タグ

タグ:スパン

【プリケツ嬢 ~その3~】オペレーション・プリケツ

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★




前回:【プリケツ嬢 ~その2~】プリプリとの遭遇





俺はとある賭けに出ることにした。



午後遅めのアポは、前の予定が押しているので遅れると連絡があったので、少し時間に余裕が生まれていた。
そこでその時間ギリギリまで様子を見てみて、イケそうだったら午後遅めの案件をリスケしてしまおうという作戦だ。





海兵隊には作戦目的は伝えられるが、詳細についての指示は無いという。
即応性に特化した部隊なため、超現場主義が採用されており、刻々と変化する最前線での判断を最優先するという。




300px-13th_MEU_disembarking_Bright_Star_2005



そう、その場の状況から最善と考えられるプランを常に選択し、的確に行動していく事こそ、過酷な状況下でも生き残り、そして作戦の成功率を高める為に必要なのだ。

この海兵隊のスタイルをスパンに応用したと宣言する大馬鹿野郎は俺一人だろうが、この状況下においての最善のプランは「今目の前にいるプリケツ嬢とスパンをする事」であると考えた俺は、そのプランについて部隊長に進言することにした。





ジー・・・ガチャ

あー、こちらポンチ
脳みそ隊長、応答どーぞ。






ガチャ

ポンチか、なんだ?






ガチャ

実は、遅めの案件を待つよりも、今目の前にいるプリケツ嬢とスパンした方が良いと考えまして。






ガチャ

それは妙案だ、ポンチ
ちょうど俺もそうした方がいいと考えていた
しかし、遅めの案件とは既に時間まで決めてしまっており、この時点でキャンセルするのは難しいのではないか?






ガチャ

相手が何度か約束の時間を後ろにずらして来ているのを逆手にとって、遅すぎるからリスケしようと持ち掛けてはいかがでしょうか?
こちらは何度か譲歩しているので、向こうもこれを理由にされると一方的に怒りを覚える事が難しいと考えます






ガチャ

それは妙案だ、ポンチ
今回はその案を採用し、目の前のプリケツを本作戦の目標とする
これを「オペレーション・プリケツ」と命名する
直ちに作戦行動を開始せよ!!








ガチャ

こちらポンチ、ブラジャー!!








こうしてポンチの進言が採用され、部隊が一丸となってプリケツ攻略に乗りだした。




4753977






オペレーション・プリケツの内容はただ一つ。











プリケツ嬢とスパンせよ









だけである。
その為に必要な作戦行動は対応しながら都度変化する為、これらについてあらかじめ決められるという事は無い。

俺はプリケツ嬢に提案した。









ちょっと買い物があるんだけど付き合って。








プリケツ嬢は暇なので、ここは二つ返事でOKしてくれる。
これは俺の読み通りだが、本当にちょっと買いたいものがあったので家の近所の店に移動して買い物を済ませると、







ちょっと(荷物が)大きいし、雨も降ってきたから家に置きに行こう






と次の行動を提案した。
プリケツ嬢は特に反対するわけでもなく、俺の家までついてきた。


 




ーーーーー


■プリケツ嬢シリーズ
第一話:【プリケツ嬢 ~その1~】香港人じゃないってば
第二話:【プリケツ嬢 ~その2~】プリプリとの遭遇

本気で引退を考える

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








本日、新元号「令和」が発表された。
日本人にとっては新たな時代の到来を感じさせると共に、どこか懐かしいような気持ちすら覚えるフレーズで、個人的には好きだ。



ダウンロード




そして、実際に元号が変わる日、そう、新時代の到来があと1ヶ月に迫っている。
現実世界ではカレンダー上の表記が変わるとか、令和生まれの新生児の誕生とかそういう程度の話題が続く程度で、俺のような底辺世界に生きるクズには全くもって無縁な話ではあるが、この新時代の到来に合わせて引退を考えてもいいのでは?と考えている。


そもそも俺にとっての「引退」とは何かを定義しておく必要がある。


通常であれば、身を賭して何か物事を成すことに注力してきた事をやめるという意味となるのだが、俺の場合はスパンを辞めるという事になるのだろうか。

しかしスパンを辞めるというのは人間として本能に逆らう事にあるだけでなく、男という生物としての意義を失う事になるので、そんなことが出来るはずもない。




であれば、そう、ブログを閉じるという事になる。




俺がこれまでブログを更新してきたのは、別に俺の変態な性生活を誰かに知ってもらいたいとか、ブログを通じて興味を持ってくれる女子と知り合ってスパンしたいとか、そういう事では無かった。
ただ単に俺は自分の生活の一部であるスパンという行為を文章として記録し、俺が実体験を通じて得た知見を店舗の情報などと共に伝えることで、海外で夜遊びする人の助けになると期待したからである。

ただ、スパンヤオと出会ってからは、多少その目的が変わってきたのは事実である。
スパンヤオという読者に出会い、俺は俺の下らないブログを楽しみながら読んでくれている読者がいる事を知り、そしてその読者の存在を意識して文章を書くようになっていった。



こんな風に書くとスパンヤオが喜んでくれるんじゃないか?

スパンヤオはこんな事を知りたがってるんじゃないか?



そんな風に読者の気持ちを想像しながら文章を書き綴る日々は楽しかった。




SlbnR





そして、ここ最近ではスパンヤオがどんなことを期待しているのか、俺がスパンヤオを喜ばせる事が出来ているのかどうか、という点に疑問を抱くようになっていた。
日常では当たり前のようにスパンをしているが、それをネタに文章を書く気が起きなくなってきていたのは事実であり、その気持ちがどんどんと萎んでいっているのは正直なところだ。


モチベーションの低下、すなわち良い文章を書き残すことが出来ないという結果に繋がり、これまで読んできてくれた読者をかえって落胆させてしまうのだろう。




ea3d2c18








そう、引退だ。






ブログを止めよう。






これからもスパンはするが、それを誰かと共有する必要はなくなる。
何か物足りない気持ちが芽生えるかも知れないが、本来はそうやってみんなこっそりスパンを楽しんできているはずである。

こんな気持ちを文章につづりながら、俺の気持ちが固まった。






スパンスパン王子から、皆様に心から感謝の意を表したいと思います。

読者の皆さん、長い間ご愛読頂きましてありがとうございました。











2019年4月1日(月):エイプリルフール



このページのトップヘ

見出し画像
×