タグ

タグ:チケット

【中国武漢編~第一章 その9~】 チケットは事前入手しよう!

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 









地下鉄に揺られる事しばし、あっという間に深圳北駅へと到着する。




15








俺達がまず向かったのは高鉄のチケット売り場だ。

案内に従い、売り場を目指す。



40

28








 
ネット経由で購入したチケットだが、引き取りは窓口に行かなくてはならない。

もちろん、乗車当日に窓口で受け取ってもいいのだが、そこは中国、朝からどれだけ待たされるか分からない。
長蛇の列に時間を取られている間に出発時刻が来てしまっては、せっかく高い料金で買った一等席にも乗れなくなるので、もったいない事になる。(※中国人的発想では別の列車に乗っても構わないが、その席を指定で買っている人が来た場合には自分が座れなくなってしまう。)





という理由から、俺たちは前日にチケットを受け取り、当日は改札を抜けるだけにしておこうと考えたのだ。






結果的に、これは正解だったかも知れない。

前日夜で、もうすでに当日のチケットはほとんど売られていない状態にも関わらず、なぜか窓口で20分ほど並んだ。


10



 
俺たちが並んだ時は、10~13人程度しか前にいなかったのだが、とにかく一人一人に時間がかかっているようで、今回のように余裕を持ってチケットをピックアップしに来ただけならいいが、これが列車の出発時間直前だとしたら・・・



14







というわけで、チケットは事前に入手しておくことをお勧めする。

もしくは、中国人風に、









俺の電車がもうすぐ出るんだ!!









と先頭に並んでる人と交渉するか、という選択肢がある。


後者は喧嘩になる恐れがあるので、スパンスパン王子的アドバイスとしては絶対に事前入手をお勧めする。



52






そんなこんなでチケットを入手した俺と同僚Aは、ホテルへ向かうべく、深圳北駅のタクシー乗り場を目指した。



18

43




タクシー乗り場は2つの乗り場に分かれており、近距離(緑色)ちょっと離れたところへ行く用(赤色)にタクシーの色が分かれていたので、行く先を確認してから列に並ぶ方がいいだろう。

俺と同僚Aの泊まるホテルは近郊なので、手前側の列の緑色のタクシーに乗る事にした。


36

43







あいにくの雨だったが、タクシーの中から街中をバシバシと撮影する。

どこにでもある中国の地方都市の風景ではあるが、マッサージ屋の看板が目立つ。



58


51

38










・・・思わず勃起した。









これから訪れるであろう、スパンチャンスを想像し、いかがわしいネオンを見るだけで勃起してしまったのだ。
マカオやタイのネオンではもはや興奮しなくなった俺でも、不思議な事に新しい地域の散策をするとテンションが上がってしまうのだが、これはつまり、俺の脳が新しい刺激を求めているという事なのだろう。




そして、ほどなくして俺達が泊まるホテルへと到着した。



24










2016年累計スパン結果: 90スパン(2016/4/13)

【中国武漢編~序章 その6~】 一人部屋はエロ旅の基本

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














深圳北での前泊。






深圳北站
(※クリックするとGoogle Mapsが開くよ!)

5638686488657920









本来の目的は早朝発の高鉄に余裕を持って乗る為の準備だが、それだけの為に前泊するような無駄は嫌いな俺が考えたのは、深圳北でも遊べるところを探そうという新たな遊び方の発掘をする事だった。


ネットで色々検索していると、口コミではあるが、












「某ホテルの中に入っているマッサージ屋で嬢と交渉してNNしたでー」












という自慢話を発見した。


俺はすぐさまそのホテルの名前で再度検索をかけて、同じような経験談が無いかを確認した。
というのも、この手の自慢話は釣りか、本当だったとしても偶然そうだったというレベルの話が多いからだ。



現に俺もマッサージ屋でスパンをした事はあるが、それは誰もがスパン出来るという場所では無いので、俺はラッキーだっただけという事になるのでそんな情報を共有してもほかの人の役には立たない。

そういう事なのだ。




その為、俺は一つの情報を鵜呑みにせず、それを検証するように同じような情報が他に無いかどうかと探し、それによって情報の信頼度を高めていくという手法を採っている。

それでもその情報がガセだったり、古かったりする事があるので、行ってみたら全然ダメだったという事もあるのだが、それはそれで俺の経験となるので無駄だとは思う事は無く、これを繰り返している内に勘が鋭くなっていくのも感じられるので、俺はひたすらこのプロセスを繰り返している。

特に、中国では有効なのだろうと思われる。








そして、俺はいくつかの情報を得て、そのホテルのマッサージ屋でスパン出来る確率が高いと判断し、俺はそこのホテルの部屋を予約した。



深圳维纳斯酒店
 
6303701331869696









同僚Aも同行する事が決まった後だったのと、前泊なのでコストを抑えようという同僚Aの意見を取り入れて、ツインの部屋にした。










が、それは後に過ちだったと気づかされる。










細かい経緯は順を追って書いていくが、スパンが目的の旅である場合は、必ず一人部屋で無くてはならない。




そんな教訓を後で得る事になる予約だった。






52







ともあれ、狙いを定めた俺は、出発の日の前日に深圳北のホテルを予約し、大雑把な行程を決めたのであった。

















2016年累計スパン結果: 87スパン(2016/4/7)

このページのトップヘ

見出し画像
×