タグ

タグ:奥義

【プリケツ嬢 ~その7~】奥義【(仮)圧力釜】

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★







前回:【プリケツ嬢 ~その6~】まだ見ぬマンコ









なんでもええから、はよスパンせーや!!ゴルァァ!!( ゚Д゚)





スパン神から御宣託を受けて我に返った俺は、そのまままだ見ぬパツケツ嬢のマンコに向かっていった。










マ、マンコを舐めさせろぉぉ!!( ゚Д゚)





17597c2ed24440736db725538dbd92049e415ab9






欲望をむき出しにした俺の目には、パツパイもパツケツも既に見えておらず、そこにあるマンコのみをターゲットして捉えていた。

俺の散々身体をいじり倒されたパツケツ嬢のマンコは既に濡れそぼっており、軽く指を這わせるだけで身体はビクンッと大きく反応し、俺の指にはパツケツ嬢のマンコからダラダラと溢れ出たマン汁がまとわりつき、マン汁独特の粘質によって糸を引いている。








もうこんなに濡れやがって・・・(うれしい)






ea3d2c18








ドロドロになっているパツケツ嬢のマンコはきれいな筋マンだ。
俺はその筋マンを開いてクリトリスに舌を這わせ、パツケツ嬢の反応を見る。








ペロッ





ビクンッ!!!









ペロペロ





ビクビクンッ!!

















ペロンッ!!ペロペロペロペロー!
(食らえっ!クンニクバスター!)





ビクビクビンッビクビクッ!!!!







感度の良いパツケツ嬢は、あっという間に絶頂へと達した。
おそらく舐め始めてから10秒ほどの刹那だろうか。

我ながらクンニクバスターの威力には驚くばかりであるが、ちょっと一辺倒になり過ぎていると感じるところもあり、少し違う事を試したくなった。










奥義【(仮)圧力釜】











説明がやや難しいのだが、クンニクバスターからの派生技であり、ある意味で技を繰り出す方には繊細な力加減を求められる技である。
力を加える必要があるのだが、力を籠めすぎるとそれは女性にとっての痛みとなり、程よい加減を見つけるには多くのクンニ経験が必要になってくる。

と、まぁどうでもいい前置きはさておき、ちょっとやってみた。








はふっ









あぁぁぁぁ!?!?!?











ちょっとした力加減で嬢が絶叫した。
俺にとってもそこまでの効果があると思っていなかったところの叫び声だったので、少し驚きながらもあれこれと試してみる。








はふはふはむはむ








あぁぁ!!!^&)(%@#*#!!#@!!!










何を言っているのか分からない事を言って、俺の身体を掴んでくる。

これだと痛いのか気持ちいいのか分からんので、一旦クンニクバスターの体勢を解除して感想を聞こうと身体を動かしたところ、







もっとして!!







ふぁっ!?( ゚Д゚)







止めるなと怒られてしまった。
つまり、気持ちいいからもっとしろという事なんだろうが、これまでと違う反応なので良く分からんのだよ・・・とブツブツ心の中で独り言を言いつつ、俺はクンニ最前線へと舞い戻った。

俺がクンニの体勢に戻ろうとすると、嬢のお股はフルオープンで俺のクンニを歓迎してくれる。

そして、俺がクンニクバスターの体勢から(仮)圧力釜を発動させると、足にしっかりと力を籠めて俺の顔がお股から離れないようにホールドされてしまった。








え?これってなに固め?








何かプロレスでこんな技なかったっけ?(ねーよ)





mig







しかし、俺の頭は両方の足でしっかり挟まれてしまい、このままでは踏まれたザクロのように弾けてしまう。

そこで俺は急いで嬢を絶頂に導き、過酷な最前線からの離脱を試みることにした。






ハムハムレロレロ

レロンレロン




あんあんあんっっ!!

あああーん!!!!!







あっけなく絶頂に達してくれた。

が、その際に俺の腰のあたりにしっかりと詰めが食い込んでいた。


俺がクンニクバスターの体勢を解くと、一呼吸おいて嬢は一気に脱力する。
そのまま俺にされるがままにポンチをぶち込まれても良いと、まさに「俎板の上の鯉」状態である。



さっきまで俺の頭を万力ののように締め付けていた足も既に力なく、俺にあっさりと開かれてマン汁と俺の唾液でヌルヌルになっているマンコが露になった状態のままで、嬢は天を仰いで俺のポンチを待っていた。






 

【プリケツ嬢 ~その4~】奥義「千手スパン観音」

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








前回:【プリケツ嬢 ~その3~】オペレーション・プリケツ




俺は家に着くなり、とりあえずテレビをつけて適当な映画を流す。
これは、「暇に感じられると帰りたくなってしまうが、とりあえず映画を流して見始めてしまえば、続きが気になって長居してしまう作戦(長い)」だ。
実際に効果があるのかどうかは分からんが、とりあえず映画が始まってしまうと途中で帰るという展開になりづらいのと、初対面であれこれ頑張って話をしなくても一緒にいる時間を作れるので、もはや映画は必須である。(Netflixには大変お世話になっております。)

この時はプリケツ嬢の選択でしょうもない韓国ドラマが再生され始めたが、俺はそれを見始めたプリケツ嬢の傍らに座って背中へのスパンタッチを始める。
部屋に来るまでにプリケツへとタッチが許されているので、背中へのスパンタッチは無抵抗で受け入れられ、むしろプリケツ嬢はスパンタッチをお気に召したようだ。
嬢の感度や経験にもよるのだが、相性が良いとスパンタッチは抜群の破壊力を生み出し、中には最初の数タッチで体をクネクネとくねらせ始める嬢もいる。

そして、このプリケツ嬢への効果はどうやら絶大のようで、最初の1タッチ目で軽く息を漏らした。
その後も俺はその反応を確かめながら、スパンタッチの範囲を拡大していった。






艦長:
 スパンタッチソナー部、感度はどうだ??





ソナー部:
 感度良好!感度は極めて良好であります!!






艦長:
 特にどのあたりが良好かを、具体的に報告せよ!






ソナー部:
 はっ!特にうなじ近辺が弱点であり、その感度はずば抜けております!!
 これまでの経験によりますと、強度を「弱」で「広く遅く」のスパンタッチが効果が出る気が致します!







艦長:
 うむ、報告ご苦労!!
 ソナー部の進言により、強度を「弱」、「広く遅く」で攻撃を開始する!!
 タッチ部、準備は良いか!?







タッチ部:
 はっ、こちらタッチ部!!
 いつでも出撃可能です!ご命令を!!






艦長:
 うむ、では・・・
 攻撃開始!!









プリケツ:
 あっ・・・・

 ああっ・・・・はぁはぁ・・・


 んっ・・・ああんっ・・・






さながら潜水艦が索敵を行う際にソナーに頼るように、俺はソナー部からの反応を全面的に信じ、そしてそのままソナー部からの進言通りに強度を「弱」「広く遅く」のスパンタッチを展開した。
すると、嬢は過敏に反応しながら都度身体をビクビクと反応させる。

その様子は攻撃を繰り出している方からすればとても喜ばしく、楽しい反応である為、俺のスパンタッチはいつもよりも長めの時間を取って嬢の感度をより高める方針が採用された。











そう、千手観音の如くスパンタッチを繰り出す奥義「千手スパン観音」だ。






4003743i


※画像検索したらすごくぴったりな画像があったので使わせて頂いております。
 消せと言われればすぐに消しますので、コメント欄でご連絡下さい。
 (元ソース: http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4003743










ベッドに腰かけているプリケツ嬢の背後から迫り、あらゆるところに手を繰り出しながら嬢の性感を高めていきながら、頃合いを見計らって俺の手は嬢の体の前方へと移動した。

直接おっぱいやマンコに行くのではなく、最初はそこから少し離れたところを責めるのがポイントだ。
分かりやすくするためにゴルフで例えると、ホールインワンを狙うのではなく、残り150ヤードぐらいのところからグリーンエッジを狙って落とし、ピンに近づけるイメージだ。







2101










って、誰が分かるねん、それ( ゚Д゚)







まぁ、いい。
つまり、焦らしながらの方が俺が楽しいということである。(※めんどくさいから詳細を省略した)
そして、その方が確実に良い結果を残せるという事でもある。(※これは経験上、本当にそうだと信じてる)

いわゆる性感帯には直接触れていないのだが、嬢の息は既に荒くなっており、俺に身体を預ける状態でもたれかかってきた。







そう、既に門は開かれた。

 






ーーーーー


■プリケツ嬢シリーズ
第一話:【プリケツ嬢 ~その1~】香港人じゃないってば
第二話:【プリケツ嬢 ~その2~】プリプリとの遭遇
第三話:【プリケツ嬢 ~その3~】オペレーション・プリケツ

このページのトップヘ

見出し画像
×