タグ

タグ:ベトナム人

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その19~】オマンコ・ケイビング調査完了!!

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★






 


オマンコ・ケイブの冒険はまだ続く。

最深部に到達すると大きな声が響き渡る事を知った俺は、そこを執拗に調査し、洞窟の形状に変化が起こるかを調べる事にした。

体力の続く限り調査の為のスパンスパンスパンスパン・・・・・










&*!@▽Ω〒▽Ω&*!



プギャァァァァァァ( ゚Д゚)









今までに聞いた事の無い悲鳴に似た声が部屋中に響き渡り、嬢はぐったりとした様子で息を荒げている。
どうやら、今回のオマンコ・ケイビングは成功に終わったようだ。


満足のいく調査結果が得られた俺は、先ほどにも増して緩急をつけた調査の為のスパンスパンを繰り返し、そして静かに今回の調査を終えたのだった。



最後に嬢から、今回のオマンコ・ケイビングの良好な調査結果を讃えて、満面の笑みと共に、






「ユー、ナンバーワン!」





とのお褒めの言葉を頂いた。

俺のオマンコ・ケイビング技術はベトナムでも通用するであろうことが示唆された瞬間であった。





この結果に満足した俺は、調査に協力してくれたお礼にと僅かばかりのチップを手渡し、部屋から出ていくのを見送った。

清々しい気分のまま睡眠に入ろうかと思った瞬間、気が付いた。





今朝早朝に起きてから、今までほとんど寝てへんやん・・・





朝4時に起きて、4時半にホテルをチェックアウトしたので、既に20時間程が経過していただろうか。

唯一飛行機がゲートを離れた頃から離陸後にシートベルトサインが消えるまでぐらいの一瞬は寝ていたが、それ以外の時間はとてもじゃないが寝ていられない程に、中国国内線は騒がしい。
この時もゲートを離れる瞬間までシートベルトをせずにトイレに行こうとして注意されてる奴がいたり、シートベルトサインが消えるなりトイレに殺到する奴がいたりと落ち着きがない。
俺の隣の奴もトイレ行きたくて、通路側に座る俺を叩き起こし、早くどけと急かしてきた。

そんなことに気付いてしまった瞬間に、俺の眠気はピークを超え、気が付いたら朝になっていた。




朝からシャワーを浴びて、チェックアウト前に周囲を少しだけ散歩でもしようかと窓の外を眺める。

Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-42

Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-41




何やら灰色な景色しか見えないが、これは天気が悪いからなのか、空気が悪いからなのかは分からない。
街の造りは中国っぽいので、特に目新しい感じはしない。


Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-43


上の写真の中央やや左のあたりに青い看板がかかった入り口が見えるだろうか。
そこにやり手BBAが立っていた。




Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-44


上の写真の中央から上に延びている道の奥に、やり手BBA終結スポットがあった。
俺が到着したころがピークだったと思えるが、こちらの通りは真夜中になると無人と化す。







とりあえず、外に出てフラフラしてみた。


Kunming-Hanoi-BKK_2016-mobi-45



川の向こうがベトナムなので、対岸に見えているのはベトナムなんだろう。
これからあっちに行くんだと期待に股間が膨らむ






・・・が、本当に何も無いのですぐにホテルをチェックアウトし、ベトナム側へと渡る国境へと足を進めた。





前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その18~】そこにケイブがあるから
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1067168251.html
 

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その18~】そこにケイブがあるから

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★










ケイブ攻略は常に危険と隣り合わせなのは、経験豊かなベテランのケイバー(※「ゲイバー」ではない。趣味またはスポーツとして洞窟などに入る探検活動を行う人をそう呼ぶ。)ならば身をもって知っている事だろう。

時には毒ガス(マン臭)が発生したり、入り口付近毒ガスに似た臭いを伴う(マンカス)が付着していたり、異常に乾燥(マン汁不足)していたり、かと思えば内部が水で満たされて(溢れるマン汁)いたりと、無事に帰還する為には数々の危険を乗り越える為の適正な知識と準備が必要だ。


00417_m



日本オマンコケイブ探検学会会長を務めるスパンスパン王子は、より安全で楽しいファンケイビングを広めるべく、様々な啓蒙活動を行ってきているが、世の中にはまだまだ浸透していないようだ。
オマンコ・ケイビングを楽しむための技の一つに、周辺探査という準備技がある。
これは両手を探知機のように見立てて、オマンコ・ケイブの周辺をさわさわと優しく撫でまわす技であるが、それによって極度乾燥状態で狭小のオマンコ・ケイブの入り口がゆっくり開き、中の調査が行いやすくなるというメリットがある。







そして、ケイブにダイブする為には必須となるザイル(登山用のロープ)をひっかける為の突起を探さなくてはならない。


Caver-Castleton-Peak-District-2



入り口周辺に生い茂る草(マン毛)に埋もれているかも知れないので、しっかりとした調査が必要になる。
さらに、見つけた突起が必要十分な大きさじゃなかった場合に備えて、しっかりと場所を見定め、その機能を果たすために入念な検査を行っておく必要がある事を忘れてはいけない。

この調査を舌を使って行う事で、オマンコ・ケイビングの難易度が下がるため、より楽しく安全にオマンコ・ケイビングを行うためにも、必ずやっておきたい準備である。


なお、その際にはとあるセリフを叫ぶようにする事。





食らえっ!クンニクバスターァァァ!!





これであなたも立派なオマンコ・ケイバーに近づいてきたことだろう。

しかし、オマンコ・ケイブは中に入ってからが恐ろしい。
安全の為にはヘルメットを持参して装着しておくことが望ましいのだが、時にそのリスクをも楽しもうとするスパン冒険野郎達は、果敢にもノーヘルメットでの潜入を試みるようだ。







狭くて暗い入り口にまで到達したとしても、焦ってはいけない。
潜入した直後に事故が起きて全てが終わってしまう事だってある。

そう、潜入の過程はあくまでゆっくり、焦らずに行う事が望ましい。



そして、洞窟に足を踏み入れた際に聞こえてくるであろう声を聴くのだ。

それは入り口から奥へ奥へと進むにつれて大きくなり、最深部に到達した際により大きな声が聞こえてくるだろう。
それこそがオマンコ・ケイビングの楽しみの一つであり、さらなる探検欲を駆り立てる要素となっているのだから、言わずもがな、世界のオマンコ・ケイビングをしない理由が見つからないだろう。



maxresdefault



世界のオマンコ・ケイバー達よ、自らの冒険心に誇りを持ち、より多くのオマンコ・ケイブの調査に当たってくれ。





 

前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その17~】そこに山があるから
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1067152351.html
 

このページのトップヘ

見出し画像
×