タグ

タグ:デスコ

【スパン旅行記】 バンコク・パタヤ珍道中-76

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★













気持ちが落ち着いたところで食事を開始。


が、一見すると普通のタイ料理屋なのに無駄に高い。
(ここでまたタクシードライバーへの怒りが甦るが、再びぐっと我慢した。。。)




写真が見当たらないので細かい話はスキップするが、良くある空芯菜の炒め物が200バーツぐらいした記憶がかすかにあり、二人なのに食事だけで2,000バーツを超えたような・・・






まぁ、いい。








そんな感じで食事を終えて帰ろうかと思ったら、嬢がデスコに行きたいと言うので二つ返事で承諾し、今夜はデスコまで一緒にいる事になった。

しかし、デスコが盛り上がるのはまだまだ遅い時間である為、それまで暇だなという事になり、とりあえず部屋に戻ってシャワーでも浴びようかと思い、嬢を連れて部屋に帰った。
スパンをする気では無いので、部屋に戻るなり音楽をかけてダラダラし始めると、嬢はスマホのゲームでずっと遊んでいる。
まるで倦怠期のカップルのようだが、俺は別にそれで構わなかった。



しかし、あまりにも待ち時間が長くて飽きたのか、「今日はデスコ行かないで帰ろうかな~」と言いながら、かわいく悩み始める。

俺はそれを受けて、










「行きたくなかったらいつでも帰っていいから、好きなだけ悩みな。」









と告げて、嬢の横に腰かけた。



俺の方にもたれかかって俺の肩に頭をもたげると、しばらく悩んだ後に「行く」と小さい声で呟いた。

俺はそっと嬢の頭を撫で、時間が過ぎるまでそのまま傍にいたいと思った。














出かける時間まで、あと1時間半ぐらいだっただろうか。
 
少し早目に行って、嬢を早めに帰すぐらいでいいかなと思っていたところで、嬢が唐突に立ち上がり、腰に手を当てたお嬢様が見下しながら命令を下すように「シャワー!!」と言い放った。



gaettas



 
ちょっとびっくりしたが、「まぁ、出かける準備をするんだろう」と思いながらシャワールームへと移動し、普通にシャワーを浴びて服を着る為にスーツケースのあるベッドルームへと移動すると、嬢が裸でベッドに寝ていた。

















ふぁっ!?(@_@;)





す、するの?


























・・・するか(´-`*)
(ここまで0.1秒)








ということでスパン開始。

さすがに裸になられてはスパンをせざるを得ない。(内心すごくうれしかったのは言うまでもない。)









すぱんすぱんすぱん(以下略)












こうしてスパンを終えた俺達は、デスコへと向かって出発した。
















2015年累計スパン結果: 212スパン(2015/8/20)    

【スパン旅行記】 バンコク・パタヤ珍道中-74

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★












再び一人になった俺は、だんじりーにメッセージを送り、「デスコへ行こう」と持ち掛けた。(※「デスコ」の発音は敬愛する鳥肌実師匠のそれを参考にして頂きたい。)



 


※ちなみに「敬語でSEX」が俺の一番のお気に入りである。


やる事やったら飲みたくなるというのが人間の本能というものだろう(たぶん俺だけ)





心優しいだんじりーは、そんな俺のわがままに快く付き合ってくれる。
スパンヤオの中でも一際波長があう人物である。

その詳しいバックグラウンドは謎だが、相当に頭が切れる人物であり、エロの繋がりが無ければ俺とは関わる事の無い人生を送っていただろうと思うのだが、だんじりーと一緒にいると色々と刺激になるので楽しくてしょうがない。


というわけで、二人して我々が「犬」と呼ぶ「スクラッチドッグ」へと突入した。










飲み始めると、俺は勝手に暴走を始めるのだが、それはもうお決まりであり、だんじりーも「いつもの事」とさらっと流してくれる。

そんな流れで、だんじりーが隣のテーブルからセミプロらしき女性をぶっこ抜き、一緒に飲む事に。





で、持ち帰りでまたスパン。










セミプロと言うのはプロになり切れない商売人なので、詰めが甘い。
こちらとしても素人なのかプロなのかがはっきりしないので、色々とトラブルになりがちだ。


今回は「セミプロっぽいな・・・」と感じながらも「素人であって欲しい」願望を優先させて持ち帰ったのだが、スパンを終えてから嬢がチップを要求してきた。















が、俺はその支払いを拒否。





なぜなら素人とのスパンでチップを要求される事は無く、プロであれば価格交渉を終えてからのスパンが基本であり、事後のチップ要求は「寝耳に水」なのである。










とはいえ、気配があった。





俺も「もしかしたら」と思っていた部分もあるので、お互いが納得できる金額の範囲であれば払うよと交渉し、1,200バーツの支払いで落ち着いた。

1,000バーツで交渉はまとまったのだが、犬で一緒に飲んで楽しかったのもあったので、200バーツはおまけで上乗せしたのだ。


嬢としては本来欲しい金額には届いていないかもしれないが、ゼロよりマシであり、さらにはいったん決まった金額に上乗せされたのでまんざらでもない様子だ。






そう、これが「後出しチップ」の効果である。











規定の料金を払った後に、「気持ち」としてチップを分けて出すのだ。

それをする事で「チップの特別感」が演出されて、受け取った方はより大きな満足を得られる。




最初からチップ込みで1,200バーツを渡すのと、1,000バーツ+200バーツを渡すのでは効果に差が出てくるので、俺は常に嬢の表情を伺いながら後出しチップのタイミングを計っている。






損したと思わせない、ちょっとした小技として使えるので、お勧めだ。


















2015年累計スパン結果: 208スパン(2015/8/17)    

このページのトップヘ

見出し画像
×