タグ

タグ:A

カンボジアで天使に出会った話 第14話 ~あれは天使か?~

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






銀行からの帰り道で軽く飯を食い、途中で見かけた寺院らしき場所を撮影した。




2020-01-27 18.18.47




カンボジアで何してたの?と聞かれた時のアリバイ作りの一環なので、特にこの寺院には興味がない。

寺院の前を通り過ぎて、K島氏が向かったのは、やっぱり例の店だった。
ハッピーK島氏、今夜も元気である。




2020-01-27-18.46-3





その後、かわいい子はいないか?とバーホッピングをし始める。
シロクマさんはお疲れなのか、ホテルに戻ってしまったので、俺とK島氏の二人で夜の街を徘徊した。



あれはもう行ったところだから、他のところはどうだろう?



じゃあ、こっちに行ってみる?



こないだあそこにかわいい子がいたよね?あ、今日はいないな・・・



などと他愛のない会話をしながら歩き続けていると、遠目にかわいらしい子が俺の目に留まった。



K島さん!!
あそこに行きましょう!!



半ば強引に、しかも俺の利益の為だけにその店にK島さんを誘導し、こじんまりしたバーに突入したところ、遠目に見えた感じ通り、かわいくて細くて若そうなクメール美女を発見した。







いた・・・

やっと見つけた。




ロリっぽい感じはあるが、年齢的には問題無かったので早速一緒に飲む事に。




それから5分もしないうちに、





じゃあ、一緒に帰ろうか。





俺の決断は早かった。
入店直後に注文したビールを飲み切らない間に、彼女に打診していた。

会計を済ませて店を出た後も、細身で小柄な彼女【A】は俺の隣でニコニコとほほ笑んでいる。
K島氏を一人残し、俺とAはホテルに戻るべく、トゥクトゥクに乗りこんだ。
ホテルまでの道のりは歩けるほどに近く、わずかに3分程だったのだが、その間も手を繋いで俺に寄り添ってくる。






・・・大当たりやないかい(゚∀゚)






こういう何気ない仕草で、その女性の人となりが伺えるというものだが、優しい物腰に俺の期待は高まるばかりだ。

部屋に入ると、Aはほんの少しだけヒールのあるサンダルを脱いで、静かにベッドに腰かけた。
夜とは言え、外はTシャツで歩けるほどに暑いのだから、涼しい場所で少し休みたかったのだろう。
コップに注いだ水を差しだすと、両手でコップを持ってゆっくりと飲み始める様子が何とも言えず愛おしい。
水を飲み干すと、無言で両手を突き出して俺にコップを返し、ニコッと微笑んでいる。





・・・天使かっ!( ゚Д゚)




まるでお人形さんのようにちょこんとかわいく腰を掛けているAを見ていると、俺はA抱きしめずにはいられなくなった。
ゆっくり優しく抱きしめ、そのままベッドへと押し倒し、そっと唇を奪った。








にゅるにゅるにゅるるん



!?!?!!?!( ゚Д゚)



が、唇奪ったのは俺のはずなのに、Aの舌が俺の口内へと侵入してきたのだった!!









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 
 
 





 

とあるスパンメモリー 第五話 ~完結~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






 


寝バックとは、二人で寝そべって窓の外の月を眺めるような様から、四十八手では「窓の月」というとてもロマンティックな名前が付けられている体位だが、俺はこの窓の月では得られない深い挿入感を得る為に、窓の月の発展形であるオリジナル体位「寝かし仏壇」を繰り出す。

■窓の月



窓の月
画像引用:panpan(https://pan-pan.co/






これは、四十八手その45で紹介される「仏壇返し」をベッドに寝そべった状態で行うものと考えてもらうと良いだろう。
女性が横になったまま身体を屈曲させ、男性は下半身を両手でホールドして密着させながらも、上半身は離してより大きく動ける余裕を持つ必要がある。
真上から見るとT字になっているようにも見える体勢になっているぐらいに大げさにしてみると良いだろう。

■仏壇返し


仏壇返し
画像引用:panpan(https://pan-pan.co/







この技は窓の月よりも深い挿入感を得られながらも、男性の負荷が軽減されて持続的に高速ピストンを繰り出す事が出来る体位である。
後背位と同じながらも、女性の身体が寝そべっている事で男性側の腰の動きがよりダイレクトに伝わるようになっている為、突き上げる感覚はより大きいと言える。


この体勢から見えるAの小さな背中を眺めながら、俺は一心不乱に腰を振る。




スパンスパンスパパーン

スパンスパンスパパーン

スパンスパンスパパーン

ヤバイッ 早くも イっちゃいそう

ヤバイッ 早くも イっちゃいそう















Aの喘ぎ声とポンチを締め付けるAのマンコの気持ち良さが俺の脳内をぐちゃぐちゃにする。
もう我慢出来なくなりそうだ・・・というところで、とある体位を試したくなった。

小柄な女性に対してのみ繰り出せる「撞木ぞり」である。

■撞木ぞり


撞木ぞり
画像引用:panpan(https://pan-pan.co/






この絵から分かるように、ヘビー級の女性に対して繰り出そうとするとベンチプレスで失敗した時のような強烈なダメージを受ける事になる為、安全だと容易に判断出来るレベルの女性に対してだけ繰り出すべき体位である。
女性にとって気持ち良いかはさておき、ちょっと違うところに当たって気持ち良さの幅が広がるのでは?と考えた俺は、この体位を試す事にした。



ea3d2c18





小柄なAを俺の上に乗せて、のけぞっているような体勢から俺は高速ピストン運動を開始する。






♪おっくせんまんっ おっくせんまんっ

♪おっくせんまんっ おっくせんまんっ



ああっ、これも気持ち良いっ!!







でも、のけぞっている分、頭に血が上って辛いようなので、適当に切り上げる事にした。
そうなると最後はやはり究極奥義である「スパンボルケーノ」を繰り出すしかない。




伝家の宝刀(※聖剣スパンカリバーとは別)である究極奥義「スパンボルケーノ」の発動は、Aとのスパンを締めくくるのにふさわしい技と言えるだろう。




スゥパァァンンヴォルケェェノォォォ・・・・発動っ!!!




スパパンスパパンスパパンパンッ!!!
スパパンスパパンスパパンパンッ!!!
スパパンスパパンスパパンパンッ!!!





あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁ!!!!!

い、いぐぅぅぅぅぅーーーーー!!!!!






どぴゅぴゅ( ゚Д゚)





Aの絶叫と共に、俺も絶頂を迎えた。

息も絶え絶えになりながらも、俺はAの身体をティッシュで拭い、ぐったりして動かないAにそっと毛布を掛けた。







Aはそのまま寝入ってしまったが、俺はシャワーを浴びた後に寝入っているAの横に滑り込み、スヤスヤと添い寝した。







添い寝とか、キモッ!!( ゚Д゚)







とか言う人もいるかも知れないが、俺の経験則では女子のほとんどは添い寝好きであり、腕枕または胸元に潜り込むようにして寝るのが好きである。
俺の腕の中で寝た嬢の数は数えきれないわけだが、これまでの経験の中でそれを嫌ったのは1人や2人でしかなかったので、「ちっ、めんどくせーなー」などと思わずに試してみてもらいたい。
特にスパン後の後戯として必須項目だと肝に銘じるぐらいに、必ず実践して頂きたい。





後戯良ければ全て良し





後戯無くしてリピート無し





これらはスパン道の教えでもある。





さて、Aとは今のところこれっきりではあるが、またチャンスがあればスパンしたいと思っている。
Aも「スパンのポンチが一番」と断言する程に、お互いの相性がかなり良い事は立証済みだけに、何とか再戦したいと思っているのだが、諸事情によりなかなか実現しないのが歯がゆいところである。





終わり








あとがき:

とある女性とのスパンメモリーという事で書いてきたが、これは俺たこブログを好きで読んでくれているという女性読者との間で起きた実体験であり、その女性読者から「私とのスパンをブログに書いて!」というリクエストを受けて書く事になったストーリーである。
読み物として多少の脚色はしてあるものの、大まかな流れや会話の内容は実話に基づくものであると改めて書いておきたい。

こんな女性読者はもう現れる事がないだろうが、もし興味があるという女性読者はコメント欄にコッソリ書き込んでもらいたい。(※コメントは承認制の為、非公開のままで閲覧が可能だ。)














2018年累計スパン結果: 21スパン(2018/1/20)

このページのトップヘ

見出し画像
×