タグ

タグ:タイ

久々更新(※大したことは書いてない)

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 









前回の更新から一か月近くご無沙汰だったが、その間に何をしていたかというと、








ジム通い















スパン








である。




他の事は特にしていないのと、色々とあって特にブログを更新するような気にはならなかった。

ブログは楽しく更新したいので愚痴や文句のようなものは言いたくないので一言だけにしておく。







「趣味で書いてるブログなので、注文つけられても絶対に拒否します。」













-----











さて、話を元に戻そう。


とりあえず、前回の更新から今日までの間に25スパンほどこなしている。


その内の15スパンは旧正月中休みでタイに行った際の数字だが、2月6日からタイに入って、12日夜までの間で15スパン。
ペイバー3人で5スパン、ソイ6で1スパン、残り9スパンはフリースパンという内訳になるが、今回はフリースパンが多かったにも関わらず出費がかさんでしまったという印象が強い。




冷静に分析をすると、

 原因1:意外にも数回ペイバーをしてしまった

 原因2:ゴゴでの大盤振る舞い(パタヤに来るといつもこうなる)

の二つが当てはまる。




馴染み嬢がいたことからのペイバーというお付き合いペイバーもあるが、最近スパンヤオが話題にしている嬢に支払うチップの相場よりは安くしてもらってるのは何となく有り難い。

それ以前に、ペイバーの際に全く価格交渉をせずに連れ出し、あれこれやった後に「これぐらいでいい?」と適当な額(※ベラボウに少ないわけではない)を手渡しているのだが、この方法はあまり一般的では無いらしい。




スパンヤオ達のアドバイスによると、ペイバーの際には金額と滞在時間をしっかり確認し、どんな事が出来るのかまでをペイバーを約束する前に全て交渉するのが良いという事だ。

この辺はそれぞれのスタイルもあるだろうという事で、自分の好みのスタイルで使い分けて頂きたい。
例えばゴーゴーバーで遊ぶのが初めてという事であれば、最初に金額だけは交渉しておいた方がいいとは思うが、相場が分からないと交渉も出来ないだろうから、スパンスパン王子的相場を書いておく。


■バンコク
 ペイバー代: 600バーツ
 ショート(1~2時間、1スパン): 2,000バーツ
 ロング(4時間~、2スパン~): 3,000~4,000バーツ


■パタヤ
 ペイバー代: 600~1,500バーツ
 ショート(1~2時間、1スパン): 1,500~2,000バーツ
 ロング(4時間~、2スパン~): 2,500~3,000バーツ



バンコクとパタヤの違いは、時間帯によって2段階あるペイバー代(バーファイン)の設定と、微妙に異なる嬢へのチップの幅であると思われるが、バンコクは0時前までに数回転して稼ぎを上げる事を重視する「プロ思考」の嬢が多いのに対して、パタヤは基本的にロングで外に出る事を好む「アルバイト思考」の嬢が多い。

この事から、ペイバー代の違いはあれども、結果的に安く済む可能性が高いのがパタヤだと言えるが、店内で嬢を召喚してからのわずかな間でどれほどの関係が構築出来るかに依る為、料金の設定はあってないようなものに等しく、特にチップは嬢の腹積もり一つで決まるケースも多い。

俺は嬢と仲良くなることが多いので、最初から価格を決めずに連れだして「何となくディスカウントしてもらう」というケースがほとんどであるが、嬢との相性が悪いとここでトラブルになる事もあるので、不安な方はある程度交渉しておいた方が良いとは思う。





しつこいようだが、金額はあくまで目安であり、個人的な経験に沿ったものが多いので、「ぼったくられた!」「書いてある相場と全然違う!」などのクレームはご容赦頂きたい。

夜遊びでいくら使おうが、それは全て遊ぶ人の自己責任である。

楽しかったらたくさんあげれば良いだろうし、楽しくなかったら値切れば良い。










久しぶりに書いたくせにまとまりのない記事になったが、







遊び方は人それぞれ。




ただ、情報は欲しいよね。






ってことです(*'ω'*)
 








2016年累計スパン結果: 45スパン(2016/2/23)    
 

[※エロ無し] 最近の生活パターン

カテゴリ:




★★…………………………………★★



2015年:395スパン!



そして、引退へ。


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 

 







最近、ブログネタになるような事をほとんどしていないので更新もしていないが、何をしているのかだけとりあえず書いておこうと思う。



以下、箇条書き。


1.とにもかくにも仕事
2.終業後にジム
3.シムシティー(スマホ版)
4.既存案件のメンテナンス(メッセージ送ったり)
5.控えめに新規案件開拓
6.語学学習
7.時折スパン





という感じで、もう全てがネタにならない程に日常当たり前に起こり得る出来事の繰り返し生活となっている。










・・・インドネシア人が家の外で待ち伏せしてたネタとか、つまらないもんね(*´▽`*)









というわけで、最近はジムの比率がすこぶる高い。

12月半ばからジム通いをスタートさせた結果、なんだかんだで4kgほど落として引き締めながら、筋肉をつけて見た目を少しでも良くする事に成功した(と本人は思っている)。






が、全てはエロの為である事は言うまでもない。










サウナやMPなど、場所はどこでもいいのだが、嬢と対面した後に当然のように脱衣をしなければならないようなシチュエーションで、「堂々と自信を持ってクロス・アウッ!!(脱衣)出来る」事は自分にとって非常にポジティブな材料であることは間違いないだろう。




file9427















じゃあ、服脱ごうねー





・・・えっ、体鍛えてるの?(じゅん(※何かが湿る音))










というエロ漫画のような展開を期待する俺の中学生的思考回路が導き出した最適解は、体を鍛える事に他ならないのだ。

目的が単純であるからこそ、ストイックになれるというものである。









ジムのサウナでゲイっぽい奴に色目を使われるようになってきたというのも、体が仕上がってきた証拠であると言えるだろう(※もちろん、うれしくもなんともない)




そして、今週末から俺は再びタイに行き、そのジムの成果を検証することが出来る。



そう、








じゃあ、服脱ごうねー





・・・えっ、体鍛えてるの?(じゅん(※何かが湿る音))









というシチュエーションに出会えるかどうかという検証を行うのだ。


身体を鍛えるのは健康の為でもあるが、人間というのはインセンティブが無いと為すべき事の優先度を上げる事が出来ないもので、多少太っていても健康でいられる今の高度医療時代においては、多少デブであってもそれが許容されてしまうが故に身体を鍛えるという動機付けにはなり得ない。

となると、本気のアスリートやボディービルダーに始まり、ただの趣味(ピルムのようなボディービルダー予備軍も含む)や健康オタク、またはジムでナンパをしようと考える中年オヤジなどは、それぞれに本来の健康を維持するという目的以外の何かを持って取り組んでいると言えよう。





そして、俺はというと、身体を鍛えた結果が次のエロに繋がると信じているクズの一人である。
エロシチュエーションこそが俺にとってのインセンティブであり、俺がジムに通い続けるモチベーションとなる。







現時点での実績としては、既存案件からのスパンオファーが明らかに増えた事が挙げられる。



■体験者の声

タイ在住Nさん

「あなたとのスパンはこれまでに無いぐらいに良かったから、それだけでもまた会いたいと思ってるのに、身体までかっこよくなったら、もうあなたを忘れる事なんて出来ないわ!」



タイ在住Cさん
「痩せたらちょっとカッコよくなったんじゃない?あなたのクンニクバスターをもう一度味わいたいわ。」



インドネシア在住Aさん
「あなたの舌を思い出しながらオナニーしてるけど、物足りないわ。あなたのポンチで奥まで突かれるアノ感覚が忘れられないの。あなたの身体に触れたくて、今すぐにでも香港に行きたい。」



香港在住Iさん
「なに、この身体!?ジムにちょっと行っただけで変わるの?私も行きたいっ!!・・・その前に触らせて。」



マカオ在住Nさん
「お前なんか嫌いだよ!でも、その腕に抱かれて寝るのは好きだから、時々なら家に来てもいいよ。でも、スパンは2回までだからな!(ツンデレ)」






他にもまだあるが、この辺で止めておこう。




最近得られた嬢からの評価は、

1.プレイボーイ
2.優しい
3.忙しいやつ
4.クンニクマスター
5.大きさがちょうどいい
6.クズ
7.疲れるから1回でいい



などである。




フィードバックを得られるとそれがインセンティブとして働きやすいので、継続的な効果測定というのはモチベーションの維持に効果的である。


訪タイまでのあと3日も気合い入れてジム通いを続ける。












2016年累計スパン結果: 20スパン(2016/2/2)    
 

このページのトップヘ

見出し画像
×