タグ

タグ:深圳北

【中国武漢編~第二章 その21~】 和谐号の一等座と二等座

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 









この編成では、一等座と商务座が同じ車両にあり、後方1/4程が商务座で、2/4が一等座となっている。

残りの1/4は、トイレと通路である。





Wuhan-blog-16









一等座の定員は33名とあるが、中央の通路を挟んで2-2の座席配列の為、スペースにはゆとりがあるように感じられる。


シートはかなり大きく、ゆったりとしている上に、リクライニングしてもさほど気にならないほどの足元の余裕もあるので、5時間乗っていてもゆっくりと寝ていられるだろう。




26






また、二等座と比較しても300元程高くなる為、そこに座っている人はそれなりにお金を払って座っている人達なので、比較的静かというのが一等座の一番のメリットだろう。


 








せっかくなので、二等座にも突入して写真を撮ってきた。






名称未設定-17-2






やっぱり中国だな。






そんな感想を抱いた事は包み隠さずに伝えておきたい。
300元の差は如実に表れているので、高いけどこっちにしておいて良かったと感じたのだが、






300元 → 5,050円






である。

日本円に換算すると、むむむと唸ってしまうかも知れないが、なんせ5時間である。
 
5時間もの間、中国然とした騒がしい列車内に身を置き、荷物の心配をしながらゆっくり寝る事すら出来ないという環境を思うと、その5,000円の価値はあると考えても良いのではないだろうか。


 


名称未設定-18-2





車窓から見える代り映えのしない田園風景を眺めながら、そんな事を考えていると、列車はいつのまにか時速300kmへと到達していた。




名称未設定-19-2

















2016年累計スパン結果: 102スパン(2016/4/30)

【中国武漢編~第二章 その20~】 和谐号に乗車!!

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 











ゲートは先ほど朝食を摂ったKFCの真下にあるので、急がなくてもいいだろうと出発時刻の10分前までゆっくりと、ふちの曲がったカップに注がれたコーヒーを楽しんでいた。




15













コーヒーを飲み干した俺はトレイを片付け、ゲートへと向かう。

すぐ隣にあるエスカレーターを下れば、そこがゲートなのだが、驚くべき光景が目に飛び込んできた。















え、並んでる?






Wuhan-blog-10




ここで驚いたのは、並んでいる人の多さはもちろんだが、「中国人が並んでいる」という怪現象に驚いたのである。

中国人は並ぶという文化に慣れておらず、とりえあず前の方にいれば入れるだろうという感覚が根底にあるため、我先にとゲート周辺に詰めかけるのが一般的なのだが、それなりに形を成して列を作っていた。



慌てる事はないので俺たちはその列の最後尾に並び、ゲートが開くのを待っていたが、ゲートが開くなり最前線では騒動が起きている。

というのも、ゲート前に改札機があり、そこにIC回路が埋め込まれた列車のチケットを読み取り機にかざして通過する仕組みになっているのだが、俺たちが並んでいる列も改札機の台数を考慮した行列ではなく、ただその方向に向かって集まっているという程度の行列だった為に、改札機の直前になると急に列が絞られて割り込みが増えてくるという、「やっぱり中国だったか」という混乱が起きる。

また、読み取り機にチケットをかざすという動作が分からない人もいるようで、改札機近辺はゲートをスムーズにくぐれない人に対して向けられる怒号と、それに逆ギレして汚い言葉を放ってから中に入る人と、やじ馬がやいやいと騒ぐ声で非常に騒がしい。



Wuhan-blog-9




俺たちが通過する頃にはその騒動は収まり、非常にスムーズにゲートを通過することが出来た。










ゲートを抜けるとプラットホームへ続くエスカレーターと階段があり、そこには俺たちが乗り込む列車が停車している。
ここ深圳北駅が始発の列車の為、比較的ゆとりを持って乗り込むことが出来る上に、プラットホームから列車の写真を撮ったりする時間まであるのはうれしいところ。




Wuhan-blog-11




明らかにどこかで見た事のあるフォルムだったりするわけだが、それは以前にも説明したように日本からの技術供与があったという、そうなって然るべき理由が存在する。


色々な形式の列車が存在するが、とりあえず呼び名は「和谐号(ハーシエハオ)」である。






Wuhan-blog-13


Wuhan-blog-14






日本でも「新幹線」と呼ばれているのと似たような感覚に近いのだろうが、必ず漢字で名前が書かれているのは日本の新幹線には無いセンスであり、特徴と言える。














俺たちが乗る車両は、「一等座」である。

列車編成によって用意されている座席の種類が異なるが、この編成には「二等座,一等座,商务座」が用意されていた。
俺たちが座る一等座の上に存在する「商务座」だが、日本語に直すと「ビジネスクラス」となるので、日本の北陸新幹線に用意されているグランクラスのようなイメージだろうか。





色合いのセンスなどについてはコメントを差し控えるが、こんな感じだ。
(※この時は一人しか乗ってなかった。)




Wuhan-blog-15






ちなみに、深圳~武漢の行程だと片道で1,689元となり、二等座の料金(546.5元)の3倍ほどかかる。

この料金は、飛行機のエコノミークラスで往復出来るぐらいの料金だ。









シャレで乗ってみようかと考えたが、全くもって無駄なのでやめておいた。









ちらっと覗いて写真を撮った後、俺は自分の席を探しに一等座へと向かった。
















2016年累計スパン結果: 102スパン(2016/4/29)

このページのトップヘ

見出し画像
×