タグ

タグ:フィリピン女子

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★







昨日は日曜日。



日曜日は俺の一週間の中でも、最も忙しい日である。
何が忙しいかは察しがつくだろうが、







インドネシア人・フィリピン人とのスパン






である。

香港にメイドとして出稼ぎに来ている両国の女子が暇を持て余しているので、俺がその相手をさせて頂いているというネタは以前から時々出してきているが、その出会い方が多様化して来ているので、常に新しい方法を試し続ける必要がある。

集まって楽しんでいるところに乗り込んでナンパというのも悪くないが、なんせ狭いコミュニティの中で生きて行く必要がある彼女たちからすれば、やや迷惑な結果になりかねない。
ということで、彼女たちもネットを駆使して出会いを求めるという方向性を打ち出す。







で、どうやってスパンをしているのか?という事だが、出会う過程の細かい説明は省くが、とにかくネットで知り合ってから、なんでもいいので会う約束を取り付ける。








で、スパンする。








ほとんどのケースで、会ってその日の内にスパン出来ているので、普通にコミュニケーションが取れる御仁なら同じように出来るのではないだろうか。
俺はある程度の英語は話すが、インドネシア語やタガログ語は全く知らない。
テレマカシ(インドネシア語でありがとう)や、サラマッートゥ(タガログ語でありがとう)などのネタ的なワードは知っているが、笑いを取る程度にしか使用しないし、それ以上の言葉を知らない。


でも、スパンは出来る。









どういう事かを考えると、単純に「スパンに言葉は不要」という事になる。


・如何にしてベッドがあるスペースに連れ込むか
・如何にして和やかな雰囲気を作り出すか
・如何にしてエロい気持ちを高めるか


という程度であり、それさえこなしてしまえば、ポンチがマンコにずっぽり入ってしまっている。
香港人女子とも出会う事があるが、彼女たちの方がハードルが高く、食事や飲みを経由してからじゃないとその流れに持ち込めないので、ハードルがやや高い。






日曜日というタイミングさえ合わせる事が出来るのであれば、短期滞在でも攻められると思っている。
金曜日に会話を開始して、日曜日の朝から会えばいいのだ。










「難しい事を簡単にやってるように見せて、「俺ってすごいだろ!」と思わせようにしてるんだろ?」なんてことを言われたとしても、実際に簡単なのだからやってみる価値はあると思う。(真剣)

もちろん、いくつかのコツはあるが、やってるうちに理解出来るレベルなので、それも含めて楽しんでもらいたい。
好き嫌いはあるだろうが、インドネシア人はエロいので、俺は好きだ。








2018年累計スパン結果: ??スパン(2018/7/16)

 

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









「私たち、友達に戻りましょう。」






久しぶりにそんな事を言われた。

これは、とあるフィリピン女子から言われたのだが、少し前にネットを通じて知り合った彼女とは、会ったその日のなだれ込みスパンから始まった。
彼女曰く、「あなたとのセックスは好きだけど、カジュアルな関係じゃなくて、真剣な関係を求めてるから、友達でいましょうね。」という事だった。

嫌われたわけではないが、セックスしてもらえる相手が一人減った事で、俺は少し落ち込んだ。
細身の小柄でドスケベという、俺が好きな要素を兼ね揃えていただけに、惜しい存在だったのだ。






しかし、落ち込んだのもつかの間、である。






気が付けば、新規のインドネシア人女子とのアポが成立し、朝から映画を見て、その後は家でご飯を作ってくれるという流れに持ち込むことが出来た。
正直、ご飯はどうでも良いというのは言うまでもない事で、家に連れ込むための口実に他ならない。
家に来てもらえれば、あとは何とかなってしまうんじゃないかという期待があり、実際に家に来てダラダラしてるとすることが特に無いのでスパンをしてしまうというのは良くある事。(ですよね?)



ここ最近でやり取りしているインドネシア人女子の中でもかわいい(そんな事ばっかり言ってる気がするが、俺が出会ってきたのは、そうでもないインドネシア人女子の方が多数派である。)ので、次のアポが楽しみでしょうがない。





別れがあれば出会いもある。




全ての出会いには一期一会の気持ちで臨み、(スパンの為には)努力を惜しまない。





さぁ、今日はジムに行くか。


 





2018年累計スパン結果: ??スパン(2018/7/11)



スパン数数えてないから、分からんようになってもうた・・・( ゚Д゚)

このページのトップヘ

見出し画像
×