タグ

タグ:チップ

【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その9(完結)

カテゴリ:




★★…………………………………★★



2015年:395スパン!



そして、引退へ。


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 

 







前回までクダリはこの回を読み直して欲しい。
 



■出会い系でのスパンオファー その1
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1046534771.html



■出会い系でのスパンオファー その2
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1046627705.html

 

■マカオへ行きまする(玉砕覚悟)



■マカオへ行きまする(玉砕覚悟) - その2


 
■マカオへ行きまする(玉砕覚悟) - その3



■マカオへ行きまする(玉砕覚悟) - その4



■マカオへ行きまする(玉砕覚悟) - その5



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その1



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その2



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その3



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その4



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その5



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その6



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その7



【マカオ】 サウナ(G)の衝撃 - その8
















ワンモア?













俄然やる気を見せるハナコであった。











お互いにたった今猛烈なスパンを終えてシャワーを浴びてスッキリしたばかりである。

が、ハナコはもう一戦を求めてきた。







これでこそ、ベト嬢。






俺が愛してやまないセックス・モンスターである。











これが中国嬢だったならば、シャワーから出て来て裸でベッドに腰かけただけで、「何してんの?服着て。」ととっとと部屋から出るように促される事でしょう。







なぜこんなに違うのか。







国民性と一言で言ってしまえばそれまでなのだが、やはりベトナム嬢は遠くマカオまで出稼ぎに来ているのでリピーターを獲得したいという思いが強いのではないだろうか。
 
中国嬢も同じ理由だが、その辺の責任感の強さには大きな差があると感じており、中国嬢はいざとなったらいつでも実家に帰って他の仕事をする、または国内で稼ぐ道を探すという気持ちがあるのだろうが、ベト嬢は「不退転の決意」をもって勤務しており、その為には少しでも良いサービスで顧客を迎えて再度指名をもらう事を念頭に置いて仕事に従事している。








背負うものが大きいからだ。












中国嬢も背負ってきているが、ベト嬢の方が背負うものが大きいような気がする。

俺がこれまでに触れ合ってきたベト嬢達は、親しくなると自分の故郷の話をしてくれるようになるのだが、話を聞いていると彼女たちの置かれている境遇やそれを支えようとする気持ちの強さに頭が下がる。

自分の稼ぎが家族数人、下手をすると7~8人の生活を支えており、自らが長女だった場合には弟や妹が大学まで行けるようにと学費を稼ぐ事までを目標として仕事に就いている。









20歳そこそこの小娘が、だ。





20101009101500







それと単純に日本の状況を比較するような事は出来ないが、俺は彼女たちの強い気持ちと責任感を尊敬し、一緒に遊びに行くようなことがあれば食事代や飲み代などは俺が負担するようにしている。

もちろん大した額ではないのだが、彼女たちのすべてを面倒見れるわけではないものの、せめてそれで彼女たちが一日でも早く帰国出来るように、滞在中のストレスを発散する助けとなるようにと思いながら、俺は彼女たちと遊んでいる。









だから、俺は温かいハートを持つベト嬢達が大好きだ。













ハナコに関しては、正直そこまでの想いがあったのかどうかは分からない。

が、少なくとも俺ともう一回スパンをしたいと思ってくれた事に、まず俺は喜ばなくてはいけないし、感謝をしなくてはならない。


どこのサウナもそうだが、基本は1回1スパンであり、それ以上を求めると別途チップを払えと言われる事がある。






小さな感動を覚えながら、俺はハナコとの二回戦目を開始した。

内容は一回戦目とさほど変わらないが、お互いにシャワーを浴びたばかりなので、遠慮なく攻め合える、








くんずほぐれつ







という表現が正確かどうか自信が無いが、俺はハナコと汗まみれになりながらお互いの性器を舐め合い、そして合体した。














セックスはスポーツだ。






8c23613f











そんなことを言っていた人もいるが、俺とハナコのそれはスポーツではなく「格闘技」であった。
お互いがお互いを攻め続け、お互いを高め合っていく。


が、そこには「勝敗」は存在しない。













ただ一つの満足だけだ。













俺はハナコに何かを感じ、連絡先を聞いて再会を約束した。












- 完 -





2016年累計スパン結果: 3スパン(2016/1/6)     

【スパン旅行記】 バンコク・パタヤ珍道中-74

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★












再び一人になった俺は、だんじりーにメッセージを送り、「デスコへ行こう」と持ち掛けた。(※「デスコ」の発音は敬愛する鳥肌実師匠のそれを参考にして頂きたい。)



 


※ちなみに「敬語でSEX」が俺の一番のお気に入りである。


やる事やったら飲みたくなるというのが人間の本能というものだろう(たぶん俺だけ)





心優しいだんじりーは、そんな俺のわがままに快く付き合ってくれる。
スパンヤオの中でも一際波長があう人物である。

その詳しいバックグラウンドは謎だが、相当に頭が切れる人物であり、エロの繋がりが無ければ俺とは関わる事の無い人生を送っていただろうと思うのだが、だんじりーと一緒にいると色々と刺激になるので楽しくてしょうがない。


というわけで、二人して我々が「犬」と呼ぶ「スクラッチドッグ」へと突入した。










飲み始めると、俺は勝手に暴走を始めるのだが、それはもうお決まりであり、だんじりーも「いつもの事」とさらっと流してくれる。

そんな流れで、だんじりーが隣のテーブルからセミプロらしき女性をぶっこ抜き、一緒に飲む事に。





で、持ち帰りでまたスパン。










セミプロと言うのはプロになり切れない商売人なので、詰めが甘い。
こちらとしても素人なのかプロなのかがはっきりしないので、色々とトラブルになりがちだ。


今回は「セミプロっぽいな・・・」と感じながらも「素人であって欲しい」願望を優先させて持ち帰ったのだが、スパンを終えてから嬢がチップを要求してきた。















が、俺はその支払いを拒否。





なぜなら素人とのスパンでチップを要求される事は無く、プロであれば価格交渉を終えてからのスパンが基本であり、事後のチップ要求は「寝耳に水」なのである。










とはいえ、気配があった。





俺も「もしかしたら」と思っていた部分もあるので、お互いが納得できる金額の範囲であれば払うよと交渉し、1,200バーツの支払いで落ち着いた。

1,000バーツで交渉はまとまったのだが、犬で一緒に飲んで楽しかったのもあったので、200バーツはおまけで上乗せしたのだ。


嬢としては本来欲しい金額には届いていないかもしれないが、ゼロよりマシであり、さらにはいったん決まった金額に上乗せされたのでまんざらでもない様子だ。






そう、これが「後出しチップ」の効果である。











規定の料金を払った後に、「気持ち」としてチップを分けて出すのだ。

それをする事で「チップの特別感」が演出されて、受け取った方はより大きな満足を得られる。




最初からチップ込みで1,200バーツを渡すのと、1,000バーツ+200バーツを渡すのでは効果に差が出てくるので、俺は常に嬢の表情を伺いながら後出しチップのタイミングを計っている。






損したと思わせない、ちょっとした小技として使えるので、お勧めだ。


















2015年累計スパン結果: 208スパン(2015/8/17)    

このページのトップヘ

見出し画像
×