タグ

タグ:ラオカイ

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その8~】河口までのラストワンマイル

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★
 











流れに乗って進んでいると、いつの間にやら駅舎の外に出た。
駅の出口には物々しい装備をまとった警官3名が立っており、駅舎から出てくる人たちを出迎えていたのだが、装備だけがいっちょ前で明らかに「立たされている感」が出まくっていたのはお決まりのネタである。


47



この河口北駅から河口の中心部まではかなり離れている為、駅前でバスやタクシーに乗って移動しなくてはならないのだが、駅前にはバスが列を成して待機しており、どれに乗って良いか皆目見当が付かない状態になっていた。


01



良く見ると、バスのフロントガラスにホテル名のようなものが書かれたボードが掲げられているバスもあり、宿泊する人たちを専用に送迎するバスがほとんどとなっていることが分かった。
そこで俺は、泊りもしないのにしれっとそのバスに乗り込んでみようと思ったのだが、ドアのところに立って客引きをしていたババアが血相を変えて俺にギャーギャーとまくし立てて来た為、「乗るだけ乗って泊まらないというとトラブルになる」という嫌な展開が待ち受けている予感がし、俺はそのバスを避けて他のバスを探した。





河口の街まで行きたいんだけど、どのバス?







とギャーギャー騒ぐババアに尋ねると、






泊まらねーなら、あっちに乗りなっ!






と怪訝な顔で別のバスを指さした。








 
バスが並んでいる列の先頭の方に、有料の送迎バスが待っていたようで、ほとんどの人はそのバスにどんどん吸い込まれるように乗車しており、俺もその列に加わった。

バスに乗ると、既に空席は無かったので、俺は運転手のそばにあるスペースに荷物を置き、出発の時を待っていたのだが、ここでもまた運転手からギャーギャーとまくし立てられるハメに。






な、何事だ!?






と落ち着いて運転手のおじさんの話に耳を傾けると、「早く乗車料金を払え」と言っていた。





あ、先払いなのね。





バタバタしながら、俺はポケットから金を取り出し、運転手に向かって「いくら?」と尋ねると、運転手から「2元」という返事が返ってきた。
安いなーとしみじみ思いながら、俺が2元を運転手に手渡すとバスの扉が閉まり、出発となった。



14






え、俺の支払い待ちだったの?








どうやらそういう事だったようだ。
 








とにもかくにもバスは出発し、バスが暗い道を猛スピードで駆け抜けると、しばらく走ったところでネオンの明かりが見え始めた。



19


12


36





こうして、俺は河口の街へとたどり着いたのだった。









前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その7~】男塾精神に学んだ河口への道中
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1064831670.html

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その7~】男塾精神に学んだ河口への道中

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★
 











過酷な6時間の旅が始まる。

予想を遥かに下回るグレードの椅子を見て、驚きを隠せない俺だったが、幸いにもこの車両は空いており、さらに昆明からこの席に座るのは俺だけだったようで、向かい合って設置された4人掛けの席を俺が独占することが出来たので、垂直に立った背もたれに苦労しながらも足を伸ばしたり曲げたりしながら最適なポジションを探して落ち着くことが出来た。


08


 

そして、俺が車内でやったことは、持参したiPadにダウンロードしておいた漫画の読破であり、しかも魁!!男塾という、我ながら何とも言えない渋いチョイスだった。


mig



男塾の支離滅裂なストーリー展開は、退屈な社内での時間を潰すにはもってこいであり、また登場人物が立ち向かう数々の苦難を思うと、俺が6時間同じ椅子に座っているぐらいの事は何てことないんだと思い知らされ、意外に順調に時間は過ぎていった。
 

 









誰も興味は無いと思うが、せっかく撮影したので車窓の景色を並べておく。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-97

50

54

昆明・ハノイ・バンコク_2016-116

昆明・ハノイ・バンコク_2016-101

昆明・ハノイ・バンコク_2016-104


中でも、走行中の列車の中からの撮影にも関わらず、なぜか鮮明に撮影出来てしまった謎の爺さんはとても印象深い。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-111


 
俺の中にある「中国の田舎にいる爺さん」のイメージ通りの人物だったからであるが、良く良く見ると肥柄杓を肩に担ぎながら、腰に手を当てて颯爽とポーズを決めていたそのダンディーさも爺さんの魅力を数倍増しにしていたのだろう。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-112
 












車内は終点に近づくにつれて閑散としてくる。
途中の駅で下車する人が多かった駅もあったが、俺はひたすら静かに椅子に腰かけているしかなかった。


しかし、終点まであと2時間というあたりで、派手な格好をした妙齢の中国人女性が乗り込み、短いスカートの隙間から黒パンティーをチラチラと見せてくれるという、思わぬボーナスがあった事で俺のテンションは盛り返し、だんだんと暗くなって周りが見えなくなってきたにも関わらず、俺の気持ちは河口にあるエロスポットに向けて高まっていった。


36
 



そして、ようやく終点の河口北站に到着した。


55

 

降りる人はまばらかと思いきや、車両数が多いからかまとまるとそれなりの数になっており、それがダラダラと列をなして進んでいく。

30

12

19

 
俺も勝手が分からないので、黙って列に紛れて一緒に出口方向へと向かって歩いた。













前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その6~】昆明から一路河口を目指すが・・・
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1064710494.html

このページのトップヘ

見出し画像
×