タグ

タグ:巨乳

ええじゃないか、ベトナム( ゚Д゚)

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









 直近の海外渡航の目的は、ベトナム・ホーチミンである。
ホーチミン在住の日本人の方々から、





キモいから来ないでくれ( ゚Д゚)






などと言われそうだが、すいません、行かせて頂きます。









在住の方々が遊ぶようなエリアとあまり重複しないとは思うのだが、仲間内で情報を共有する為にもエロスポットの探索はしようと思っている。
しかし、2泊3日の弾丸旅行なので、実際にはどこまで遊べるかも不明という状況であり、かつ、素人嬢達との約束を積極的にこなしていく事を最優先事項とする為、エロスポット探索は非常に限定的になる予定だ。




ホーチミンがおもしろいと感じる理由がいくつかある。

・街がきれいになった
・相変わらず物価が安い
・英語が通じるようになってきた
・時折日本語を話す子に出会う
・色白、小柄、巨乳の子が多い
・なぜかNN率が高い



これらの項目に共感を覚える人もいれば、そうでない人もいるだろうが、あくまで俺の主観で判断するならばこのような基準で、ホーチミンは「アリ」なのだ。
7年前ぐらいに初めてホーチミンを訪れた際よりも、俺が場慣れしているというのは間違いないが、それを以てしても上記の項目について、「変わったな」と感じる。
そして、前回の訪問の際に、スパンしなくても夜な夜な飲んで騒げるエリアがあると知った事が大きな違いであり、アドバンテージとなっている。

夜な夜な飲んで騒げるというのは、日本人向けカラオケ店ではなく、その辺のクラブやブイビエン通りの事を指しているが、こんなハゲデブサ男な俺が街中で話しかけても、優しく話を聞いてくれるというだけで、ベトナム人の人懐こさや優しさを感じてしまう。









そんな感じでベトナムについてあれこれ考えていると、ふと、バンコクや香港との比較をしたくなったので、スパンスパン王子の主観に基づいた各都市の特徴をまとめた比較表を作ってみた。

草稿としては完成を迎えたので、明日にも公開しようと思っている。
ちなみに、前もって書いておくと、ここの文脈からも読み取れるように過度にベトナムを贔屓した内容になっているので、「いやいや、そんな事ないやろっ!!( ゚Д゚)」とツッコミどころ満載かも知れないが、あくまで俺の主観を吐き出した資料でしかないので、数多くある意見の内の一つとして受け止めて頂ければ幸いだ。



詳細は明日。














2018年累計スパン結果: 28スパン(2018/1/22)

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その32~】巨乳を愛でながらフォーを食す

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★


【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅】まとめはこちら

http://www.oretako.com/archives/1064712092.html


★★…………………………………★★












ハイフォンに到着。

なんだか良く分からない場所に到着して、降ろされた。

昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (369)



時間にして2時間程度の道のりなので近く感じるが、今朝ラオカイに入ってから既に12時間以上が経過しており、その間に2スパンをこなして7時間近くを移動時間に費やしているのだから、それなりに疲労が溜まっている・・・はずである。

しかし、俺が目指す幻岬「ドーソン」はもう目前に迫っており、そこに到着してから休んでいる暇はないというぐらいにスパンへの意欲が高まっているところだった。
ドーソンに到着したら時間は既に深夜12時を回っているかも知れないのだが、俺はそこから最低2スパンはするつもりでコンディションを整えようとしていた。





腹が減ってはスパンも出来ぬ







スパン道に伝わる教訓である。(大嘘)





〇スパン道WEBサイトはこちら


5997026482585600








バスを降りたすぐ目の前には電器店があり、そのすぐ隣になんだか賑やかな屋台があったので好奇心全開モードのままその屋台に飛び込み、色々と物色する。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (371)



昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (375)


ベトナム名物のフォー(麺)やなんだか分からない肉があれこれと積まれているのだが、ベトナムに入ってまだまともに食事をしていない俺は、迷わずにフォーを頼む事にした。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (377)


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (379)





頼み方は、旅のお供に必須と断言出来る「指差し会話帳」である。







これがあれば、多少のトラブルは乗り切れる。
今回もこの指差し会話帳を使って注文し、無事にベトナムフォーにありつけた。


昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (383)



この屋台にはもう一つ見どころがあった。
屋台を切り盛りしている女性が働き者のおねーさんというイメージそのまんまのベトナム人女性で、巨乳なのである。
スープを注いだり、器を取るしぐさの時にはTシャツの胸元が大きく緩み、たわわなパイ乙によって生まれた谷間を惜しみなく披露してくれるので、僅か2万VND(≒100円)程度の料金ではもったいないぐらいの価値あるフォーを頂けるのだ。



昆明・ハノイ・バンコク_2016-blog (381)


ちなみに、フォーは普通にうまかった。
空腹だったというのもあるかも知れないが、元々こういうドローカルの屋台で地元の人と一緒に喰う飯をうまく感じる体質なので、こじゃれたレストランなんかよりも断然屋台派であると宣言しておこう。






屋台飯を食らった後に、俺はここからさらに東南の方角にあるドーソンを目指すべく、何も考えずに流れているタクシーを停めた。
事前にネットで調べた情報によると、ハイフォンからバスに乗ってドーソンまで行くことが出来るらしいのだが、なにぶん夜も遅く、終バスの時間なども分からない上に、この暗闇の中を荷物を引きずって歩き回り、バス停を探すという労力を考えた結果、「そろそろ楽してもいいだろう」と俺の脳が甘えた許可を出したのだった。



そして、タクシーに乗った・・・・のだが、20歳前後ぐらいに見える若い運転手(男)で、軽く英語も話せるのにはほっとしたものの、車内はおにーちゃんの趣味の音楽がガンガンかかっており、もはやお祭り状態だった。


■【ハイフォン】ベトナムで出会ったクレイジーなタクシー







しかし、このタクシーのおかげで俺はより早く確実にドーソンに予約したホテルに到着する事が出来たのと、なんだかんだ30分ぐらいの道のりをガンガン音楽掛けながら爆走するのは楽しかった。
連絡先など何も聞いていないが、またどこかで再会したいものだ。







 



前回の記事はこちらから!!

【ベトナムエロ天国:ラオカイ・幻岬を目指す旅~その31~】ハイフォン行きのバスはどこかいな?
 ⇒ http://www.oretako.com/archives/1067515199.html

このページのトップヘ

見出し画像
×