブ)



下半身に支配されていた欲望の塊だった俺たちは、サウナでのスパンを終えてようやく普通のクズ(※普通の人間とは言わない)へと戻る事が出来たのだが、サウナ以外のプランを何も考えていない俺たちには、基本的に「目的が無い」のである。

そう、サウナが入っていたホテルを出た俺たちは、次に行くべき目的地を持っていない。










なので、とりあえずその辺を徘徊し、ちょっとでもかわいい気配がする女の子を発見すると400mmレンズを駆使して長距離からの盗撮を開始した。

残念ながらかわいい子はいなかったのだが、とりあえず何枚か掲載しておこう。


Wuhan-blog-1197

Wuhan-blog-1199

Wuhan-blog-1203

Wuhan-blog-1205

Wuhan-blog-1201

(※写真の男性は俺ではない。)


Wuhan-blog-1208









写真撮影に飽きた俺たちは、とりあえず観光スポットへ行こうと、駅へと歩き始めた。















2016年累計スパン結果: 142スパン(2016/6/7) 

このページのトップヘ

見出し画像
×