タグ

タグ:シャワー

カテゴリ:







家に着いたタイミングでインドネシア嬢からメッセージが来た。









家に着いた?









俺は嘘を言っても意味が無いと思い、普通に「着いたよ」と答えた。

すると、









今近くだから顔だけ見に行っていい?
疲れてるだろうから、すぐ帰るわ。安心して。











そう言われると無下に断る訳にもいかず、とりあえず会うだけねと了承した。








で、家まで来るなり、ソファーに横たわり物憂げな眼差しで俺の下半身を見つめてくる。


人の事は言えないが、まぁ、そういう事なんだろう(笑)










とはいえ、そのままスパンしてしまっては懸念事項を払拭出来ないまま、ツラいスパンをしなくてはいけない事になる。


そこで俺は一計を案じた。










シャワー室に誘い込もう。











。。。既出のパターンんやないかいっ!(゚∀゚)








というツッコミはさておき、それしか残されていない。






こうして俺は嬢をシャワー室へ誘い込み、身体をシャワージェルで流した後に立ちバックで挿入した。


そう、こうすればキスをしなくていいからだ。












が、そうは簡単に終わらなかった。









嬢のテンションが上がり、アエギ声が大きくなってくると、狭いシャワー室に嬢の吐息が蓄積される。

コレが意味するところは、さながらガス室に毒ガスが充満していく様子に近い。










早く終わらせないと。











俺の中に焦りが生まれる。





が、こんな時に限って遅漏っぷりが際立つ。














イキそうになるも、悪臭に吐き気をもよおし、フィニッシュまで到達出来ない。














そんな苦境の最中、俺は閃いた。













そうだ、シャワーを出しっぱなしにすればいい。










狭い空間に水が放出されると、それに伴って空気が撹拌され、また水の効果によって悪臭が薄まると考えたからだ。








俺の作戦は見事に効果を発揮し、俺は悪臭を感じること無く一気にフィニッシュまで到達することが出来た。



その後、ベッドで2回戦を求められたものの、それは断ったのは言うまでもない。

そして、今日を最後にこの嬢との関係を断とうと決心したのであった。








女性読者で、彼氏から「キスを避けられる」「立ちバックしかしてくれない」などの傾向が見られた場合には、口臭の強さを疑ったほうが良いかも知れない。







男性読者にも言えることだが、スパンの際には些細なことで気持ちが萎えるものだ。(酒に酔っていれば別だが。)









スパーン(・∀・)






【スパン旅行記】 バンコク・パタヤ珍道中-60

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


【肉食】スパーン三世


★★…………………………………★★













ぺろぺろぺろんぺろりんちょ









そんなリズムで一心不乱に俺のポンチを舐めつづける嬢と、それをドヤ顔で見下ろしている俺。


おいしそうにポンチを舐めつづける様子を見て、とあることを思いついた。









嬢にとってのこのポンチは、







お口の恋人 ポンチ

(いや、ロッテだろ)











なのではないか?


















クズである(・∀・)









まぁ、いい。

嬢の吸い付きっぷりに感心しながらも、俺の手は引き続き嬢のスウィートスポットを刺激し、嬢は吸い付きながらも小さく声を漏らしているという構図だ。

何ともエロスが充満した雰囲気の中、俺はいつまで経っても吸い続ける嬢の口からポンチを抜き、下のお口へと当てがった。









嬢は目を閉じ、俺のポンチの先が嬢の小さな小さな入口に当たっている感覚に集中しているようだが、俺はそのまま入口への攻撃だけを続け、ポンチを奥に挿し込まずにまたもや上から見下ろした。

嬢は目を閉じたままその感覚を楽しんでいるかのように、ハァハァと吐息を漏らし、腰をクネクネさせている。





このまま続けても良かったのだが、終わりが無い行為もどこかで区切りをつけて次のステップに移らなければならない。




何より、その姿を眺めていると、俺が入れたくなってきてしまった(・∀・)










というわけで、ぬぷぬぷと挿入。








嬢が喘ぐ。







ゆっくりと奥まで、奥の奥まで挿入する。







しっかり根元まで刺さると、嬢が大きな声を上げながら仰け反る。




それと同時に、俺のポンチの根本のところがキュっと締め付けられた。

マンコの入り口の締め付けだ。





この状態でゆっくりと動かす。





嬢の声が大きくなり、入り口だけでなく、中の方もヒクヒクと締め付け始めた。








・・・なかなかの名器(・∀・)









これは楽しくなりそうだ。



そう思った俺は、スパンスパンと音を立てて激しく腰を振った。










2015年累計スパン結果: 136スパン(2015/6/2) 

このページのトップヘ

見出し画像
×