タグ

タグ:細身

カンボジアで天使に出会った話 第14話 ~あれは天使か?~

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






銀行からの帰り道で軽く飯を食い、途中で見かけた寺院らしき場所を撮影した。




2020-01-27 18.18.47




カンボジアで何してたの?と聞かれた時のアリバイ作りの一環なので、特にこの寺院には興味がない。

寺院の前を通り過ぎて、K島氏が向かったのは、やっぱり例の店だった。
ハッピーK島氏、今夜も元気である。




2020-01-27-18.46-3





その後、かわいい子はいないか?とバーホッピングをし始める。
シロクマさんはお疲れなのか、ホテルに戻ってしまったので、俺とK島氏の二人で夜の街を徘徊した。



あれはもう行ったところだから、他のところはどうだろう?



じゃあ、こっちに行ってみる?



こないだあそこにかわいい子がいたよね?あ、今日はいないな・・・



などと他愛のない会話をしながら歩き続けていると、遠目にかわいらしい子が俺の目に留まった。



K島さん!!
あそこに行きましょう!!



半ば強引に、しかも俺の利益の為だけにその店にK島さんを誘導し、こじんまりしたバーに突入したところ、遠目に見えた感じ通り、かわいくて細くて若そうなクメール美女を発見した。







いた・・・

やっと見つけた。




ロリっぽい感じはあるが、年齢的には問題無かったので早速一緒に飲む事に。




それから5分もしないうちに、





じゃあ、一緒に帰ろうか。





俺の決断は早かった。
入店直後に注文したビールを飲み切らない間に、彼女に打診していた。

会計を済ませて店を出た後も、細身で小柄な彼女【A】は俺の隣でニコニコとほほ笑んでいる。
K島氏を一人残し、俺とAはホテルに戻るべく、トゥクトゥクに乗りこんだ。
ホテルまでの道のりは歩けるほどに近く、わずかに3分程だったのだが、その間も手を繋いで俺に寄り添ってくる。






・・・大当たりやないかい(゚∀゚)






こういう何気ない仕草で、その女性の人となりが伺えるというものだが、優しい物腰に俺の期待は高まるばかりだ。

部屋に入ると、Aはほんの少しだけヒールのあるサンダルを脱いで、静かにベッドに腰かけた。
夜とは言え、外はTシャツで歩けるほどに暑いのだから、涼しい場所で少し休みたかったのだろう。
コップに注いだ水を差しだすと、両手でコップを持ってゆっくりと飲み始める様子が何とも言えず愛おしい。
水を飲み干すと、無言で両手を突き出して俺にコップを返し、ニコッと微笑んでいる。





・・・天使かっ!( ゚Д゚)




まるでお人形さんのようにちょこんとかわいく腰を掛けているAを見ていると、俺はA抱きしめずにはいられなくなった。
ゆっくり優しく抱きしめ、そのままベッドへと押し倒し、そっと唇を奪った。








にゅるにゅるにゅるるん



!?!?!!?!( ゚Д゚)



が、唇奪ったのは俺のはずなのに、Aの舌が俺の口内へと侵入してきたのだった!!









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 
 
 





 

【中国武漢編~第二章 その57~】 奇跡の快餐-総括

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 









決して大きいとは言えない俺の愚息だが、さわわ、さわわ・・・攻撃に加えて、ビジュアル面でインパクトが強いパックンチョという怒涛の攻撃の前に、俺のポンチは平時比1.3倍ほどに膨張していただろうと思われる。(※あくまで個人的な感想である。)

そんなポンチをしっかりと咥え、ジュボジュボと激しく音を立てて吸い上げるそのテクニックは、軍隊でも鍛え抜かれた海兵隊かレンジャー部隊級の訓練を経ていなければ身につかない技術である。















軍隊ではフェラチオの訓練などしないが、まぁ、いい。














フェラチオでは滅多な事じゃ射精に至らない俺が、珍しく射精感に包まれ、危うく発射しそうになるその刹那に、細見巨乳嬢は何かを感じ取ったのか咄嗟にポンチから口を離し、流れるような手際の良さでコンドームを装着し、そのままポンチを自らのマンコに挿入した。














おおおおおおおおおおおうぅぅっっっ!!!!














思わず声が出る。
俺の声の描写など誰も読みたくないのは百も承知だが、出てしまうものはしょうがない。

コンドーム越しながら暖かいものにポンチが包まれるあの感触は、いつでも男をダメにする力を持っていると常日頃から感心させられるものだが、細見巨乳嬢のそれはさながら恋心と性愛を司るギリシャ神話の神エロースを生んだ母親、アフロディーテ(ヴィーナス)の魅力かと見まがう程であった。




83012632















細見巨乳嬢のマンコが俺のポンチを根元まで飲み込んだ瞬間、嬢の口から吐息が漏れた。









はぁぁぁぁぁぁぁぁぁん・・・・・














ゆっくりと長い吐息だ。
俺のポンチがマンコの奥に刺さった感触を味わうように、細見巨乳嬢は動かずにじっとしているが、その素晴らしい光景を見て俺は「もっと声を出させてやりたい」とややS気のある衝動に突き動かされることになった。








クイックイッ










アッ、アッ!!











騎乗位の態勢で俺が下から突き上げるように腰を少し動かすと、嬢がそれに合わせて声を上げる。










クイックイッ










アッ、アッ!!












しばらくそんな事を繰り返していたが、細見巨乳嬢はもどかしくなったのか急に自ら腰を前後にグラインドさせはじめ、一段と大きな声を上げた。










アンッアンッアンッ















とっても大好き、ドラえーもん








4f8a7cf0b5bc401179d7c3605577c6f3_400









ふぅ・・・









そんな感じ(どんな感じやねん)で、細見巨乳嬢は一心不乱に腰を振り続け、自ら果てた。


ここまでの間、俺はほんの少しだけ腰を動かしただけに過ぎないのだが、細見巨乳嬢は少し満足げな笑みを浮かべた後に、俺の体にもたれかかるように倒れてきた。
そして、俺はその態勢から嬢を休ませる事なくスパン・ボルケーノを繰り出し、再び嬢を絶頂へと導いた。


本来ならばそこで一旦休んでから、あと数回は嬢を絶頂に導くのが俺のパターンなのだが、ここは快餐なのでゆっくりもしていられない。
本来であれば、余計な事をせずにサクッと挿入して発射するだけの場所であり、嬢も数をこなさなければ稼げないので、客相手にいちいち昇天していては体がもたない。








というわけで、そのまま発射。
















どぴゅぴゅ




















いやー、えがった( ゚Д゚)












嬢は俺の発射に合わせて再度絶頂を迎えていたようだが、10秒ほどグッタリと力を抜いて休んだ後にムクリと起きて、そそくさと俺の愚息をキレイに掃除してくれた。

口数は少ないものの、愛想が悪いわけではない。
やや人工的な造りな印象は否めないが、美しい顔立ちと素晴らしいボディをたったの200元で堪能出来たのは、まさに至福であった。









 


200元といえば、3,400円程度である。
日本にも激安デリヘルがあると某スパンヤオが言っていたが、やって来るのはとうに盛りを過ぎてただヤリたいだけのサカリのついたメスと化したガチBBAばかりだという。

中国語で話さないといけないというハードルの高さはあるが、中国各地には未だにこの手の快餐が存在する。
存在しない街が無いのではないか?と思える程に、ある。

一時期静かになっていた珠海でも快餐の復活を確認し、さっそく突入してきた。
俺はしれっと150元でスパンをしてきたが、通常であれば日本人料金として200元を請求するという。
場所が場所なのでお勧めできるようなところではないが、時間に余裕のある御仁は隈なく捜索してみるといいだろう。
















2016年累計スパン結果: 229スパン(2016/9/7) 

このページのトップヘ

見出し画像
×