タグ

タグ:I&U主题酒店

【中国武漢編~第二章 その36~】 フレンチキッス

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 














マッサージも決してうまいわけでは無いのだが、俺が回復する為の時間稼ぎとしては十分なクオリティだった。
 
散々振りまくって疲労したであろう腰をうつぶせの状態で重点的に揉んでもらい、徐々に肩の方へと移動してもらったのだが、うつぶせの状態の俺に跨ってマッサージをしてくれているので、腰から背中へとマッサージする場所が移動した際に、嬢のマンコと俺のお尻がフレンチキッス(きもい


嬢のマンコは中国人らしくアンダーヘアの手入れなどは行われておらず、原生林のような無法地帯だったのだが、その生い茂るマン毛の感触と共に柔らかいマンコの肉の感触を感じる事が出来た。 
この瞬間の俺はすべての神経をお尻に集中させて、お尻に接触しているマンコの感触を最大限に感じられるようにセンサー感度を最大限まで引き上げていた為、お尻でマンコを愛撫するかのように嬢のマンコの細かなディテールまでをも把握する勢いだった。(※あくまで勢い)



この「お尻とマンコのフレンチキッス」のおかげで、俺の息子はあっという間に回復し、二回戦へと突入する事が出来た。











わずかな時間の間に行う二回戦である。

一回戦目の余韻がもちろん残っているので、お互いに一回戦目と同じ流れでのスパンではお互いの体を使ったオナニーと化してしまう。
つまり、新たな技を繰り出してこそ、より高度なスパンマッチ体験が得られ、次に繋がる印象を残す事が出来るのである。


俺は「二回戦目に遠慮はいらない」と最初から全開で攻めた。




一回戦目では繰り出す余裕の無かったクンニクバスターを繰り出し、嬢の喘ぎ声を引き出す。












アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ










相変わらずテンションが上がらない喘ぎ声ではあるが、一回戦目の経験からこの喘ぎ声でも感じているという事が分かっているので、気にせず攻め続ける事が出来る。

俺はクンニクバスターで嬢を昇天させた瞬間を感じ取ると、そのまま嬢の体をホールドし、クンニク地獄へと移行した。









アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ











喘ぎ声は変わらないが、昇天して敏感になっているところを強制的に攻められ続けている為、続けて昇天し、腰がガクガクと震えている。

適当なところでクンニク地獄を止め、俺は嬢の様子を見る。










放心状態のまま体を痙攣させているが、一息ついたところで何も無かったように起き上がり、コンドームを取り出して俺の愚息へと無言のまま装着すると、そのままベッドに仰向けに倒れこみ、顎で俺に指図するように挿入を求めて来た。





その挑発的な態度を受けて、俺も無言でポンチを挿入する。
亀頭がマンコに差し込まれたぐらいでは表情を変えない嬢だが、俺のポンチが嬢の小さなマンコに全て差し込まれると、大きな声を上げた。









アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ










相変わらずの喘ぎ声だが。








小さめマンコは中も浅めだ。
奥を激しく突くと痛がるので、角度を変えてピストンを激しくすると一定のリズムで喘ぎながら、また果てる。


嬢が果てたのを見計らって、俺は早々にフィニッシュの態勢を取る。











食らえっ、スパンブォルケェノォォォォォーーーーーーー!!!!!!!














スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!














アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ




















スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!

スパパンスパパンスパパンパン!














アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ


アーハッ、アーハッ




















どぴゅぴゅ









こうして二回戦が終了した。

嬢は再びあの安定のポーズでマンコを洗っていた。


31















2016年累計スパン結果: 142スパン(2016/6/6) 

【中国武漢編~第二章 その35~】 ただのエロコンサルタントである(やや脱線気味)

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 















最初に股を洗っていた時以上の勢いで、バシャバシャと一心不乱にマンコを洗う嬢。

断っておくが、コンドームは装着済みであり、中出しした訳でもない。





が、嬢はマンコを必死に洗う。





42






おそらく、それが彼女のスタイルなのだろう。

俺はそれ以上深く追及するのを止め、体力が回復するのを待った。










嬢がマンコを洗い終えて、俺に顎で「シャワーに行け」と指図する。

相変わらず無表情のままだが、俺は気にせず起き上がってコンドームをゴミ箱に放り込んでから、一人でシャワーに向かい、一人で体を洗った。



シャワーを終えてベッドに戻ると、今度は「うつ伏せになれ」と嬢が言う。

俺は大人しく従って、ベッドにうつ伏せになると、嬢は無言のまま俺の首から腰にかけてマッサージを開始し、俺が2回戦目に突入出来る回復時間をくれたのだった。



中国での遊びは、そのサービス内容に物足りなさを感じるものだが、中国人の文化を理解し、また彼らの習慣に慣れてくると、かえって彼女たちの素朴さがかわいく見えてくる。
こういうサウナでは、入店時に一定の講習を受けるので「決められたサービス」というものは存在するが、それ以外は嬢の資質に依る部分が大きい。
技術レベルも人によってさまざまであり、文字通り教えられた事をこなすだけの作業者や、独自にあれこれ工夫して男性を喜ばせる事を面白がる嬢もいたりと、出会う度に新しい発見がある。
それをサービスレベルのばらつきと表現するならばその通りであるが、画一的で無い素のままの女性と触れ合える事を楽しめるようになってくると、中国での遊びはもっと面白くなってくるだろう。

中国の夜遊びに詳しい読者も多いだろうが、最初に提示された料金で2回戦まで保証されており、時間もざっくりだが2時間程度ある大陸のサウナは、時間単位で比較すると日本の風俗よりも割安でコストパフォーマンスが良いはずだ。
さらに、今は無くなってしまったが、摘発前のCP(常平)では、様々なサービスメニューが用意されており、アクロバティックな性技に驚かされたものだったが、今やそれはもう伝説の中で語られるのみとなっており、その当時を知る者の間では「あの頃は良かった」と数年前のCPを懐かしむ声が絶たない。


こんなことを考えていると、どのような事でも創意工夫によって自身の能力を高める必要があり、それらの努力や取り組みは全てが自らの利益に直結する財産となりうるものだと、つくづく感心してしまう。
日常であらゆるサービスを受ける事が当たり前になっているこの社会において、「こうして欲しい」「ああしてくれたらいいのに」という気持ちや、「こうしたらもっと良くなるのに」「ここをこうしたら効率が良くなるだろうな」というアドバイスをしたくなる事も多くある事だろう。







言いたい事はどんどん言えば良い。










という根本的な気持ちはぶれずにあるが、誰かに何かを伝える時には自分の立場や相手との関係を踏まえて発言しなければならないという事を忘れてはいけない。

 

「俺は客だから客としての要求を伝えるんだ」「こうして欲しい」を相手に伝えたとしよう。

 

例えば、ラーメン屋でテーブルの上に置かれているラー油の瓶が油でベタベタしていたとして、「瓶がベタベタで気持ち悪いので、一品ごとに使い捨て容器に入ったのラー油を添えて欲しい」と伝えたとしよう。

この場合には「お客様の言う事だから」と受け入れてくれる事もあるだろうが、経営者視点で物事を考えると大勢いる内の「お客様」の内のたった一人の意見だけに対応するような仕組みを経営に取り入れる事は、大きなリスクを伴う事になる。
 
もちろん、業態によってそのリスク許容度は大きく変化し、「どんな事でもお応えします」という業態があってもおかしくは無いのだが、不特定多数の一見客を相手に商売するような業態の場合に初来店の客が発する言葉でビジネスの仕組みを変えてしまう経営者は、まずいない。
そればかりか、ほとんどの場合は「クレーマー」扱いされてしまって、二度目三度目の来店をしたとしてもうるさがられるだけだろう。




では、どうすれば良いのか。




 

「相手の事を思い遣ったアドバイスをする」




 

という事である。








自分が感じたことで相手の利益になりそうな事を親身になって伝え、アイデアを出すことで相手にもそのアイデアをリスクと天秤にかけた上で決定を下すことが出来る余裕を与えることが出来る。
 
同じような内容を伝えるにしても、「ラー油の瓶がべた付いていると店の清潔感を損なうだけで無く、供される食事に対する不信感を募らせることになる。ここは思い切って使い捨ての容器にラー油を入れて、必要なお客様だけに提供するスタイルに変えてみてはどうだろう?容器のコストはかかるが、各テーブルに常備する必要が無くなると補充用に確保しておくラー油の量も減り、おそらく使用量も減るのでコスト面ではむしろプラスに働くかも知れない。さらに、本当に食べてもらいたい味をそのまま味わってもらえる機会も増えるんじゃないだろうか?」と提案するのだ。

結果的には両者共に「ラー油を使い捨て容器で提供する」という事を伝える事になるのだが、後者の方が相手の台所事情にまで踏み込み、よりメリットを感じられる提案になっている点において、大きなアドバンテージがあると言える。
つまり、相手にそれをさせる理由を単純明快に理解してもらう為に、相手が想像しやすいシチュエーションを舞台にし、そこに明確な利益が存在する事を自身の脳内で把握してもらう事が極めて重要になってくる。

しかし、出会った直後にこの提案を相手に伝える事が出来るかと言えば、それはそう簡単な話ではなく、多くの場合は相手の状況を理解する為に時間と金をかける必要がある。
綿密な計画を練った後に、店主の人柄までをその計画に織り込み、そして巧みな話術を操りながら店主と考えを共有していくというプロセスを進める為には、分析に必要なより多くの情報を得る目的で店に通う必要があるからだ。

店に通わずにそれを行う方法もあるにはある。
一つは、店に入った瞬間にそれらの情報を一気に収集する観察眼と判断力を身に着ける事だ。
そしてもう一つ、同じような経験をひたすら積み増していくことだ。

前に似たような状況を経験していれば、その経験との差異を見極め、はじき出された差異の分析データに基づいてプランを修正すれば良いだけである為、一から理論を組み立てる手間が省ける。
経験豊富なコンサルタントがより多くの仕事を抱えながら的確な助言が出来るのは、その経験を生かしているからだと言える。





ちなみに、俺はビジネスコンサルタントの経験は無い。

ただのエロコンサルタントである。






エロいシチュエーションを作り出す為に何をすべきか。






俺はその分野においては、それなりの経験があると自負できる。
井の中の蛙大海を知らずで、諸先輩方に比肩する実力があるかどうかはさておき、あくまで「それなりの経験」があると思っている。



そして、この偽アエギ声を放つ嬢とも、この経験を生かしたやり取りを経て、関係が続く事となる。













2016年累計スパン結果: 136スパン(2016/5/31) 

このページのトップヘ

見出し画像
×