タグ

タグ:スパンヤオ

カンボジアで天使に出会った話 第11話 ~奥義「振動する豆」発動~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










奥義「振動する豆(クウェイキングビーン)」




51660d6116






ああああああああああっっっ!!






ダイレクトに栗斗栗鼠に伝わる振動がMの快感を高めている。
おパンツの上からの刺激とはやはり一線を画すダイレクトタッチによる奥義「振動する豆(クウェイキングビーン)」は、その威力を倍増させる。

しかし、Mの快感が高まると同時に俺のポンチを握りしめるMのフェラーリにも力がこもるっ!




ジュボジュボジュボジュボジュボポポポポーーーーー!!!






いっ、いかん!
このままでこの激しいフェラーリによって発射させられてしまうではないかっ!!

よし、こうなれば俺の出せる力を出し切ってこの戦いの勝利をもぎ取ろうではないか!








体勢を入れ替えて、奥義「クンニクバスター」を発動する前に・・・・






奥義「焦らしクンニク」だっ!!!






ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



も、もうイクッ、イキそうっ!!!!!!






・・・ピタッ(焦らし)






え?え?なんで止めたの?
今イキそうだったのよ??





やや興奮気味に俺に苦情を申し入れてくるM。

心の中でニヤニヤしながら、黙って再開する。



ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



も、もうイクッ、イキそうっ!!!!!!






・・・ピタッ(焦らし)





あああああーー!!!
また止めたーーーー!!なんで!?なんでなの!?



・・・イカせてッ!!




あとほんの少しでイケるというところで止められてご立腹なご様子だが、最終的にはイカせて欲しいという本心が出てきた。
その言葉を聞いて、俺は彼女の願いを叶えてあげることにした。



4f8a7cf0b5bc401179d7c3605577c6f3_400



そう、お値段以上、ニトリのように。




そら、奥義「クンニクバスター」だっ!!!(※心の声)




ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



あ、イクッ、イキそうっ!!!!!!
と、止めないでね!!!!



イクーーーーーーッ!!!!!





ガクガクブルブル




イク瞬間だけ、さっと顔を股間から離し、Mのイキ様を見届ける。

しかし、俺はクンニクバスターを止めない。
そのままクンニし続け、クンニク地獄へと移行した。



WS000014





えっ、もうイッたから!!
ちょっと、くすぐったいって・・・あっ、ちょっとダメだっ・・・ああああああっ!!!!





ガクガクブルブル





再び少しだけ顔を離すと、俺はそのままクンニク地獄を続けた。





も、もうだ・・・め・・・・頭がおかしくな・・るっ!!!!!!ああああああっ!!!





連続でイキまくるMの様子を見て、俺はようやくここでクンニク地獄を止めた。
Mはベッドの上で目を閉じてふんぞり返ったまま、叫びすぎて疲れたからか肩で息をしている。
30秒ほど経つと、態勢を変えずに俺の方に視線を送り、こう言った。





・・・なんなの、あれ・・・





俺はMの質問には答えず、「あれ、好き?」とだけ尋ねた。
するとMは静かにうなづき、再び目を閉じた。
 









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 


カンボジアで天使に出会った話 第10話 ~兵は神速を貴ぶ~

カテゴリ:





★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










身体を起こした俺は無言のままでMの手を誘導し、ズボン越しに触れていたポンチにダイレクトに触れらるようにしてあげた。
つまり、ダイレクトタッチンポである。(おい)

恥ずかしそうにしながらも、しっかりとダイレクトタッチを続けるMの手の動きがやたらとエロく、ただ触られているだけでなのに気持ちよくなってしまったので、俺もお返しをしようと愛液が溢れ出る源泉を求めて発掘調査に出ることにした。

俺の左手は優秀な山師(※金鉱脈などを見つける人)であり、初めての女体でもすぐに愛液の源泉を発見し、そのすぐ近くにある最も重要なポイントである「栗斗栗鼠」を発見する事に長けている。
ベッドに横になっているMのロングスカートを左手スルリスルリとたくし上げ、Mが俺のポンチタッチに集中している間に、俺の左手が素早く愛液の源泉を見つけ出し、そこを攻略するというミッションが開始された。





あー、こちらポンチ。左手、いるか?どーぞ。






はい、こちら左手。どーぞ。






ポンチは今ちょうと気持ちよくなっているんだが、ここから我々はもっと気持ち良い事をせねばならん。
そこでだ、左手。
お前の山師の能力を生かし、山肌を伝って流れ出るマグマのようMの愛液が出るように源泉を攻略してくれ。
これはお前にしか出来ない事だ。






はい、こちら左手。どーぞ。






・・・おい、左手。
お前、ちゃんと聞いてるか?






はい、こちら左手。どーぞ。





てめぇぇぇぇぇ!!!!!( ゚Д゚)







(シコシコシコ・・・キュキュキューッ!!)





あっ、あっ、あっ・・・あああぁぁぁぁ!!!

い、いかんっ!!思わず変な声を出してしまったではないか。
突然、ポンチへの攻撃が激しくなったが、何か起きたのか!?






ふっふっふ・・・・ポンチ隊長、それは私の仕業です。
私が愛液の源泉を秘密裏に発見し、攻略を開始したのです。






お、お前・・・
応答は自動再生に任せて、一足先に攻略を仕掛けていたとは。

やるじゃねーか( ゚Д゚)




anzai2







こうして、左手のややフライング気味の攻略が開始され、俺のポンチへの攻撃も激化してきたのだが、Mは全く嫌がる様子もなく、左手で弄っているマンコから愛液が溢れ出している。
スパンタッチを駆使しながら攻略ポイントである「栗斗栗鼠」の攻略にかかると、Mはひときわ大きな声を上げた。




ダウンロード (1)







ああああああああっっっ!!






「栗斗栗鼠」はMにとって重要な拠点であることがこれで判明したので、左手により積極的な攻撃を繰り出すように指示を出す。
大きな声を上げてたまらなくなったのか、Mは自ら俺のポンチを口に含み、ジュボジュボと大きな音を立てながら吸い始めた。





あああっっっ!!




ジュボジュボ




あああっっっ!!




ジュボジュボ






しばらくその流れを堪能したあとで、俺は左手にパンツを脱がすように指示を出し、そのままなだれ込むようにいつもの奥義を繰り出した。










sendou









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

 
 

このページのトップヘ

見出し画像
×