タグ

タグ:奥義

カンボジアで天使に出会った話 第11話 ~奥義「振動する豆」発動~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★










奥義「振動する豆(クウェイキングビーン)」




51660d6116






ああああああああああっっっ!!






ダイレクトに栗斗栗鼠に伝わる振動がMの快感を高めている。
おパンツの上からの刺激とはやはり一線を画すダイレクトタッチによる奥義「振動する豆(クウェイキングビーン)」は、その威力を倍増させる。

しかし、Mの快感が高まると同時に俺のポンチを握りしめるMのフェラーリにも力がこもるっ!




ジュボジュボジュボジュボジュボポポポポーーーーー!!!






いっ、いかん!
このままでこの激しいフェラーリによって発射させられてしまうではないかっ!!

よし、こうなれば俺の出せる力を出し切ってこの戦いの勝利をもぎ取ろうではないか!








体勢を入れ替えて、奥義「クンニクバスター」を発動する前に・・・・






奥義「焦らしクンニク」だっ!!!






ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



も、もうイクッ、イキそうっ!!!!!!






・・・ピタッ(焦らし)






え?え?なんで止めたの?
今イキそうだったのよ??





やや興奮気味に俺に苦情を申し入れてくるM。

心の中でニヤニヤしながら、黙って再開する。



ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



も、もうイクッ、イキそうっ!!!!!!






・・・ピタッ(焦らし)





あああああーー!!!
また止めたーーーー!!なんで!?なんでなの!?



・・・イカせてッ!!




あとほんの少しでイケるというところで止められてご立腹なご様子だが、最終的にはイカせて欲しいという本心が出てきた。
その言葉を聞いて、俺は彼女の願いを叶えてあげることにした。



4f8a7cf0b5bc401179d7c3605577c6f3_400



そう、お値段以上、ニトリのように。




そら、奥義「クンニクバスター」だっ!!!(※心の声)




ペロペロペロン ペロペロン



ああああああああああっっっ!!



ペロペロペロン ペロペロン



あ、イクッ、イキそうっ!!!!!!
と、止めないでね!!!!



イクーーーーーーッ!!!!!





ガクガクブルブル




イク瞬間だけ、さっと顔を股間から離し、Mのイキ様を見届ける。

しかし、俺はクンニクバスターを止めない。
そのままクンニし続け、クンニク地獄へと移行した。



WS000014





えっ、もうイッたから!!
ちょっと、くすぐったいって・・・あっ、ちょっとダメだっ・・・ああああああっ!!!!





ガクガクブルブル





再び少しだけ顔を離すと、俺はそのままクンニク地獄を続けた。





も、もうだ・・・め・・・・頭がおかしくな・・るっ!!!!!!ああああああっ!!!





連続でイキまくるMの様子を見て、俺はようやくここでクンニク地獄を止めた。
Mはベッドの上で目を閉じてふんぞり返ったまま、叫びすぎて疲れたからか肩で息をしている。
30秒ほど経つと、態勢を変えずに俺の方に視線を送り、こう言った。





・・・なんなの、あれ・・・





俺はMの質問には答えず、「あれ、好き?」とだけ尋ねた。
するとMは静かにうなづき、再び目を閉じた。
 









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 


深夜の来訪者 その4(完結)

カテゴリ:





★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★




(前回の裏筋(※あらすじ))
前回:深夜の来訪者 その3

自らの犠牲をいとわず護国の鬼と化したポンチが、嬢からあふれ出す大量の潮の前に戸惑い見せるも、奥義:ロデオウェイブを繰り出して嬢を最絶頂へと導く。
心配すべきはベッドを潮から守る為のタオルがびしょびしょになってしまっている事だった。












俺の下半身には潮だまりが出来ており、身体の下に敷いたタオルの吸水力の限界を突破しようとしているのは、身体に触れるタオルの感触から感じる事が出来る。
ここでF1のピットイン作業のように素早くタオルを交換するという選択もあったのだが、そのタイムラグを許容すべきではない程に嬢はヒートアップしており、ここで限界までプッシュする事によってより大きな成果を得られるだろうと感じた俺は、さらにロデオウェイブを続けた。






またまたロデオウェイブゥゥゥ!!!





ブシャブシャブシャシャーーー!!!






・・・!&%^$#!!





何を言ってるのか分からないが、思いっきり潮をバシャバシャと吹きながら絶頂に達する様子は俺の満足中枢を刺激し、精神的にも満たされる体験であった。
俺にもたれ掛かるようにして呼吸を整えている嬢に対し、俺は一呼吸置いてから再び攻勢に出た。






最終奥義、スパンボルケーノォォォォ!!!








スパパンスパパンスパパンパンッ!





images












あんあんああんあんんんんっっっ!!ブシャー!!









と、いい加減ベッドが心配になったので、このタイミングに合わせてドピュッと発射しておいた。




44









ティッシュで身体を拭こうとするとティッシュがみるみるうちに水分を吸収していくのが分かる。
それほどまでに潮だまりが出来ていたのだから、この嬢は体の水分をかなり放出したのだろうと心配になるレベルだったので、身体を軽く拭いた後に水を飲ませようとすると、ガブガブと一気に飲み干した。


いつもこんなに潮を吹くのかとそれとなく聞いてみたところ、こんなに出たことは無いと言っていたのだが「尋常じゃないレベルの潮吹きをしておきながら、そんなはずはないだろう?」と心の中で思いつつ、「これは次回再び検証しなくては。」と心に誓ったのだった。

お互いに深夜の一戦を終えて疲れ果てた様子で眠りにつくと、その僅か3時間後には嬢を起こして俺は仕事へと向かうのだった。






突然の訪問オファーでも、酔っ払っていて動けないとかでなければ基本受けるようにしている。
というのも、スパン出来るチャンスが転がり込んでくる事なんか滅多に無く、拾えるものは貪欲拾うべきであるからだ。
俺は今回のチャンスを丁寧に拾った事によって、スパンレギュラーを新たに一人獲得した事になり、先発ローテーションに厚みを持たせることが出来た。







自ら流すな、きちんと拾え。






images (1)







これは日常会話の気付きから、スパンはおろか、ビジネスにまで繋がる必要な要素であると思う。
流れを掴み、チャンスを拾う事がスタートで、そのあとのチャンスをモノに出来るかどうかはそれまでの経験と能力に依存する部分はあるだろうが、チャンスがそこにある事に気付かなければ何も始められないのだ。
どのような流れになっても、チャンスだと気付いたら自分から捨てるなどと愚行を冒す事は避けるべきであり、貪欲にチャンスを作り出す流れに誘導するスキルも身に着けるべきである。






深夜の来訪者シリーズ -完-





ーーーーー

■深夜の来訪者シリーズ
第一話:深夜の来訪者 その1
第二話:深夜の来訪者 その2

第三話:深夜の来訪者 その3


 

このページのトップヘ

見出し画像
×