タグ

タグ:MP

カテゴリ:





そんなわけで、2日目が終わって3日目に突入したが、現時点で6スパンを終えた。



深夜に案件がトラブってスパン出来なかったのが痛いが、まだ今日一日残っている。





ダメ元でホテルにアーリーチェックインをお願いして、着替えたらエロマッサにでも行ってみようかと思う。








最後まで諦めずに可能性を追い続ける。










ところで、昨日はMPをハシゴした。




1軒目は外したが、2軒目は思わぬ当たりだった。

しかも、かなりマニアックで、かつ旅行者に喜ばれる情報となり得る可能性を秘めた穴場な気がする。







パソコンでちゃんとまとまって書けたらアップする予定だ。





キーワードは、「ドンムアン」「MP」「トランジットでも行ける」だ。









ちなみに今日は夕方から案件有りだが、現時点で女子大生アポをなんとかしようと奮闘中だ。








スパパーン(・∀・)



気がつけば・・・Part 2

カテゴリ:

★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 







4日目の夜。

さっきブログを更新したばかりなわけだが、そこからさらに3スパンをこなしてしまった。





とある日本人御用達MPの嬢なのだが、以前に指名した際に俺のクンニクバスターを気に入ってしまい、「今度バンコクに来る時はホテルでもっとゆっくりしよう!!」と逆指名を頂いた経緯がある嬢だ。

見た目はやや派手な顔立ちではあるが、何かと丁寧な嬢ではある。








そんな嬢が俺の部屋にやってきた。







目的はもちろんクンニクバスターだ。







初めてクンニクバスターを味わった際に、「イった事があるのは彼氏とのセックスだけで、お客さんとのセックスではただの一度もイったことがなかったのに、あなたとのセックスでは何回もイカされてしまったわ。」という言葉をいただき、彼女が過ごしてきた人生の中でベスト・スパニストであると認定されたわけである。



そんな彼女は、今日は仕事が休みにも関わらず、俺のホテルに来てくれた。

そして、部屋に入って少し和んだのちに、宴をスタートさせた。



なんだかんだで会うのが2回目なので、お互いなんとなく緊張するものだ。










まずは彼女が求めていたクンニクバスターを繰り出し、変な声を出す程までにイカせ続けた。
喘ぎ声を通り越して、うめき声のような声を出していたのだが、途中でちょっと白目をむいていたようにも思える。


散々イカせてあげたあとで、コンドーさんを装着後に満を持してインサート。
奥まで刺さったところで体を小刻みに震わせ、快感に身を委ねているようである。

刺しただけでイクのは、クンニクバスターの効果が持続しているからだろうと思えるが、この瞬間ほど男としての満足感を得られる事は無いと声を大にして言いたい。




そんなわけで、クンニクバスター → スパンスパンの繰り返しを3回戦行い、全てKO勝ちという結果に終わった。









ちなみにこの嬢は名器の持ち主であり、俺が出会ってきた女性の中でも記憶に残る具合の良さだ。
彼女がイク瞬間、マンコが絡みつくように動き、俺をあっという間に絶頂に導いてくれる。



「日本人はみこすり半でイクから仕事が楽でいい」と冗談っぽく言っていたが、この名器ならば早漏気味になって当然だろう。









2015年累計スパン結果: 267スパン(2015/9/28)       

 

このページのトップヘ

見出し画像
×