タグ

タグ:清湖

【スパンツアー】たびなう・吾郎のマカオ〜深圳ぶらり旅-23(完結)

カテゴリ:




--
前回の裏筋

最高の旅もいよいよクライマックス。
ヒラメちゃんの淡い恋心を鬼畜の如く踏みにじり、俺は前に進んだ。

■【スパンツアー】たびなう・吾郎のマカオ〜深圳ぶらり旅-22
--




こうして、ヒラメちゃんとのイチャイチャ中国スパンツアーが終了した。





・・・もとい。




たびなう・吾郎のマカオ〜深圳ぶらり旅




だったねん(・∀・)





とにかく、ぶらり旅も終わった。
たびなうさんと吾郎さんは日本へ帰り、俺はヒラメちゃんと再会の約束をして香港へ帰った。




しかし、何か忘れてないだろうか?













img_cookie_peko-chan_01



そう、ペコちゃんの存在である。
連絡先を聞いたあと、俺がペコちゃんをどうしたのかと気にしている御仁も少なからずいるだろうと思い、ぶらり旅の締めに事の顛末を記しておこうと思う。






帰国後から早速ペコちゃんと連絡を取り始めた俺は、ペコちゃんからの反応も良く、ノリノリで話を進めた。
KTVの子なのでフリースパンなど端から期待しておらず、最初からペコちゃんとのスパンだけを目標に必死でメッセージのやり取りをした。





ついに努力が報われる日がやってきた。





はるばる地下鉄で1時間以上もかけて迎えに行く。

しかし、ペコちゃんは思いっきり遅刻してきた上に友達と一緒に駅に現れた。
この時点で俺はペコちゃんと友達を如何にして別れさせるかと策を張り巡らせたが、その友達は途中まで一緒に行くだけという事で、難なく俺とペコちゃんの二人きりという幸せな状況が生まれた。


その後、適当に深圳の街を歩くもあまり楽しげでない様子なので、とっととホテルに戻ってスパンをする事にした。






とにかく、かわいい。






俺の好みで言うと、ドストライク。





打ち頃の絶好球どころか、ホームベースを跨いで腹筋で受けとめたいぐらいの気持ちが溢れてくるのだ。







部屋に入り、ソファーに腰掛けながら抱き寄せる。
ふわっといい香りがする・・・・







・・・・タバコの匂いもする(T_T)






しかし、この際気にせず事を進める。
俺は一気に襲い掛かりたい気持ちを抑えながらも、キスをしながら、ゆっくりと服を脱がせていく。
どんな時も、この時が俺にとっては一番楽しい時だ。





が、






あれ?(・∀・)









予想を反して、、、無い。










何が無いって、、、(・o・)

















おっぱいですやんヽ(`Д´#)ノ






そう、ペコちゃんはド貧乳だったのだ。
表現を変えると、









「ペッタンコ」









スケボーとかで滑ると快適に楽しめそうなぐらいの限りなく平面に近いおっぱい。
しかし、顔を見ると超絶好み。




おっぱいと顔を交互に見ながら、俺は何かを諦めた。
そう、ロリっぽい顔にはロリっぽい身体しかないんだ、と。




一歩間違うと俺は変質者に間違えられるだろうその平滑なオッパイを眺めながら、俺はそのまま前に進む道を選んだ。



















・・・ふうっ(賢者のため息)






もう詳しいプレイの描写は省くが、おっぱい以外は最高やったねん(T_T)
ここしばらくで一番満足できたかもしれないスパンだったが、あれでせめておっぱいがBほどあれば・・・




悔やまれてならない。
またの再会を誓うも、会おうと思うと平滑なオッパイがチラついて二の足を踏んでしまっている。





女性はおっぱいが全てではない。
しかし、おっぱいは女性の魅力を構成する重要な要素である事も忘れてはならない。(引用:スパン名言集)








2014年累計スパン結果: 194スパン(2014/10/15)  




年間200スパン達成まで、
いよいよマジックナンバー点灯!


残り: 6 スパン!!
 

カテゴリ:




--
前回の裏筋

飲んで飲んで飲みまくる。
ゲームの勝敗に関わらず飲み始めるようになると、宴もたけなわ。
ヒラメちゃんの隙をついてペコちゃんの連絡先をゲットした俺は、お開きを提案した。 

■【スパンツアー】たびなう・吾郎のマカオ〜深圳ぶらり旅-21
--




お開き、つまり、部屋に呼んだ嬢をどうするのかという決断の瞬間だ。

たびなうさんも吾郎さんも二人の嬢を召喚していたので、どちらかに絞る必要がある。
顔見せの段階では選びきれなかった為にそこに二人座っているのだから、ここで決断するにも何か決定的な理由が無い限りは悩む場面である事は間違いない。




スパン 「たびなうさん、吾郎さん、どうされますか?」




俺は二人に向かって意思の確認をする。
俺自身は残念ながら意思決定の必要が無い事もあって、進行役を買って出た。




たびなう・吾郎 「この子にします。」




二人ともあっさりと決断をした。
理由を聞くと宴会の最中の対応などが決め手になり、心の中で、




「今夜のスパンはこの子と・・・むふふ(・∀・)」




と妄想していたようだ。





スムーズに事が進み、会計を済ませて部屋を後にする。
各々部屋に戻ってやる事はただ一つなのだが、今回の旅ではお二人が昼頃の便で香港を出発するという事もあり、翌朝早朝には発つ事になっていた。
その為、ホテルの部屋の前で別れを告げ、それぞれがスパンをする為に部屋へ戻った。

楽しいスパンツアーもあっという間に終了である。
 



もちろん、俺もヒラメちゃんとのスパンをした。
そして、今回の報酬を手渡し、様々なアレンジをしてくれた事への感謝を告げた。






しかし、何か言いたげである。




スパン 「どうしたの?」




いつも明るいヒラメちゃんの様子を心配した俺は、彼女の様子を伺った。




ヒラメ 「・・・なんで私を彼女にしないの?」











スパン 「・・・え?(・∀・)」






なんと、まさかの展開である。









ヒラメ 「私はあなたが会いに来てくれたのがうれしくて、あなたともっと一緒にいたいと思ってるのに、あなたは私の事をそんな風に見てないよね。」









スパン 「・・・(・∀・;) (心の中ではYesと言っている。)」




ちなみに、その手には俺があげた報酬がしっかりと握られている。



やり取りは続く。







ヒラメ 「あなたは私の事を何とも思ってないの?」

報酬を握った手に力を込めながら、ヒラメちゃんは言葉を続ける。







ヒラメ 「私はお金よりもあなたの彼女になりたいの!」








スパン 「・・・(・∀・ ;;) (思わずヒラメちゃんの手を見る。)」





俺は突然の出来事にやや呆然としながらも、「彼女にならなくても、また会えるから。」とソフトに断った。
彼女という特別な存在になりたい程に俺を想ってくれるのは悪い気はしないが、俺からヒラメちゃんに対してはそこまでの思い入れは無かったので、変に彼女をその気にさせたまま引っ張るのも彼女に対して失礼だと感じたので、その場で断る事にした。




すると、ヒラメちゃんは報酬を握りしめたまま下を向き、無言のまま涙を流し始めた。




ヒラメちゃんの気持ちはとてもうれしく、俺のようなろくでもない男の事を好いてくれるなんてもったいない程だが、俺はその気持ちを受け入れられる程に真っ当な人間でもない。
泣いているヒラメちゃんを見ても、同情で彼女にするわけにはいかないと考え、泣き疲れて落ち着くのを待つ事にした。


ヒラメちゃんは落ち着いたところで、一言俺にこう言った。




ヒラメ「私はこれでもモテるんだからね!バカ!」




そう言って、精いっぱいの笑顔を見せてくれた。
その瞬間は胸がキュンとした。




が、ここで流されてもいけない。
俺は静かにヒラメちゃんの肩を抱き、ポンポンと背中を軽く叩いてから「ありがとう」と囁いた。






ヒラメちゃん、ええ子やねん(・∀・)







2014年累計スパン結果: 194スパン(2014/10/14)  




年間200スパン達成まで、
いよいよマジックナンバー点灯!


残り: 6 スパン!!

このページのトップヘ

見出し画像
×