タグ

タグ:MP

カンボジアで天使に出会った話 第3話 ~お金を拾ってMPへ~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★



〇前回







ホテルに到着し、落ち着いたところで先行してプノンペンに来ている友人たちに連絡を取る。
一人はまだ寝ているようだが、友人のK島氏は着いたばかりで暇している俺に付き合って昼食を共にしてくれると言ってくれたので、ホテルロビーで合流してそのまま街へと出かける。
適当な店に入り、メニューを見て注文をしようとすると、店のオヤジが「それはまずい。こっちにしろ。おススメだっ!」とすごんでくるので、流れに任せてそのおススメとカンボジアのビールを注文した。


で、出てきたのがこれだ。


2020-01-25 13.10.24




ベトナムのバインミーのような体だが、パサパサした肉を何とか誤魔化す為に甘辛く煮たような感じの具材がパンに挟まれているだけの、なんて事の無い一品である。
正直、ベトナムのバインミーの方が100倍うまい。(そして、バインミーの方が安い。)




が、先ほどのオヤジは通りすがりに「どうだっ!うまいだろっ!!!」とドヤ顔でサムズアップをかましてくる。





あぁ、うまいよ!(ビールがな。)





と俺もサムズアップで応える。
全くもって意味のないコミュニケーションではあるが、こういうのは旅の醍醐味と言って良いのだろう。




昼飯から戻り、俺たちはもう一人の友人M氏と合流すべく、彼の部屋へと向かった。
M氏がまだ寝ているのは分かっていたが、K島氏が何やらうれしそうに彼の部屋の前に向かい、スマホを扉の前に置いた。








ウゥゥーーーーーー!!ウゥゥーーーーーー!!






mark_police_tsuuhou








その直後、彼のスマホからけたたましいサイレン音が流れるではないか。
K島氏はそのサイレン音と共に部屋のドアをドンドンと叩き、日本語で「起きてください!危ないですよ!!」と叫ぶ。
その音の大きさに隣の部屋で清掃作業をしていたホテルスタッフが驚いて顔を出す程だったが、何よりも驚いたのは部屋の中にいたM氏だろう。

ほどなくして、扉が開かれ、怯えた様子のM氏が不安そうに顔を覗かせる。
そして、そこに立っているのが俺とK島氏だったことで、「やられたー」と安どの表情を見せて、俺たちを迎え入れてくれた。


M氏の部屋に入ると、M氏がニコニコとしながら米ドル札をヒラヒラさせている。






昨日、道で拾ったんですよ。
かなりボロボロになってますが、頑張って拾いました。





と彼は言う。
しかし、それは100米ドル札である。





今日はこの拾った100米ドルで豪遊します!





M氏がにこやかな表情で声高らかに宣言している。
そう、俺たちは昼間にする事がないので、とりあえずMPでも見学に行こうと話していたのだ。




2020-01-25 13.48.24






しかし、100米ドル札がこのプノンペンに落ちているのか!?と思いながらも、その札を受取り、確認してみる。







ん?透かしが・・・無い?






これ、透かしが無いですね。と俺が言うと、慌てた様子でM氏が札を再確認する。
そして、表面に書かれたとある文字を発見した。






Copy





2020-01-25 13.48.20










ええええええーーー、これ偽物じゃないですかー!!





と俺も驚いたが、M氏が一番驚いていた。






なんだぁ・・・偽物かぁ・・・・
MPで使おうと思ってたのにぃ・・・






と本気で落胆するM氏。
その様子を見てゲラゲラと笑っているK島氏。

到着早々に色んな事が起きる国、それがカンボジアだ。


気を取り直して、MPの話をしよう。
俺達は夜遊びがメインで来ているので、昼間は特にする事が無い・・・と思っていたら、一応プノンペンにもMP(マッサージパーラー)がある。

細かいところはJOJOさんのブログを読んでもらうのをお勧めする。

JOJOさんのブログ
 ↓
■【WORLD SEX TRIIP】プノンペンのマッサージパーラーを3件続けてハシゴした詳細な記録【ゴールドコーストスパ・ソウルゴールデンシティ・ラグジュアリーワールド】






JOJOさんのブログを参考にさせてもらいながら3軒巡ってみた感想が、これだ。


・ラグジュアリーワールドホテル → 年齢層高め、かわいくない

2020-01-25 14.58.05

先頭を切って潜入捜査を行うK島氏。




・ソウルゴールデンシティ → 若い子もいる(25歳ぐらい?)、人数は少ないが選べなくはないという程度

2020-01-25 14.29.52

先頭を切って潜入捜査を行うK島氏。




・ゴールドコーストスパ → 旧正月で閉まってた

2020-01-25 14.44.00

旧正月期間で閉店していたのを悲しみつつ、周囲の写真を撮るK島氏
(窓ガラスに反射)



という状況だった。

3か所はそれぞれに少し離れたところに立地している為、基本トゥクトゥクでの移動となる。
俺たちはトゥクトゥクでの移動を交えながら3店舗すべてを見て回ったのだったが、徒労に終わった。
そして、その道中にもまたもやM氏が道に落ちているおもちゃの紙幣を見つけて必死に回収していた。


2020-01-25 14.02.07




プノンペンのMP事情を調査する事は出来たが、結局どこも行けずにホテルに戻ることになり、それぞれが夜に備えて休む事にした。

読者のほとんどが興味を持たないだろうが、トゥクトゥクでの移動中に撮った写真も適当に上げておこう。

2020-01-25 14.49.16


2020-01-25 14.51.14


2020-01-25 14.51.38


2020-01-25 14.05.50


2020-01-25 14.25.08


トゥクトゥクでの移動の際には配車アプリのGrabが便利だが、基本は1-3人乗りなので団体で移動する時には注意をした方が良いだろう。
我々のようなガタイの良い3人組がトゥクトゥクに乗ったらすし詰め状態になって非常に窮屈なだけでなく、暑い事この上ないので昼間のトゥクトゥクはまさに地獄である。

完全電動の扉の閉まるスペシャルなトゥクトゥクも見かけたが、これは個人所有のものでGrabで呼んだトゥクトゥクでこのような快適な車両が来ることはまずないだろう。

2020-01-25 16.01.28





続く





〇カンボジアで天使に出会った話





 

テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その4~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






前回のお話:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その3~










よし、やるか。






というよりも、講習会というイベントは灰燼に帰してしまい、俺は俺で勝手にやるしかない状況に陥ってしまったのだ。
嬢はクンニクバスターのおかげで既にウォームアップが済んでおり、いつでも俺を受け入れる体制が整っているので、これ以上あれこれ考えても仕方ないと判断し、ポンチを挿入する事にした。

俺がそろそろポンチを挿入しようかなと体勢を変えると、嬢はそれに素早く反応し、手際よくコンドームを取り出し、口を使って装着してくれた。




あ、それ・・・好きになってまうやつやん(はぁと




コンドームをこうやって着けてくれるとちょっと愛情に似た感情を持ってしまうのは俺の悪い癖だが、コンドームをポイっと投げられて「着けて」と言われるよりは100万倍楽しくスパンが出来ると思うので、女性読者は次回のスパン時に試してみてもらいたい。(何を偉そうに言うてんねん)


俺の準備が整ったところで、嬢はソファーの背もたれ部分に手をついた立ちバックの姿勢で俺に尻を向けて「ぶち込んで♡」と言う。
既にギンギンだった俺は、たまらず嬢の尻を鷲掴みにしてマンコを露出させた後に、入り口部分にポンチを擦り付けて一気に挿入すると見せかけて、思いっきり焦らした。
ドカンとポンチが入ってくると思っていた嬢は、焦れてお尻を左右に振り、「早く入れてぇ♡」と自らマンコをポンチに押し当ててくるので、俺のポンチと嬢のマンコがあたかも列車の連結部のようにつかず離れずの動きを見せる。




bbad6934







ツンツンフリフリ


ツンツンフリフリ





俗に言う「ツンフリ」である。(※そんな言葉はない)



111ダウンロード







そんな攻防をしばし繰り広げた後に、俺のポンチは嬢のマンコの奥深くへと突き刺さった。







あああああああああああああああああんんんっっっっ







焦らされた分、快感が大きかったのだろうか。
ひときわ大きな声を出し、ポンチが入ってきたマンコの感触を表現してくれた。


ゆっくりと奥まで差し込んだところで、マンコがポンチに馴染むまでしばらく動かずにいる。
この待ち時間はどう表現すればよいのだろうか、買ったばかりの革ベルトの穴に金具を通そうとするととても硬いが、その内に穴が馴染んで金具がするっと通るようになる、そんな感覚だ。(※真面目に良い表現が浮かばない)


sendou



異物が挿入されたマンコが、その異物を愛おしいものだと受け入れる過程が、この僅かな時間だと考えている。
挿入直後にしばらく馴染ませてから動いた方が嬢も気持ち良いと言う(※経験上)し、俺自身もその方が動きがスムーズになって気持ちよく動けると考えているので、 よほどの事が無い限りはこの僅か数十秒の時間を作るように意識している。
その後はリズミカルにスパンスパーンする。






そして、徐々にそのスピードを増してゆく。






パンッパンッパンッ・・・・




スパンスパンスパン・・・・






パンパンスパパンスパパンパンッ!





images







そんなこんなで、立ちバックの体勢のままで3回ほど絶頂に達し、現時点で4回目なのでノルマの6回まで残り2回となった。

ソファーの背もたれに手をついて俺にお尻を突き出していた嬢はイキまくってグッタリしてしまったのか、息を荒げた状態で下を向いたままになっている。
俺はそんな嬢を静かに支えて、ソファの上に横になるように促した。





戦士には休んでいる暇などないのだ。( ー`дー´)キリッ





いわゆる正常位の体勢で、ぼんやりした表情をしている嬢を観察しながら、俺は嬢のマンコにギンギンギラギラポンチをあてがった。






!?!?





びっくりした表情と共に目が覚めたような顔で俺の方を見つめながら、ゆっくりと挿入されてくるポンチを味わっているように見えるが、本心としては「もう満足したんだけど、まだやるの!?」という気持ちも少なからず含まれているだろう。
しかし、俺のポンチはまだゴールに至っておらず、そして嬢と約束したノルマにも達していないために、俺は「こんなところで終われるかっ!!」という気持ちを前面に押し出し、更なるスパン攻撃を展開すると決意した。






とはいえ、最初はゆっくりと動かす俺。




徐々にストロークを早める。




パンッパンッパンッ・・・・




スパンスパンスパン・・・・






パンパンスパパンスパパンパンッ!








同じやんけ!!!(# ゚Д゚)








否。同じではない。







コピペである事は正直に告白するが、俺の腰の動きはコピーではない。
その時の嬢と俺の関係に最適化された動きを実現させる為に、いつも同じ動きであってはならない。
その都度、その相手と状況に応じた最適化が行われた動きが行われてこそ、相手を喜ばせることが出来るのではないだろうか。




と、俺が正常位で嬢を気持ちよくさせる為に頑張っていると、ガチャッとドアが開いて、誰かが走ってくる音が聞こえた。

テコキングである。





「王子!王子!」




テコキングはフルチンのまま、そう叫びながら駆け寄ってきた。






「俺、やったよ!嬢をクンニクバスターでイかせたよ!!」






嬉しい報告である。
ついさっき簡単なレクチャーをしただけだったが、それでその直後に成果が出たのだから、教える立場としてはこのフィードバックは嬉くて当然だろう。



しかし、俺のポンチはまだ嬢のマンコに突き刺さったままで、何ならスパンスパン腰を振っている最中にそれを報告されるのは、いささか間が悪い。
それにしても、発射の瞬間にテコキングの顔を見ながらフィニッシュとならなかったのは、かろうじて助かったが。


20101221_1423171





そして、程なくしてテコキングの後を追いかけて出てきたテコキングのパートナーに腕を掴まれて、テコキングは部屋に戻って行った。
これは俺の推察だが、2人で部屋に入った後にテコキングはクンニクバスターを発動し、嬢が絶頂に達した。
そのタイミングで挿入もすることなく部屋を飛び出し、俺に報告してきたのだろう。

ちなみにこのポイントについては後でダメ出しをしておいた。
クンニクバスターからの流れとして、最後まで流れるようにスパンを終えなくてはならないと。




images (2)





突然のテコキングの乱入によって俺のスパンはリズムをかき乱されたが、そのまま正常位の体勢で腰を振り続けた。
この正常位で奥の奥を繰り出した後に騎乗位へと体位を変えて、ロデオウェイブとスパンボルケーノを繰り出した結果、嬢は合計11回も絶頂に達した(嬢からの自己申告)




俺がフィニッシュを迎えた後に、俺が「6回のノルマは果たしたよね?」と尋ねると、「6回どころじゃなくて、11回もイったよ!!」と言われてしまったのだが、ここで嬢がとあることを思い出した。






・・・3年前ぐらいに別のお店で会ったよね?







そう、これは俺も感じていた感覚だった。




名前にも聞き覚えがあったのだが、記憶がはっきりしなかったので言い出せずにいた。
リピートしたいと思っていたものの、1度きりしか会えなかった嬢だったので、店を出た後での連絡も出来ずに「もう会う事がないのか・・・」と途方に暮れた記憶すらあったのだが、まさかこのタイミングでで再会するとは。

まさにスパンの快楽が繋ぐ記憶である。
本当に良いスパンとであれば、一過性で揮発性メモリに一時的に記録されるようなものではなく、本能的に身体が覚えている原始的な記憶となり得るという事実を、このタイのMPという場所で証明する事が出来た。

伝説のスナイパー・ゴルゴ13も語っていたように、これからもこのように良いスパンを心掛けなくてはならない。


8ddf83cc




さて、俺が行為を終えてシャワーで洗い流した後に、俺はテコキングの部屋を覗いていた。
テコキングはカビゴンのようにベッドの上で大の字になったままで動かず、盛りのついた嬢だけが一心不乱に腰を振っていた。



dbd4eb432523b6d2f919f9e90f1a31be





後日談だが、テコキングはその後も各地で自分の技を磨いているようだ。




テコキング曰く、「セックスに技なんてないと思っていたが、あれは身に着けた方が良い。人生が変わる。」



ea3d2c18





俺があれこれ苦労を重ねて、さらに開発に協力してくれる女性たちに会う為に多くの投資を行い、その上で身に着けた技ではあるが、ぶっちゃけ俺はそこまで深い意味を持っていると考えた事は無かった。
回数を重ねるごとに俺の技は磨かれて行き、その過程でいつの間にか俺はそれが当たり前であると思っていたからだ。

しかし、人生が変わると言われると、他人に教える事への興味が沸くと同時に、怖さも覚えるのだった。






--終-- 







---過去記事---

その1:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その1~
その2:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その2~
その3:テコキング・K氏からの提案 ~クンニクバスター講習会への道のり その3~
 

このページのトップヘ

見出し画像
×