カテゴリ:


スパン指数考察2013年度版-台湾

■スパン指数考察対象国
 1.タイ
 2.マカオ
 3.中国
 4.台湾
 5.香港
 6.日本



台湾に行きたいわん!!とくだらないダジャレを残してから、気がつけば一ヶ月以上もブログを放置してしまっていた。
色々と本業が忙しくなっていたからという言い訳はさておき、台湾のエロエロ話へ戻ろう。

台湾は、台中がアツいと聞いているが、いつも台北で事を済ませてしまっている。
一人で動く事には慣れているのだが、マカオや中国のように分かりやすい場所に風俗が点在しているわけではないからだ。
土地勘の無いところでは、まず特定のエリアに絞って調査を進める事にしている為、主な活動拠点は自然と林森北路周辺となってしまい、また、単独行動であるが故のイレギュラーな攻め方になってしまう。

俺はバンコクで習得した「普通のマッサージ屋でスパンスパン」を実践すべく、あの界隈で有名なマッサージ店「S」へ出向いた。
若い女の子達が個室でマッサージをしてくれるというので、少々割高な価格設定にもひるまず突入する。


しかし、やはり台湾はややハードルが高い。


多少のお触りは許容され、軽いタッチは笑顔のまま許容してくれたが、そこから先となるとやはり厳しい。
思慮を重ねて逡巡していると、とあるオプションがある事に気が付いた。
それは、「宿泊しているホテルへの出張サービス」だ。

俺はマッサージが始まってしばらく経ってはいたものの、途中からでも切り替える事が可能かどうかをマッサージしてくれていた嬢に打診した。
それまではあまり通じない英語でやりとりしていたが、俺の意思を汲み取ってくれたようで、ホテルまで来てくれる事になった。

が、俺のホテルがどこにあるのかという話に発展するまでも無く、すぐ隣のビルの安ホテルへと案内され、3時間2千円程度の安い料金をその場で支払う事になった。
どういう事か分からないものの、こういう時は成り行きに任せるのが吉だと俺の本能がささやいていた為、俺は嬢に促されるままに決して豪華とは言い難い薄暗いホテルの部屋へと入った。


そして、ここから俺は奇跡の展開を目の当たりにする事になる。


地球の歩き方 台湾
2014年度版


2013年累計スパン結果: 88スパン (2013/5/29)